「Peel the Apple」って、どんな美味しい味?!"ニジマス(26時のマスカレイド)"オーディション舞台裏から巻き起こる林檎旋風を見逃せない!

2020年11月26日 | インタビュー
長澤智典
Loadingいいね


26時のマスカレイドの新メンバーを選ぶオーディションへ参加。決勝まで勝ち残りながらも、残念ながらメンバーに選ばれなかった9人。でも、その才能を認めていたプロデューサーが「新しいアイドルグループを立ち上げるから、参加したい人は意志表明をしてください」と声をかけた中、そこへ参加表明をしたのが、この8人。彼女たちは、TIFでのステージデビューを皮切りに、Peel the Appleとして新しい道を踏みだした。

みんなとてもチャーミングで魅力的な女性たち。そんなPeel the Appleのメンバーをつかまえました。

各メンバーの心の成長をキャッチ!


──みなさん、26時のマスカレイドオーディションを経て、Peel the Appleのメンバーになりました。この期間を通し、どのように自分自身の中に変化を感じていますか?

佐野心音 オーディションを受けていた頃と比べたら、自分の見せ方をより深く考えるようになりました。たとえば髪色にしても、メンバーはみんな黒髪ですけど、わたしなりの個性を出そうと思い赤髪にしました。今日のヘアスタイルでも、ちょっと熊さんっぽくすれば、写真を撮るときのポージングも含め、見てくださる人が喜んでくれそうなことを、より意識するようにもなりましたね。
もちろん、歌やライブパフォーマンス、MC面でも、もっともっと上手くなりたいから、パフォーマンス面での見せ方も、以前と比べたらだいぶ意識するようになりました。


佐野心音
Peel the Appleのハニーイエロー担当/19歳。
「PtA NO.1 歌唱力」愛称は”ねち”。
Twitter:@PtA_kokone
Instagram:@kokone_sano


黒嵜菜々子 わたし、以前は自撮りとかほとんどしなかったし、撮影しても、友達に「下手」と言われてたんですけど。アイドル活動を始めるようになってから、めっちゃ自撮りするようになれば、撮り方もだんだんわかってきたせいか、ようやく「上手い」と言われるまで成長しました(笑)。以前は、大好きな韓流ドラマを夜更かししながら見るような生活をしていたんですけど。今は、早起きをすれば、朝御飯はもちろん、三食しっかり食べれば、お菓子を食べるのを我慢し、しっかり睡眠も取り始めたら、免疫力がアップし体質的に痩せやすくなれば、健康的にもなりました。
見られる意識を持つようになったことも、生活を変える大きな要因だと思います。おかげで26時のマスカレイドオーディションの頃の自分と比べたら、だいぶ引き締まりました(笑)。今心がけているのが、お風呂上がりに骨盤矯正とメディキュットを履いて、足を上げながら、顔をローラーでコロコロすること。パックは、そのときの気分でしています。


黒嵜菜々子
Peel the Appleのラベンダーパープル担当/17歳。
「PtA NO.1 ムードメーカー」
Twitter:@PtA_nanako
Instagram:@kurosaki0516


浅原凜 わたし、人前で可愛い仕種や表情をするのが苦手だったんですけど。アイドルを始めた以上は、「わたしもアイドルらしくしよう」と思い心がけだしたら、ファンの人たちから「アイドルらしくなった」「可愛いさが増した」と言われるようになりました。わたしも、自分で自分の見せ方や盛れる角度がわかってきたのか、そういうところも意識して今は撮影などもしています。
そういう意識に変化したのも、わたし自身がいろんなアイドルさんのヴィジュアル姿を見ながら、「じゃあ、自分がそう見えるようにするためにはどうすれば良いか」をいろいろ研究するようになったことも大きいんだと思います。最近では、「こうメイクすると、こう映えるんだ」というのもわかってきたように、見せる技術を今、いろいろと高めています。


浅原凜
Peel the Appleのスカイブルー担当/18歳。
「PtA NO.1 正統派」センターで活躍しています!
Twitter:@PtA_rin
Instagram:@rinogsd728


田島櫻子 以前までは、撮影したときに映えるメイクを自分でわかっていなかったんですけど。こういうお仕事を始めてから、じつはナチュラルなメイクに見えて、意外とアイラインを深く入れることで逆に自然体を出すなど、メイクの楽しさを発見するたびにいろいろ研究を行なうようにもなりました。この間も、ライブのときに何時もより濃いメイクにしたことで、「何時もとは表情が違ってたね」と言われました。メイク次第で見え方が変わるように、そこもわたしは楽しんでいます。

あと、まわりのメンバーが意識高いこともあって、わたし、初めてのMV撮影のときにはダイエットも頑張りました。その当時、一番痩せた姿で衣装を採寸したんですね。だから、ちょっと気を抜くと衣装がきつくなってしまうから体系維持も心がけています。


田島櫻子
Peel the Appleのマリンブルー担当/16歳。
「PtA NO.1 バラエティセンス」愛称はらっこ、らっこちゃん。
NHKすイエんサーガールズとしても活躍中!
Twitter:@PtA_sakurako
Instagram:@sakurako219


堤もね わたし、以前にミュージカルなどをやっていたように、歌やダンスは伸び伸び表現することが多かったんですね。だけどアイドルとして表現していくうえで、ダンスにしてもパキッと表現するなど、以前とは違う表現スタイルも求められます。だから、そういうところで見せ方の研究を今はしています。わたしも、メイクの仕方などにも研究を反映させています。おかげで、26時のマスカレイドオーディション中と今を比べたら表情の見え方もだいぶ変わってきたと思います。

わたし、それまで積極的にSNSの更新はやっていなかったんですけど。今は、なるべく自撮りも多くアップするように心がけています。今は、そうやってアイドルらしさを追求しているところです。ダイエットという面では、一つ失敗談があるので言っちゃいますけど。先日、大阪に帰省したんですね。実家に帰ってお母さんのご飯を食べたら美味しすぎて、何も気にせず食べていました。その後、東京へ戻ってすぐにライブがあったので、ライブ会場へ向かい衣装を身につけたんですけど。そうしたらホックが閉まらなくなっちゃって。スタイリストさんに急いで直してもらった事件もありました。そこから一週間で体系は元に戻したんですけど。それを経験してからは、わたしも体系維持を強く心がけるようになりました。


堤もね
Peel the Appleのローズピンク担当/20歳。
「PtA NO.1 エネルギッシュ」
Twitter:@PtA_mone
Instagram:@mone._.mone


山崎玲奈 わたしはアイドル経験が初めてだったから、アイドルとしての見せ方を研究するようになりました。たとえばSNSの更新頻度を上げてみたり、写真の映り方や、見栄え良いファッションなど、いろんなアイドルさんの姿を参考にしたうえで、「じゃあ、わたしには何が似合うのか」を考えるようになれば、少しずつですが、自分に似合う見せ方や必要なものもわかりだしました。

わたしも、アイドル活動を始めてから意識が変われば、それが私生活にも反映され始めたし、体系維持も気をつけるようになりました。ただ、我慢をすればいいわけではないように、食べたいときは食べますし、「ちょっと太りだした?」と思ったら意識してセーブするなど、そこは無理なく、上手く気持ちのバランスを取りながら進めています。


山崎玲奈
Peel the Appleのサンセットオレンジ担当/19歳。
「PtA NO.1 好奇心の塊」愛称はザッキー。
Twitter:@PtA_reina
Instagram:@yamazaki_reina


春海りお わたし、26時のマスカレイドオーディションを受ける前までは本当に普通の高校生でした。だから、芸能活動を始めたことで、初めて人からの見え方を気にするようにました。おかげで今は、電車に乗っていても、食事をするときも、友達と遊びに行ったところでも、つねに「見られてるかも知れない」という意識を持って行動するようになりました。その変わり、家では思いきり気持ちを開放。そこで、オンオフも上手くつけています。

わたしも、「見られる」ことを意識するようになってから、逆に「自分に似合うもの」「自分をより良くみせれること」と意識するようになったと思います。


春海りお
Peel the Appleのミルクホワイト担当/16歳。
「PtA NO.1 天然記念物」最年少です!
Twitter:@PtA_rio
Instagram:@rio_harumi


松村美月 わたし、26時のマスカレイドオーディションを受ける前までは、メンタルは本当に弱々しければ、ビビリな性格で、挑戦することへ臆病になっている自分がいました。それまでは「美月は何がしたいの??」と聞かれても、「どうしたらいいんだろう、わかんない」と優柔不断な面が強かったんですけど。今はPeel the Appleのリーダーでもあるように、いつも「このグループをもっと良くするためには何が必要だろう」「何をしなきゃいけないだろう」など、自分のこと以上にグループのことを考えるようになりましたし、「まずは、グループが認められなきゃ駄目なんだ」という意識を持って行動を行なえば、そのために必要であるならメンバーにも言うべきことは言うように変わりました。そこが、わたしにとって大きな変化だと思います。


松村美月
Peel the Appleのミントグリーン担当/22歳。
「PtA NO.1 女子力」最年長、癒し系のリーダーです!
Twitter:@PtA_mizuki
Instagram:@mizukiismile

それぞれが「今感じているPeel the Appleの魅力」

──続いては、それぞれが「今感じているPeel the Appleの魅力」について聴かせてください。


松村美月 オーディションから今までや、これからのPeel the Appleのことを詰め込んだ歌など、Peel the Appleの楽曲はどれも本当に私たちにしか歌えない内容ばかり。今歌っている「はじまりのはじまり」「リンゴの皮をむくな!〜Don’t Peel the Apple〜」「Va!Vamos!」とも、すべて違う曲調なのも魅力になっています。中でも「はじまりのはじまり」は、歌うたびにオーディション中から今へ至るまでのことをいろいろ思い出して胸が熱くなります。何時も、ファンの人たちにわたしたちの気持ちの熱さを伝えてゆくステージングを心がけているように、その熱も曲たちを通してしっかり伝えていけるところもPeel the Appleの魅力だと、わたしは捉えています。


春海りお みんな個性が豊かだから一人一人の歌やダンス、MCにもそれが出ていれば、そこにも一人一人の違う良さを感じれるので、そこへ注目して欲しいなと思います。メンバーみんな、どれだけ気持ちを伝えられるかという意識で歌っているように、そこも感じてください。


山崎玲奈 Peel the Appleは、YouTubeの公式YouTubeチャンネルにもいろんな動画をアップしているんですけど。そこではライブ姿以外にもいろんな挑戦をやってきたように、メンバーそれぞれの意外な一面を知れれば、根性もつくようになりましたし、その経験を通してメンバーどうしの仲もぐっと深まったと思います。それらの映像を観てくれたら、よりPeel the Appleのことを知っていただけると思うので、ぜひ観てください。ただ、毎回プロデューサーから出てくる企画にはドキドキしてしまいます。


堤もね Peel the Appleはまだ活動を始めて間もないグループですけど、とにかくメンバーみんな向上心の塊のような子たちばかりです。まだまだライブ経験も少ないですけど、1回ごとにみんなで課題を話しあっては改善しているように、つねに成長し続けてゆくPeel the Appleの姿をライブでは見せていけると思っています。ぜひ、その成長を一緒に側で観ていただけたら嬉しいです。


田島櫻子 Peel the Appleは、まだまだ成長過程のグループです。活動していく以上、毎回最高のパフォーマンスを見せてかなきゃいけないんですけど。正直、今はまだまだ欠けている部分もあります。だからこそ、1回1回のライブを通して成長し続けてゆく姿を親目線で観ていて欲しいんです。これからもっともっと経験を重ねながら成長していくように、そこを見守っていてください。


浅原凜 ライブも魅力ですけど。Peel the Appleは、プロデューサーさんが毎回いろんな企画を用意しては、その課題に私たちが挑戦すれば、そこではPeel the Appleにしかできないチャレンジをしているから、その姿をファンの人たちもYouTube動画などを観ながら楽しんでください。私自身は、ミーティングと言われて集まった中、いつも予告なしにプロデューサーさんが登場するたびにドキドキしちゃうといいますか。その内容が良いお知らせでも不安を掻き立てる内容でも、プロデューサーさんが音楽を流しながら登場するたびに、「また何か起きるんだ、ヤバい」と思って身構えちゃいます。その姿も含め、YouTube映像を通して楽しんでください。


黒嵜菜々子 Peel the Appleのメンバーは、一人一人キャラクターがかぶってないのが大きな強みですし、そのキャラクターに注目して欲しいなと思います。あと、メンバーみんな26時のマスカレイドオーディションの頃と比べたらめっちゃ垢抜けたんですよ。歌唱力もパフォーマンスもすごく良くなっているように、その成長ぶりも過去の動画などを観てもらいながら、今と見比べて欲しいです。もちろん、今はまだまだ足りない面が多いのは自分たちでもわかっているけど、お互いを尊重ながら成長していけるグループだからこそ、みんなも言ってたように、どんどん成長してゆく姿を応援してくださる人たちには楽しんでもらいたいなと思います。とにかく、モチベーションアゲアゲで突っ走ります!!


佐野心音 私たち、衣装も含め、見た目は純白なアイドルに見えますけど。ライブパフォーマンスではガチガチに歌い踊るようにそこへ注目してください。それとPeel the Appleは、誕生したときから成長してゆく物語を作りながら、今もそれを見せ続けています。そのストーリー性も感じてください。曲ごとに雰囲気の違う歌にも私たちの成長の歩みを記しているように、どれも私たちにしか歌えない内容。そういう想いは、これからも生まれてくる曲たちへ詰め込んでいきたいなと思っています。一個一個のライブを大切にしている今の私たちの姿を観ていただきながら、その成長物語を楽しんでもらえたら嬉しいです。

そして、今後のPeel the Appleは…。

──最後に、それぞれの今後の目標を語っていただいても良いですか?!


佐野心音 一人一人に個性があって、一人一人が武器を持っているように、グループとしてはもちろんですけど、それぞれの個性も活かしたことをやりたいんです。そのうえで、各自が培った魅力をPeel the Appleに反映しながら、このグループをどんどん磨いていきたいです。



黒嵜菜々子 一つ一つのライブ経験を糧にしながら成長し続けているのが、今のPeel the Appleです。その経験を重ねながら、何時かは大きい会場で単独公演をやりたいとメンバーみんな思っています。ただし、そこへ辿り着くまでには多くの経験が大事だからこそ、今はとにかく我武者羅に走り続けます。もちろん、今の環境に私たちがいさせてもらえているのは当たり前ではないこともわかっているように、みなさんへの感謝の気持ちを持ちながら、これからも前へ進み続けます。



浅原凜 感謝の気持ちは本当に感じているし、大切だなとわたしも思います。26時のマスカレイドオーディションに落ちた私たちに、Peel the Appleという活動の場を与えていただけたことにも感謝していますし、それはけっして当たり前じゃないんだという気持ちはメンバーみんな感じていること。だからこそ、その気持ちを忘れることなく、これからも頑張っていきたいです。



田島櫻子 歳の差もあるけど、みんな本当に仲が良いし、向上心が高いからこそ、言うべきことはしっかり言い合える今の関係を大事にしていきたいなと思っています。何より、みんなに愛されるグループになりたいです。私たちにとってPeel the Appleは人生を変えるチャンスをいただけた場。だからこそ、この場所をずっと守り続けたいです。



堤もね まだ今は対バンライブを通しての活動ですけど、早く単独公演を開催できるまでに成長したいなというのが今のグループとしての目標です。わたしは大阪出身だから、個人的には大阪への凱旋ライブもしたいなと思っています。まずは、今できる最高を毎回一生懸命に見せながら、全国各地の人たちにPeel the Appleのことを知ってもらえるように頑張ります。



山崎玲奈 私たちの活動って、いろんな動きがあるたびに映像化になってYouTube上に次々とアップされていくんですけど。その映像を観ることで、みなさんに親近感を抱いてもらえるんじゃないかと思っています。それに映像を観れば、ここまでのPeel the Appleのことはすべてわかるから、ぜひ私たちの成長物語を楽しみながら応援してくれたら嬉しいです。



春海りお Peel the Appleが、誰でも知ってるくらいに大きな。そして、魅力的なグループになっていきたいです。



松村美月 私たちはまだまだステージ経験も少なければ、個人個人としても、グループとしても課題はたくさんあります。だからこそ、これからの経験も通し課題を乗り越えながら、私たちにしか描けないPeel the Appleを作りあげていこうとしています。活動を始めてからは間もないけど、オーディション期間中から一緒に過ごしてきた期間は長いからこそ、その結束力を魅力に、みんなが持っている熱い心を、熱いパフォーマンスに変え、真っ直ぐにみなさんの心へ届けたいし、そうしていけるアイドルグループにPeel the Appleはなっていきたいです。ぜひ、これから応援よろしくお願いします。

TEXT:長澤智典
PHOTO:KAJII

【Peel the Apple】


26時のマスカレイド新メンバーオーディションから誕生!!

2019年末より半年という長い時間をかけて行われた 26時のマスカレイド新メンバーオーディション 、数千人ものオーディション参加者から、10名のファイナリストが決定。26時のマスカレイドには1名が選ばれました。ニジマスオーディションこそは受からなかったが、アイドルになりたい気持ちを捨てきれない 8人で立ち上げるアイドルグループ。オーディション直後に新プロジェクトを立ち上げることを知らされた彼女たちは、30分以内にプロジェクトへの参加可否の決断を強いられながらも、悔しさをバネにプロジェクトへの参加を表明。失うものは何一つない彼女たちが巻き起こす 『林檎旋風』 を見逃せない!!

ユニット名「Peel the Apple」は「りんごの皮」という意味で、りんごの皮は普段捨ててしまう、でも中身以上に皮にこそ沢山の栄養が詰まっていて、様々なレシピによる「りんごの皮」を使った料理も人気である。一度はオーディションで落ちてしまった彼女たち。でも「価値がない」のではない。全員にちゃんと「価値がある」輝ける場所があるというメッセージを込めて命名されました。

公式サイト:https://peeltheapple.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/PtA_staff
公式Instagram:https://www.instagram.com/pta_staff/
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCPHz8Z64Jvyskmjvd13_quw/

浅原凜Twitter:https://twitter.com/PtA_rin
田島櫻子Twitter:https://twitter.com/PtA_sakurako
黒嵜菜々子Twitter:https://twitter.com/PtA_nanako
堤もねTwitter:https://twitter.com/PtA_mone
春海りおTwitter:https://twitter.com/PtA_rio
松村美月Twitter:https://twitter.com/PtA_mizuki
佐野心音Twitter:https://twitter.com/PtA_kokone
山崎玲奈Twitter:https://twitter.com/PtA_reina

この記事を書いた人

長澤智典
音楽を中心に執筆中のライター。「あなたのため」に頑張ります。 twitter @nagasawatomonor Web http://vues.jp/

新着記事