優月心菜の妄想癖でもいいですか? #5「URAHARA」

2017年10月16日 | コラム連載
原宿POP編集部
Loadingいいね


 
アニメ「URAHARA」を見て、原宿系のアニメを見るのは久々な気がしました。
最近だと珍しい様な!
一時期すごく流行った時期ありましたよね。
 

 
でも、しばらくは原宿よりは秋葉原だったり、地方が聖地のアニメとかのが多いイメージでした。

今までの原宿系のアニメと比べると絵柄がとても、ポップで萌え系で、
新しさを感じます。2017年の今の時代の原宿系のアニメはきっと、今風の原宿を表現してるんだろうな、って思うと
昔の原宿系のアニメと比較してみたくなりますね(笑)

ゆめかわいい系とか新しいジャンルも生まれてきているし、
確かに原宿自体がPOPになってるイメージもあります。

 

 

私の中では、原宿色強いイメージの作品は、やはり矢沢あい先生の「ご近所物語」かなって思います。
心に残ってますね!!

あの作品で、ロリータやファッションのことなど、子供時代に覚えた記憶があります。
懐かしい(╹◡╹)!

あの作品読むと原宿は変わったな、てわかる様な気がします。

あと、昔に比べて、原宿系とかロリータの世間の認知度が上がって、
受け入れてくれる人が増えた様な気がしますね。昔だったら、今みたいに気軽にロリータで、外には出られなかったかな(笑)

もっとたくさんの人に異端にじろじろ見られていた記憶があります(笑)
じろじろ見られながらも、めげずに着てお出かけしてましたけどね!(笑)

 

 

昔から変わった子だったので、
小学校とかにおばあちゃんに縫ってもらったセーラー服とかを着て行ってましたね。
人と違うファッションがしたかったし、
可愛い、サブカル的なものが昔から好きでした!

原宿は個性を大切にした街、個性を大切にさたい人が集まる街のイメージもあります。
個性的に生きたいけど、世間の目が怖い!って人も
「URAHARA」みたいに原宿の認知度が上がる作品が放映されることによって、
世間の認知度や理解度が上がると思うので、少しかも知れないけど、
個性的に生きやすくなれる様な気がします(笑)

まだ「自分らしい個性的な生き方デビューできていない!でもしたいんだ」って方のデビューを優月は全力で応援してます。

 

 

今回の写真はロリータ!じゃないけど、
最近認知度上がってきた華ロリ写真です。
中華庭園で撮影して頂きました。

 

 

こうやってどんどん新しい文化が生まれていくんでしょうね。
新しい個性的な可愛いファッションが生まれていくのを見て行ける、今の時代に生まれて本当によかったなって思います。

 

これからも文化の発展が楽しみです(*⁰▿⁰*)

写真撮影:DAice(Atelier Fuwary)

 

Profile
優月心菜(ゆづき ここな)
1995年11月9日生まれ。O型。株式会社01familia所属。アイドル、声優、舞台女優、歌手、漫画原作者など幅広く活動するマルチタレント。
【HP】 http://yuzukicocona.info/
【Official Blog】 https://ameblo.jp/kibiruu/

この記事を書いた人

原宿POP編集部
新商品やフェア、アーティスト情報など原宿ならではの最新情報をお届けしています!どうぞ応援よろしくお願いします☆

新着記事