イチカワミズホのゆるふわスイーツマジック #13「さくらのシフォンケーキ」

2018年05月31日 | コラム連載
原宿POP編集部
Loadingいいね


 

こんにちは。踊るパティシエことスイーツクリエイターのイチカワミズホです。
もうそろそろ桜の季節ですね。
皆さんはお花見など行かれますか?私はまだ予定はないですが突発的に桜を見には行こうと思っていますよ!
というわけで今回はせっかくなので春を感じるスイーツ、桜を使ったお菓子の紹介をさせて頂こうと思います。

 

 

<さくらのシフォンケーキ>

材料 (21cmシフォン型1個分)
卵黄6個分
グラニュー糖45g
サラダ油75g
牛乳75g
桜の葉の塩漬け5枚
薄力粉150g
ベーキングパウダー2g
卵白6個分
メレンゲ用グラニュー糖75g
■ 仕上げ
ホイップクリーム適量
ホワイトチョコレート適量

 
1 桜の葉は水で洗い、塩気を抜く。みじん切りにしておく。
2 薄力粉とベーキングパウダーは合わせて振るう。
3 卵黄とグラニュー糖を白っぽくなるまですり混ぜる。その中にサラダ油を少しずつ入れて混ぜる。
4 更に牛乳と桜の葉を入れて混ぜる。
5 薄力粉とベーキングパウダーを入れて更に混ぜる(混ぜすぎないように注意)
6 メレンゲを立てる。卵白にメレンゲ用グラニュー糖を入れて電動ホイッパーで泡立てる(7分立て)
7 5の生地にメレンゲを3回に分けて入れる。泡を潰さないように混ぜる。
8 型に流し、170℃のオーブンで30〜40分程焼く。
9 冷まして型から外し、ホイップクリームとホワイトチョコレート(削り)を添える。

シフォンケーキは実はアメリカのお菓子で、絹のように軽いことからこの名前が付けられました。
このふわふわの正体はサラダ油。サラダ油が小麦粉の中に入ってる成分を軟化させ、独特の食感を生み出しています。
今回はサラダ油で作りましたが、使う油によって仕上がりが違うのでぜひいろんな油で試してみて下さい。

 

 


 

そういえば去年は秩父の虎山弐千本桜に行きましたよ。
寒くて満開ではありませんでしたが山全部が桜で圧巻でした。
気になる方はハイキングがてら遊びにいくと良いかなっておもいます。

ではでは。

 

Profile
イチカワミズホ
レコールバンタンワークス本科製菓技術専攻卒業。ピエールエルメサロンドテで修行を積み、NALUcafe、36CAFEでチーフパティシエを務めた後、独立。「Sweets×Art×Kawaii」をコンセプトに他ジャンルのアーティストとのコラボレーション、イベント出店、出演など幅広い分野で活動中。
【HP】 http://sucre-rose.com/
【Official Blog】 http://sucre-rose.com/

この記事を書いた人

原宿POP編集部
新商品やフェア、アーティスト情報など原宿ならではの最新情報をお届けしています!どうぞ応援よろしくお願いします☆

新着記事