ドラマ「彼が僕に恋した理由」一番の見どころは、寺西優真と山本裕典のKISSシーン!! 主題歌「REASON」の魅力も語る‼︎

2020年08月15日 | インタビュー
長澤智典
Loadingいいね


HARAJUKU POP WEBでも番組収録風景をレポート。寺西優真が主役のドラマ「彼が僕に恋した理由」。同番組の主題歌「REASON」も配信リリース中。爽やかな好青年/クールなイケ男な印象を与えてくれる寺西優真の魅力を、今回紐解きました。彼の意外性?!を持った本性??!!ぜひ、感じてください。

寺西優真と山本裕典、禁断のKISSシーン。そのときの心境が…。

──優真さんと言えば、日本武道館のステージでアーティストデビューを飾った方。スタートから華々しく幕開けましたね。

寺西優真 日本武道館のステージと言えば、普通なら長い時間をかけててようやく立てるような神聖な場所。そこへデビューステージとして立たせていただけたことは本当に幸せな、とても良い経験になりました。あの舞台へ立つ前までは緊張していたんですけど、いざ立ってみたらすごく気持ちよくて、とてもいい感じで歌えたのを覚えています。

──それだけ、舞台度胸が備わってるということですよね。

寺西優真 けっこう緊張する性格です(笑)。だからこそ、何時も冷静な気持ちを忘れることなく心がけています。

──優真さんには、何時も落ち着いた印象を覚えます。もしかしてそれは、あえて気持ちを冷静にしているからなんですか?

寺西優真 じつは、そうなんです。緊張はもちろん、逆に気持ちが昂り過ぎても失敗を呼び込んでしまうことから、僕はつねに冷静さを心がけています。

──役者や歌い手として表現してゆくうえで、そこは大切なことだ。

寺西優真 とても大切だと僕は思っています。とくに、映画やドラマの撮影現場に身を置くたび「冷静でいること」の大切さを痛感しています。

──そこ、具体的に教えてください。

寺西優真 今、放送中のドラマ「彼が僕に恋した理由」の撮影時に、それを強く感じたのですが。この物語で僕は主役の氷川徹役を演じています。もちろん、先輩方も多々いらっしゃいますけど。やはり、主役がその現場の空気を作りあげ、みなさんをどう心地好い環境へ導いてゆくかが大事になる。そこで自分が浮き足立ってしまうと、その現場の空気まで浮き足立ってしまう。だからこそ僕は、つねに冷静な視点でいれるようにと心がけていました。まぁ一番の理由は、そわそわする気持ちが失敗へ繋がることが多いので、つねに冷静でいようということからなんですけど(笑)。

──ドラマ「彼が僕に恋した理由」で相棒役を担う山本裕典さんとも、絶妙なチームワークを作りあげていません?

寺西優真 僕にとって山本裕典さんは、面倒みの良い優しいお兄ちゃんという印象です。以前も「Revive by TOKYO24」という映画でW主演として共演した経験がありました。その頃から、いろいろアドバイスをくださいましたし、陽気で明るい印象は、あのときから何も変わってません。

──ドラマ「彼が僕に恋した理由」でも、優真さんが落ちついた優しいお兄さんなら、山本裕典さんは陽気で明るいお兄ちゃんと、プライベートなお二人と同じ印象を与えています。

寺西優真 僕らの関係はまさに、あのドラマの役柄の設定と同じです。だから、お互いに素に近い感覚で演じていれば、僕にはない裕典さんの個性に、僕自身強く惹かれていました。

──「彼が僕に恋した理由」を観ていて衝撃を受けたのが、優真さんと裕典さんのKISSシーンでした。

寺西優真 このドラマ一番の見どころが、僕らのKISSシーンですからね(照れ笑)。放送のたびに、僕らのKISSシーンが……出てくるのかは、放送をご覧になって確かめてください(笑)。


──優真さんがどんな気持ちでKISSシーンを演じていたのか、とても興味があります。

寺西優真 繰り返しますが、このドラマ一番の見どころが、そのKISSシーンなんですよね。もちろん、僕は男性とのKISSは初体験。第一話収録のときこそ、どこか照れがありましたけど。この物語でも大切なシーンだからこそ、しっかり気持ちを込めて唇を交わしあうように心がけました。ただ、男性とのKISSはいまだ不思議な感覚ですけどね(笑)。

──先ほども語っていましたが、主役の氷川徹は、普段の優真さんに近い性格なんですよね。

寺西優真 落ち着いた様を見せながらもちょっと天然なところや、ナイーブな心模様が零れ出てしまうところは、まさに普段の僕自身です。

──優真さん自身は、いろんな役柄を演じていきたい方??それとも、今の持ち味を活かしたい人??

寺西優真 過去に僕が演じてきた役柄を含め、どこかクールで落ち着いた役柄が多いこともあり、僕としては、今までとはまったく異なる役柄も演じたい気持ちは強く持っています。それこそ、今の僕がおちゃらけた役柄を演じたら嬉しいインパクトを与えられるじゃないですか。そういう意外性を追求していきたい想いは強く持っています。

ドラマ「彼が僕に恋した理由」の主題歌「REASON」は、寺西優真の学生時代の恋体験?!


──優真さんは、ドラマ「彼が僕に恋した理由」の主題歌「REASON」も歌っています。こちらは軽やかなポップソングですが、これまで優真さんが歌ってきた「ムスカリ」「可惜夜~ATARAYO~」は奥深いバラードソング。優真さんが得意としているのは…。

寺西優真 得意であり、好きなのはバラードです。僕が「歌いたい」と思ったきっかけが、JUJUさんのコンサートを見たときに、彼女の歌うバラードソングに感動を覚え、「自分でも、人の心を揺さぶるバラードを歌いたい」と思ったことからでした。だから今も、僕の歌の活動の軸にあるのはバラードになります。ただし、歌に関してもバラードにこだわるわけではなく、自分の表現の可能性を広げたいからこそ、ポップスやロック、それこそ、うちのおじいちゃんおばあちゃんの影響でよく耳にしていた演歌だって歌ってみたい気持ちは持っています。

──じゃあ「REASON」は、優真さんにとっても嬉しい挑戦になったんですね。

寺西優真 これまでは大人のバラードが中心だったように、僕が「REASON」を歌ったことは本当に新しい挑戦になりました。実際に「REASON」を歌ったことで、ドラマの影響も加味され、10代や20代の人たちにも歌を聞いてもらえる機会が増えれば、「REASON」がデイリーシングルランキングで2位という支持を得ることもできましたからね。その結果は、本当に嬉しかったこと。まだ聞いたことがない方は、YouTube上に「REASON」のMVがアップされているので、ぜひご覧になってください。

──「何百回好きだと言われても 苦しいだけだよ~何百回好きだと言われたら 気づけるかな?」というサビ歌の歌詞のインパクトが強烈で、いまだ頭の中で鳴り響いています。「REASON」の作詞は、優真さんがみずから担当。ホント、素敵な歌詞を綴りましたよね。 

寺西優真 サビ歌ってとても大事じゃないですか。だから作詞に於いても、まずはサビ歌の歌詞から書き始めました。この言葉が出てくるまではいろいろ悩みましたけど、サビの歌詞を作り上げた時点で、その前後に繋がる物語が明瞭に見えてきたように、そこからはイメージを広げやすければ、歌詞も書きやすかったです。

──でも、作詞は…。

寺西優真 初めての経験でした(笑)。「REASON」自体、ドラマ「彼が僕に恋した理由」の主題歌ということから、物語と歌詞の内容をリンクさせていますけど。「彼が僕に恋した理由」の舞台が学園のように、歌詞には、僕自身の学生時代の体験や思い出なども組み込みました。そのほうが、きっと聞いてくださる方々も身近に共感しやすいかなと思ったんですよね。

──その言葉通りでした。

寺西優真 ありがとうございます。僕自身も、みずからの経験も歌詞に加味したことで、より深く気持ちを込めて歌えたように、そこは良かったなと思っています。

寺西優真さんのファッション感とは…。

──優真さんのファッションへのこだわりも聴かせてください。

寺西優真 以前は派手な柄物の服を着れば、ダメージ系のジーンズなども履いていました。でも、今はもうゴチャゴチャとした服とは間逆な、シンプルな服を軸にしたファッションを好んでいます。性格も含め(笑)、今は「何事もシンプル」が一番なんですよね。

──原宿にも足を運びます?

寺西優真 そのイメージ、僕にはないと思っていますよね。僕、休みの日に原宿とか行きますよ。一人で竹下通りのいろんなお店を散策すれば、クレープだって食べてます。ただ、さすがにクレープ片手に歩いて食べるのは恥ずかしいので(笑)、路地に逃げてなど、こっそり隠れて食べています(笑)。僕はスイーツも好きで、甘いものをInstagramにアップもしていますから。

──それ、嬉しい意外性でした。

寺西優真 意外性繋がりで語るなら、役者という仕事柄もあって、お肌の手入れは何時も心がけています。それもあるのか、化粧水一つにしても、いろんな商品を試しながら、自分の肌に似合うのを探しています。良いお勧めの美容品があったら、ぜひ教えてください(笑)。

──そんな意外性な面も見せてくれた優真さんですが、仕事を行ううえで心がけていることも教えてください。

寺西優真 最初に言ったことにも重なるのですが、何事を行ううえでも、つねに「冷静でいる」ことです。僕自身が、気持ちを昂らせてしまう傾向があれば、それでミスを犯す経験をしてきたからこそ、何時も心落ち着かせ、冷静でいるように心がけながら仕事へ挑んでいます。

──最後に、あらためて最新シングル「REASON」の魅力について聴かせてください。

寺西優真 学生生活は、誰もがかならず通る道。この「REASON」を通し、学生時代に覚えた恋愛感情や恋愛体験なども、この歌を通して思い出してもらえたらなと思っています。それくらい、僕自身の学生時代の恋愛感情もギュッと詰め込んだ歌になりました。「REASON」はドラマ「彼が僕に恋した理由」ともリンクしていれば、この物語自体が学園コメディな面も強いように、そこも楽しんで観ていただける要素だと思います。もちろん、一番の見どころは「僕と山本裕典さんとそのKISSシーン」ですから!!

TEXT:長澤智典

「彼が僕に恋した理由」


連続テレビドラマ「彼が僕に恋した理由」公式サイト
https://www.boku-koi.com/
TOKYO MX番組ページ 
https://s.mxtv.jp/drama/bokukoi/

放送日程

日曜ドラマ(TOKYO MX)
2020年8月9日(日)25時35分
TOKYO MX他にて放送スタート!
エムキャスにて見逃し配信も公開中!

キャスト

主演:寺西優真
山本裕典 黒澤はるか 上遠野太洸 根岸拓哉 北乃颯希 中田絢千 伊藤孝太郎 越前谷澄典 菅原碧 奥寺あさみ 西野入流佳 樫尾篤紀 吉澤翼 桑名里瑛 小林茉由 小南光司 空花 橘莉子 橘咲希 橘南桜 平野由佳 吉田知央 竹内心 上村侑 乃上桃音 白柏寿大 岡本拓真 
大沢健 / 風見しんご / 冨家規政/ 長谷直美

スタッフ

脚本:寺西一浩/撮影監督:森裕雅/編集:藤田尚也/プロデューサー:水野和佳 細田恵理 水沢健太郎 秋山竜二 本多潤七郎 佐伯洋之/制作協力:Expand All Inc. 医療法人社団スマイルオフィスデンタルクリニック Design S
製作:HumanPictures Inc./主題歌:寺西優真/演出・ゼネラルプロデューサー 寺西一浩

ゲスト出演

Kiss FM KOBE「LiVE MAX presents YUSUKE YAMAMOTO moving on」 21:00〜21:30
※ゲスト出演
※8月のすべてのオンエア回(8/20、8/27)に寺西優真がゲストとして登場しますので、どうぞお聴き逃しなく♪
◆番組HP ⇒ https://www.kiss-fm.co.jp/moving_on/

「REASON」


寺西優真
Digital Single「REASON」
★ドラマ「彼が僕に恋した理由」主題歌
★ 文化放送8月度プラスチューンに決定
★朝日放送「相席食堂」エンディングテーマ
作詞:寺西優真
作曲&編曲:光永亮太
COKM-42915

デジタル配信中!
◎主要音楽配信サービスにてご利用いただけます
寺西優真「REASON」配信リンク

寺西優真


俳優、歌手。
2018年2月21日、「ムスカリ」で日本武道館でデビュー。
主な出演作は、2018年公開映画『17歳のシンデレラ』主演、2019年公開映画『TOKYO24』主演、2020年公開予定映画『Revive by TOKYO24』主演など。
2020年8月、O.A. 連続テレビドラマ『彼が僕に恋した理由』初主演。主題歌「REASON」にて、日本コロムビアよりメジャーデビュー。

寺西優真オフィシャルサイト
http://www.teranishiyuma.com/
日本コロムビアサイト
https://columbia.jp/artist-info/teranishiyuma/                      
寺西優真twitter 
https://twitter.com/yumateranishi
寺西優真instagram 
https://www.instagram.com/yuma.teranishi/

この記事を書いた人

長澤智典
音楽を中心に執筆中のライター。「あなたのため」に頑張ります。 twitter @nagasawatomonor Web http://vues.jp/

新着記事