人気コスプレイヤー・クルミちゃんが話題の「サイバーメイド」にいち早く変身!近未来系ロリータの気になる"戦闘力”は?

2021年04月02日 | アパレル
乃木章
Loadingいいね

ロリータ服は中・近世ヨーロッパの貴族のお姫様スタイルに、お人形さんのような少女らしいテイストを加えた日本独自のファッション。一般的には、レースとフリルがたっぷりの「かわいい」イメージがありますが、甘ロリやゴスロリ、クラシカル、華ロリ、和ロリ、ミリタリー、スチームパンク…とロリータ服ジャンルは幅広いんです。

とくにロリータ服が大流行している中国では、日本以上にブランド数が多く、自由度の高いデザインとリーズナブルな価格が人気を集めています。近年は日本ブランドが中国に進出するだけでなく、逆輸入の形で日本にも中国ロリータのセレクトショップが増加。華ロリや軍服などのカッコいい系の中国ロリータ服がTwitterで度々バズるのを見かけるようになりました。

今回紹介するのは、ロリータ愛好家だけに止まらず幅広い層の関心を集めた「Lilith House」”サイバーメイド”。従来の王道メイド服に近未来要素を取り入れたデザインで、とにかくスタイリッシュで強そうな雰囲気。メイド服の新しい見せ方に中国でも予約受注が殺到し、Twitterでも各セレクトショップが予約受注を発表すると拡散されて、大変な反響を呼びました。

中国ロリータセレクトショップ「Epetice」でも、あまりの予約受注数の多さから、二次予約受注(現在は締め切りました)をしたほどです。一足早くサンプル衣装をイベントで展示した時も大きく関心を集めました。そんなサイバーメイドのサンプルを「Epetice」から特別にお借りし、人気コスプレイヤーのクルミちゃんに着てもらって撮影しました。再販に期待を寄せつつ、この機会に斬新なデザインを生み出す「Lilith House」を要チェックです。

※撮影直前まではマスクを着用し、撮影時のみマスクを外しております。

Instagramフォロワー数35.8万の人気コスプレイヤー・クルミちゃん

"サイバーメイド"ワンピース【Lilith House】/モデル:クルミ

プロフィール

身長148cm。特技は衣装・武器製作。キャラクターデザインもこなす。
衣装、武器、ロケーションまで再現度にこだわったコスプレ作品を作ることを目指す。
コスプレだけでなくポートレートの写真も多く投稿している。

※撮影直前まではマスクを着用し、撮影時のみマスクを外しております。

Twitter:@k_purarine
Instagram:kurumipurarine
booth:クルミ
Fantia:クルミのFanti

着用ブランド

"サイバーメイド"ワンピース【Lilith House】/モデル:クルミ

ブランド名:Lilith House
服名:”サイバーメイド”ワンピースセット

・ロング丈 18,980円(税込)
・ショート丈 18,980円(税込)

<アクセサリー>
・メイドカチューシャ・ブラック 3,280円(税込)
・メイドカチューシャ・ホワイト 3,280円(税込)
:付け襟 3,280円(税込)
・ロング手袋&アームリング 3,580円(税込)
・ハーフフィンガーグローブ 2,180円(税込)

※中国ロリータセレクトショップ「Epetice」価格。

ロング丈とショート丈の2タイプを用意。ショート丈は黒タイツで足も細く見え、とにかく軽快な印象。ロング丈はなんと言ってもスカートをひらめかせた時の流れるような美しさがポイントです。

クルミちゃんにコーデポイントを聞いたよ

──普段はどんな服を好んできていますか?

クルミ:普段はブランドに拘らず、自分の体に合うサイズの服を着るようにしています!
身長が低いので、合う服を見つけるのが難しく、自分で私服のサイズをお直しすることもよくあります。

──これまでロリータを着たことはありましたか?ロリータ服に対するイメージと比べて、今回の中国ロリータ服はギャップがありましたか?

クルミ:日本のロリータ服は数える程度しか着たことがありませんでした。中国ロリータは日本のロリータ服に比べてとにかく様々なコンセプトで展開されている印象を持っていたのですが、今回は一般的な可愛いお洋服というロリータのイメージに加えて、カッコイイ要素やコンセプト要素も加わった衣装だと思います!
コスプレ風の撮影がよく合うので楽しく撮影できました!

──今回の着こなしでのポイントを教えてください。

クルミ:ハッキリとしたコンセプトがあるお洋服なので、キャラクターのコスプレをする感覚でコーディネートしました!
メイドさんはツインテールというイメージが私の中であったので、サイバーっぽい色味のウィッグをツインテールにセットしてみました。

"サイバーメイド"ワンピース【Lilith House】/モデル:クルミ
"サイバーメイド"ワンピース【Lilith House】/モデル:クルミ

Epeticeに訊く「Lilith House」推しポイント

Epetice代表取締役のマジョノカ渚さんが今後扱う「Lilith House」のロリータ服について教えてくれました。

「サイバーメイドを生み出した「Lilith House」は独創的なデザインが特徴の中国のロリータブランドです。
これまでも、赤ずきんちゃんをイメージした「The Little Hunter in Red Riding Hood」シリーズ、今回のサイバーメイドを彷彿とさせるサイバー×セーラーの組み合わせが素敵な「CCODE:NEBULA」シリーズなど様々なオリジナルデザインを生み出しています。

The Little Hunter in Red Riding Hoodシリーズ


CCODE:NEBULAシリーズ

今回の「サイバーメイド」シリーズは国内だけにとどまらず日本のユーザーからの熱い反響があり、とても喜んでおりました!
次回は「𝔸𝕤𝕙𝕖𝕤 𝕆𝕟 𝕋𝕙𝕖 𝔹𝕦𝕣𝕟𝕚𝕟𝕘 𝕃𝕒𝕟𝕕」シリーズの再販を予定しています。Epeticeにて取扱予定となりますので、是非情報お待ちいただけましたら幸いです!」

𝔸𝕤𝕙𝕖𝕤 𝕆𝕟 𝕋𝕙𝕖 𝔹𝕦𝕣𝕟𝕚𝕟𝕘 𝕃𝕒𝕟𝕕シリーズ

2021年は中国ロリータブランド逆襲の年!?

新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年は中国ロリータ市場も売り上げが落ち込みました。新作開発にかける予算も制限されることもあって、質の高いデザインが全体的に減った印象がありました。しかし、2021年は売り上げが復調したブランドも多く、斬新で品質の良いデザインが増えています。サイバーメイドに限らず、ヒットする新作が今後も増えそうなので、2021年の中国ロリータ服から目が離せないかもしれません。

ロケーション:九龍戦闘市街区(サバイバルゲームフィールドとしてだけでなく、撮影のみも可能)
撮影:乃木章 @Osefly

この記事を書いた人

乃木章
「原宿POP」のライター・カメラマン。中国語が得意。2019年に中国ロリータ服に出会い、その多様性と華やかさに惹かれる。市場の成長が著しい中国ロリータブランドやモデルがカンフル剤となり、日本でもロリータファンが増えればと、中国ロリータの取材に中力している。Twitter:@Osefly

新着記事