【写真募集中!】「100人のゴシック&ロリータ」日本のロリータスナップ写真集制作決定!

2020年03月10日 | アパレル
もみじ
Loadingいいね

ゴシック&ロリータサークル「WonderTeatime」が、ロリータスナップ写真集の制作を決定!
「100人のゴシック&ロリータ」(仮)と称して、全国のロリータさんのコーデ写真を掲載する豪華スナップ集の予定です♪

「WonderTeatime」とは?


ロリータファッション活動家の璃月愛さんが主宰するお茶会サークルです。
ゴシック&ロリータファッションを愛する人々の交流、魅力発信を行っています。

ゴシック&ロリータ好きな人が集まれる場として
都内を中心に年4回、季節ごとのお茶会を開催しています。

また、主催の愛さんは英語で登壇できるロリータさんです✨
国際お茶会を開催したり、YouTube配信を行ったりと、国内だけでなく海外ロリータユーザーに向けてもロリータカルチャーの発信をしています。


Wonder Teatime
HP: https://lineblog.me/akizukiai/
Twitter: @WTeatime
Facebook: @salonwonderteatime
YouTube: Wonder Teatime

過去にはWorld版の出版も!

WonderTeatimeを主催する璃月愛さんは、過去に世界のロリータファッションスナップ写真集「International Lolita Fashion Photobook」を出版しています。

International Lolita Fashion Photobook
世界28ヶ国のロリータファッションユーザー約200名のスナップ写真を地域別に掲載、
さらに6地域のロリータサークル代表へのインタビューも収録された、他に類を見ない世界初の電子書籍です。

今回制作するのは、こちらの日本版!
International版を制作した際、世界中のロリータユーザーから
「ロリータの聖地・日本のロリータコーデをもっと気軽に紙でも見たい!」
という声が多数あったことをきっかけに、今回日本版も制作することとなりました♪

ゴシック&ロリータ好きで、こだわりのコーデ写真をお持ちの方なら誰でも応募可能です。
写真集は、まずは今夏のコミケにて、WonderTeatimeブース内での販売を予定しているそうです。

ゴシック&ロリータファッションを愛するみなさま
今一度、ロリータカルチャーを世界に発信する機会をお見逃しなく!

応募詳細

ゴシック&ロリータファッションを愛する皆様からお写真を集めさせて頂きたいと思い、広く募集させて頂きます。
もしご協力頂ける場合は、下記の詳細をご確認の上、ぜひ写真データをご送付頂けましたらと存じます。
皆さまのご協力、何卒宜しくお願いいたします。
※ご質問があればメール送付先のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせ下さい。

☆写真について☆
送付枚数:1枚
写真詳細:ご自身が着ているゴシックorロリータファッションのコーデがよく分かる全身写真
写真サイズ:2MG以上推奨
※携帯電話での撮影の場合、自撮りだと画質が低くなってしまうため、外カメラでの撮影をお願いいたします。

☆自己紹介パートについて☆
下記の情報を掲載予定ですので、記載をお願いします。
※書きたくない項目は省略OKですが、省略した旨が分かるように明記をお願いいたします。

・お名前(ペンネーム可、30字以内)
・職業(30字以内)
・自己紹介(100字以内)
・好きなブランド(複数可、100字以内)
・好きな音楽(複数可、30字以内)
・好きな場所(複数可、30字以内)
・ゴシック&ロリータになったきっかけ(100字以内)
・ゴシック&ロリータファッションの好きなところ(100字以内)
・記載したいSNSアカウントやホームページのURL(100字以内)
・掲載するコーデ写真のアイテムについての詳細(字数制限は設けておりませんが、調整させて頂く可能性がありますので、あらかじめご了承ください。)

☆送付方法☆
下記のフォームから自己紹介パート(写真以外の掲載情報)について回答して下さい。
https://forms.gle/bHCfbRMVCAukjU9N8
その後、wonderteatime@outlook.comまで、メールにて件名に掲載用のお名前を入れて写真(添付)の送付をお願いいたします。
フォームの回答編集及び写真送付〆切:2020年3月15日(日)

この記事を書いた人

もみじ
「HARAJUKU POP WEB」編集部ライター。 商業グラフィックデザイン・立体デザイン・演劇を学び、原宿系アパレルで働く新米ライター。和風/中華風のお洋服が好き。ネイティブアプリ(所謂ソシャゲ)やアニメに夢中な舞台オタクである。

新着記事