まるで恋愛ドキュメンタリー!カップルYouTubeチャンネル10選!

2020年10月16日 | ライフスタイル
はる
Loadingいいね

みんな大好きYouTube!
その中でも特に人気のチャンネルが「カップルチャンネル」です。

ラブラブなカップルの日常は微笑ましさ満点◎
「話している姿を見るだけで憧れる」という声もよく聞きます。

動画を見れば、きっとあなたも恋をしたくなるはず!

カップルチャンネルとは?

数あるジャンルの中でも特に中高生から高い人気を誇るジャンルです。彼氏・彼女同士でラジオのような日常トークをしたり、はたまたドッキリをかけあったりと仲睦まじい様子が「癒される」「かわいい」「こんなカップルになりたい」と注目を集めています。

そのちょっと楽しい日常生活レポートは、まるで恋愛ドキュメンタリー番組を見ているかのような気分になるんだとか。

今回は、そんなカップルYouTuberの中でも、編集部が特に注目したカップル10組をご紹介します!

1.なこなこチャンネル

キュートなルックスの「なごみ」と優しい雰囲気の「こーくん」の関西人カップル。日常系動画がメインで、2人の絆を試すドッキリ企画が多め。

コメントにはほぼ必ずリアクションを返してくれるなど、「ファンを大切にしてくれる」のが人気の秘密ですね。

2.しばなんチャンネル

愛知県に拠点を置く6人組YouTuberグループ「東海オンエア」に所属する「しばゆー」と「あやなん」夫婦のチャンネル。チャンネル登録者数は223万人と、カップルYouTuberの中でも圧倒的な知名度を誇ります。

子育てなどの日常系だけではなく、「平成のギャルに変身して渋谷センター街を踊り歩いてみた」など、東海オンエアらしい笑えるネタ系動画も。

3.ゆりいちちゃんねる

キュートな社長令嬢の「Yurina」とイケメンの「ICHIRO」によるチャンネル。料理が得意な「ICHIRO」が朝ごはんを作ったり、2人でリッチなデートに出かけたりと、美男美女カップルにうっとりする視聴者が続出!

4.えむれなちゃんねる

以前はそれぞれがYouTuberとして活動していた「M君」「ふくれな」カップル。坊主になって原宿デートをしたり、一週間チョコを食べ続けたりと、ほかのカップルYouTuberでは見られない身体を張ったネタに挑戦しています。

5.なのカップル

TikTokの有名カップル「なのカップル」が始めたチャンネル。中でも再生回数を稼いでいるのが、出会いから馴れ初めまでのストーリーや、誕生日・記念日に思いを伝える「胸キュン動画」。
もともと高校の同級生だったというカップルのラブラブっぷりに、思わず萌えキュンすること間違いなし!

6.JULIDY

2015年から交際をスタートさせ、Instagramで人気に火がついた「JULIDY」。
他のカップルYouTuberとは少し異なる路線で、プチプラブランドを使ったコーデやおしゃれスポットの紹介など、ハイセンスな世界観が詰まった動画が多数あります。

7.ZyonMana

海外風のおしゃれなライフスタイルを発信しているのが「ZyonMana」。カップル動画から始まりましたが、現在は結婚。
日本国内のお出かけスポットや海外旅行のVlogなど、2人の子どもも加わった家族のほっこりする自然な毎日を主に発信しています。

8.こちゃにカップル

「こちゃにカップル」もTikTok出身の高校の同級生カップル。料理ネタや『しまむら』コーデ対決など、親近感のある身近なネタを中心に動画を投稿しています。
現在は大学生ということで、学業を優先するために期間限定でYouTuberとしての活動を休止することも。勉強も頑張っていて、応援したくなるカップルです。

9.るぅきい夫婦

2018年に結婚し、カップルYouTuberから夫婦YouTuberとなった「るぅきぃ」。子どもも生まれ、現在の動画は家族のお出かけをはじめとした家庭的な雰囲気の企画がメインとなっています。
『コストコ』や『ユニクロ』の購入品紹介などの動画も豊富。子どもが生まれても仲の良さが変わらない2人の姿に、多くの視聴者が憧れているようです。

10.おたひかチャンネル

2019年にスタートしたばかりにもかかわらず、すでにチャンネル登録者数28万人と人気急上昇中の「おたひか」。初対面の高校生が恋愛をするAbemaTVの大ヒット番組『今日、好きになりました』のデート企画がきっかけで付き合い始めたそうです。
付き合いたての初々しい頃から現在の同棲まで、仲が深まっていく様子を見られるのが魅力的ですよね。

好きなカップルはできましたか?
まだまだ人気は続くカップルYouTuber。
ぜひチェックしてキュンキュンしちゃってくださいね!

この記事を書いた人

はる
旅行と柄シャツがだいすきなライター・編集者。原宿ではよく古着をあさっています。

新着記事