超ときめき♡宣伝部の「ときめき」を凝縮したアルバム「ときめきがすべて」の魅力をたっぷり伝えちゃうよ!!

2020年12月26日 | インタビュー
長澤智典
Loadingいいね


野を超え、山を越え、ときめく何かを宣伝するために彼女たちは今日も歌う…そんな6人組アイドルグループの超ときめき♡宣伝部。タイトル通り、「ときめき」を満載!!超ときめき♡宣伝部のアルバム「ときめきがすべて」には、12曲の心ときめかせる想いを詰め込みました。メンバーたちが、アルバムを通しどんな「ときめき」を感じているのか、ここに紹介します。

わたしたちは「ときめき」がすべて。メンバーと一緒にいると、日々ときめいてるから、いつも笑顔になります。


──みなさん、いつもめっちゃ笑顔ですよね。

坂井仁香 わたしたちは「ときめき」がすべて。メンバーと一緒にいると、日々ときめいてるから、いつも笑顔になります。

辻野かなみ 何時も、ときめきあっています。

坂井仁香 メンバー全員本当に仲が良くて、パフォーマンス一つを取っても「ここはこうだよね」「ここはこうしていこうよ」と互いに確認しあえば、お互いにアドバイスをしあう関係。何気ない会話の中でも互いに支えあえば、一緒に高めあうなど、いつも仲良いお友達のようわいわいお話をしているように、このメンバーと一緒にいる時間には何時もときめきがあふれています。

──みなさん、とても愛らしい性格ですが、「ライオンガール」の歌詞のように、可愛いだけじゃない面もじつは持っているのか、とても気になります。

小泉遥香 ひとちゃんは、ライブでは割とそういう面も出してるよね。

坂井仁香 そうなんです。ライブになるとキャラ変しちゃうというか、「お前ら、全力でいくからしっかりついてこいよー!!」と煽るように、そこでは強気な言葉でガツガツと宣伝部員(ファン)さんたちをロックオン!!していきます!!

吉川ひより ライブのときの、ひとちゃんの表情の見せ方もすごく上手だよね。カメラを向けられたときにぺロッと舌を出したり、ウィンクしたり。格好いいから可愛いまではもちろん。「ライオンガール」のような姿も見せながら、宣伝部員さんたちをロックオン!!してるからね。

──その表情をいきなり見せられちゃ、そりゃあロックオン!!されますよ。

坂井仁香 ありがとうございます(笑)。

──そこは、狙ってやってるの?

坂井仁香 狙ってないです!!わたし、もともと歌やダンスに対して苦手意識があって、活動を始めた頃はいろんなアーティストさんやアイドルさんのライブ映像を観ながら、自分の見せ方を研究していました。とくに参考になったのが、アニメなんです。「一方通行、恋の罠」や新曲の「ライオンガール」など格好いい系の曲を歌うときにわたしが参考にしているのが、大好きな「東京喰種トーキョーグール」というアニメに登場する金木研くんが人を食べる前や、白髪になった後の表情。そういうのを参考にして表情を作っています。

小泉遥香 まさかの人物が(笑)。

坂井仁香 アニメは表情がわかりやすいので、とても参考になります。「この曲の歌詞はこういう気持ちを歌っているから、こういう気持ちや表情を作ろう」と鏡の前で歌っているときの表情も確認しながら練習もするように、いろんな表情が狙っているように見えたのも、もしかしたらその成果が出たからなのかも知れません。

宣伝部員さんのことを思いながら歌詞に気持ちを重ねるとスッと入っていけます。

──他の5人は、「ライオンガール」のような性格では…。

坂井仁香 ないですね。ひよりんやジュリアは、完全に草食系だからね(笑)。

吉川ひより そうなんです(笑)。わたしにはない面だからこそ、逆に「ライオンガール」のような強さや格好良さには憧れます。

──ひよりさんの場合、「SHIBUYA TSUTAYA前で待ち合わせね!」のような可愛らしい乙女な姿が似合いそうですよね。

吉川ひより そういう系は任せてください(笑)。とくに「SHIBUYA TSUTAYA前で待ち合わせね!」は、宣伝部員さんのことを思いながら歌詞に気持ちを重ねるとスッと入っていけます。この曲、イントロが流れた時点ですっごくときめきますよね。

──聞いてる側が、めっちゃときめきますからね。

杏ジュリア 「SHIBUYA TSUTAYA前で待ち合わせね!」は恋愛系の歌ですけど。この歌詞を宣伝部員さんたちに重ねて想いを馳せると、歌詞の内容もすごく鮮明に見えれば、その世界へ気持ちがスッと入っていけるんです。「君が何よりの元気の源-もと-だよ これからもそばにいてね」や「ずっとずっと君の側に居られますように」という歌詞って、私たちが宣伝部員さんたちに伝えたい気持ちそのままなんです。だから「SHIBUYA TSUTAYA前で待ち合わせね!」を歌うたびに自然と心が動けば、そういう気持ちになった表情も生まれてゆくんだと思います。

──歌詞から表情が見えてゆくという面では、「お届け!デリバリースター」も、そう。冒頭で、メンバーが「ピンポーン!」とチャイムの音真似をするじゃないですか。その声を聞いた瞬間から、気持ちがグッとアガりましたからね。

辻野かなみ とても元気になれる歌です。みんなで一緒に踊って楽しめる曲なので、歌ってて楽しいです。

菅田愛貴 「お届け!デリバリースター」には面白い歌詞もたくさん入ってるからね。

坂井仁香 最初に「ご注文はなんですか?」と聞いてた言葉が、最後には「ご注文はナンですか?」になっていたり。「お届け!デリバリースター」は、いろんな言葉遊びを見つけながら楽しんでもらえる歌です。

メンバーそれぞれのクールさを、ぜひ「ライオンガール」を通して感じてください。

──メンバーそれぞれ、お勧めの楽曲を教えてください。では、かなみさんからお願いします。

辻野かなみ わたしがお勧めしたいのは、これまでの超ときめき♡宣伝部にはなかった新しいテイストの曲になった「ライオンガール」です。中に「離さない…」というセリフが出てきます。そこを、個々のメンバーが歌ってるんですけど。同じセリフでもそれぞれの言い方の違いが出ているように、そこが聞きどころです。
 この歌をライブで歌ったときにも、各自がどんな風にセリフを言うのかも見どころになると思います。あと、最後のおはる(小泉遥香)のフェイクが格好いいんです。そこからは、新しいおはるの一面が見れれば、その歌声が曲を格好よく締めてくれます。メンバーそれぞれのクールさを、ぜひ「ライオンガール」を通して感じてください。

──それぞれの言い方の違いが見える「離さない」のセリフは、聞いてて強く惹かれます。

辻野かなみ それぞれ発音の仕方も異なるように、同じセリフでも「こんなに言い方が違うんだ」という面は聞きどころだし、そこで各自の個性を楽しんでください。

向日葵のようにすごく輝いていた大切な存在を、その男の子はちょっとそっけない態度を取って枯らしてしまったのかなとわたしは想像しました。

──続いては、ジュリアさんお願いします。

杏ジュリア わたしは、「7月のサイダー」です。この曲の歌詞を読んだとき、情景がとても鮮明に浮かび上がってきました。
わたしの頭の中には、夏の切ない恋のお話が思い浮かびました。「7月のサイダー」は言葉の選び方が韻を踏んでいるなど、とてもお洒落なんです。でも、ちょっと切ない歌詞でもあるんです。わたしはこの曲の主人公を男の子と想像したんですけど、中に「人込みに消えてく向日葵 横目で枯らした最低だ」という歌詞が出てきます。わたしは向日葵に、夏にすごくキラキラと輝いているお花という印象を持っています。自分の中で、向日葵のようにすごく輝いていた大切な存在を、その男の子はちょっとそっけない態度を取って枯らしてしまったのかなと、わたしは想像しました。

──だから、「僕のせいだ」と言ってるんですね。

杏ジュリア 歌詞の中で「僕のせいだ」と言ってるように、男の子は自分のことを攻めてゆくんですけど。最終的には「この夏のせいだ」と言うように、「これも全部夏のせいだから、僕にはまだ次があるんだ」と前向きに捉えていくんですね。ただ切ない感じでは終わらせずに、次へと向かっていく気持ちを記したように-、とても奥深い歌詞だなとわたしは感じています。

──ちなみに、サイダーは好きですか?

杏ジュリア あまり飲む機会がないというか、わたしはフルーツポンチを作るときにサイダーを使うくらいです。

今、こうやって6人で笑いあっていれるのも、いろんなつらいことも乗り越えてこれたからなんですよね。

──仁香さんのお勧め曲は、どれになります?

坂井仁香 わたしはKANA-BOONの谷口鮪さんに書いていただいた「エンドレス」になります。この曲では、今のわたしたちのことはもちろん、昔のわたしたちのことも歌っています。
 ときめき♡宣伝部の頃から数えてもう5年くらい活動を続けてきた中、今、こうやって6人で笑いあっていれるのも、いろんなつらいことも乗り越えてこれたからなんですよね。最初のAメロの「「懐かしいあの日々が」だとかなんとか揺れたって 私はいま笑ってるんだ」の歌詞を読んだとき、そのときどきは苦しかったかもしれないけど、今こうやって笑いあっていれるように、今はとても幸せなんだと改めてこの歌を通して感じていました。「ときめいて きらめいて」の歌詞も、そう。わたしたちはこれまでも、今もときめいているし、きらめいています。「あなたの声が混ざり合う時」では、ライブで歌っている私たちの声と、みんなが名前を呼んでくれるコールが混じり合っている時の様子を想像したように、「エンドレス」の歌詞はこれまでと、今のわたしたちのことをすべて表現しています。だからこそ、本当に大切にしたい歌になりました。

──もう何度か歌っているんですよね。

坂井仁香 音楽番組などを通して、何回か歌っています。「エンドレス」には、歌えば歌うほど心に染み入る歌詞がたくさんあります。「泣けるほど笑えること 誰よりも輝いた今日 夢に感情乗って太陽です」という歌詞も、みんなとたくさん泣いたし、みんなとたくさん笑ったし、これからもみんなとたくさん泣いて、たくさん笑うと思うんですけど。そうやって感情がたくさん動くことやみんなの気持ちとも共感しあえること、気持ちが太陽のように明るくなる瞬間が、私たちは今でも大好きです。そういう気持ちも「エンドレス」には描かれています。

──本当に、メンバーのいろんな気持ちを反映した歌なんだ。

坂井仁香 そうなんです。もちろん、「夢に天井も終点もない」のはわかっていたけど。こうやって改めて歌詞を通して想いを受け取ったことで、「自分たちの限界を自分たちで決めつけちゃっていたんじゃないか」と改めて考え直すことも出来ました。今、夢を追いかけている人。「自分はこれでいいんだ」と思っている人は、ぜひ「エンドレス」を聞いてください。「もっともっと自分の夢は未来へ向かっていけるんだ」「自分の頑張り次第で、夢は未来へ繋がっていくんだ」という気持ちを、私たちが「エンドレス」を歌ったときに感じたように、みなさんにもそういう気持ちになっていただけたらなと思います。

──「エンドレス」もそうだけど、いろんな曲を歌うことで、改めて自分たちの気持ちを再確認するとも多いですか?

坂井仁香 多いです。自分でわかっていた気持ちを改めて確認することもそうだし、歌を通して刺激を受けることで、これまで感じれたことのない気持ちを知れるなど、いろんな気持ちがどんどん増していきます。それによって表現の振り幅も広がっていくように、いろんな曲をいただくたびに、そうやって気持ちは広がり続けています。

みなさんの心や気分が雨っぽくなっても、私たちがそれを照らす太陽のような存在でありたい。

──次は、遥香さんにいきましょうか。

小泉遥香 わたしは「雨上がり」が好きです。この曲は、今までの超ときめき♡宣伝部にはなかった音楽というか、お洒落なサウンドなんです。初めて曲を聞いたときから、お洒落なお店で流れていそうな曲だなぁと思えれば、イントロが流れた瞬間から世界がバーッと明るくなる音楽が広がっていきます。本当に今まで無かった曲調だから、すごくいいなぁと思いました。
 歌詞も、今の状況にも当てはまる内容なんです。みなさんに会いたくても会えない時期だったときや、物事がなかなか思うように進まないときって、心に雨が降ったような気持ちになってしまいますし、みなさんにもそういうときがあると思うんですけど。「雨上がり」を聞くと、「まるで心は晴れ模様」の歌詞のように、心が晴れ渡るように明るくなれます。しかも、すごく前向きに物事を考えられれば、楽しく元気に頑張ろうという気持ちにもしてくれます。

──心が晴れ渡る感覚は、「雨上がり」を聞いてるとわかります。

小泉遥香 たとえ、みなさんの心や気分が雨っぽくなっても、私たちがそれを照らす太陽のような存在でありたい。「雨上がり」は、まさにそういう曲です。

「い──────く──────ーぜっ!!」とすごく溜めて溜めて溜めて…。

──菅田愛貴さんのお勧め曲は、どれになります?

菅田愛貴 わたしは、「お届け!デリバリースター」です。この曲は、オメでたい頭でなによりさんに楽曲を提供していただきました。歌詞の一つ一つにわたしたちのことを重ねているように、共感する気持ちが盛りだくさんです。中では、わたしとかなみちゃんとひよりちゃんでラップをしていたり、ひとちゃんとおはるちゃんとひよりちゃんがハモっていたり。ジュリアちゃんの華麗なキックや、いろんなアクロバットな振りも出てくるように、本当に楽しいことがギュッギュッギュッ!!と詰まってる曲になっています。
この間、ライブで初披露したんですけど、みなさん初めて聞くのに、一緒にダンスを真似てくださったように、一緒に踊れる振りがとても多いから、良い意味で現実逃避の出来る曲になっています。ちょっと悲しいなぁ、ちょっと疲れたなぁと思ったときは、この歌を聞いて元気になって、前向きに楽しんで欲しいなと思います。

──聞いてて、テンションの上がる楽曲ですからね。

菅田愛貴 ホント、踊ってる最中でも、歌っている最中でも、楽しくなってテンションが上がっていきます。とくに「い──────く──────ーぜっ!!」とすごく溜めて溜めて溜めてラスサビへ向かっていくところは、みんな気持ちを一致団結させながらバ────ンッ!!と飛びだしていくように、メンバーも宣伝部員の方々も、みんなテンション上がりまくっていきますし、本当に楽しくライブをさせていただいています。それくらい、「お届け!デリバリースター」は目でも耳でも楽しめる曲です。

学生生活に楽しい想い出があるからこそ、どこに行ったって君だし、どこに居てもわたしのように、この関係は何時までも変わらない。

──最後は、ひよりさんですね。

吉川ひより わたしは「さくら燦々」です。これは卒業ソング。わたしもちょっと前に卒業を経験してますけど。卒業から時間を経過した大人の方々でも、すごく共感の出来る歌になっています。「怖がらないで 広い世界に 羽を広げるんだ」という歌詞があるように、この歌は、淋しさを残しつつも、未来に光を当ててくれるすごく前向きな歌。これから卒業を経験する子たちに聞いてもらい卒業を前向きに捉えて欲しいし、卒業式を経験した大人の人たちなら、昔を思い返してちょっと懐かしい気持ちに浸りながら、でも、今の自分の未来にも光を当てていける。そんな歌になって欲しいなと思って歌いました。

──とても情景の見えてくる歌ですよね。

吉川ひより 学校を舞台にしたこれまでの日常はなくなるけど、学生生活に楽しい想い出があるからこそ、どこに行ったって君だし、どこに居てもわたしのように、この関係は何時までも変わらない。だから「向かい風だって気にしない 羽を広げるんだ」という気持ちで旅立とうという気持ちに、この歌が導いてくれると思います。

──メンバーのみなさん、卒業はまだ最近の経験ですよね。

坂井仁香 わたしは今年の経験でした。留年してでも良いから残りたいくらい、本当に高校が大好きだったから、卒業式は本当に悲しかったです。

辻野かなみ たとえ留年したとしても、他のみんなは卒業しちゃうから(笑)。

坂井仁香 そのときは、みんなにも留年してもらわなきゃ(笑)。それくらい学校生活が楽しかったんです。とくに、卒業式が近づいた2月や3月の時期って、ちょっと寂しい空気もあるんですけど。そういうときに、おふざけ担当の子がクラスを明るくしてくれたり。卒業式はもちろん、そういう情景も思い出せてくれるから、ぜひみなさんにも「さくら燦々」を聞いてもらい、あの頃の素敵な想い出を思い返してもらえたらなと思います。

──超ときめき♡宣伝部には、自分の想い出や想いと重ね合わせられる歌が多いからこそね。

坂井仁香 超ときめき♡宣伝部には、そういう歌が多いというか、自分の気持ちに当てはめやすい歌が多いし、そういう曲たちがどんどん増えているから、超ときめき♡宣伝部のいろんな歌を聞くと、いろいろ共感してくれると思います。

ジャケットにもいろんなときめきを詰め込んだよう、そこからも「ときめき」を感じてください。

──アルバム「ときめきがすべて」は、本当に中身が濃くボリュームのある作品に仕上がりましたね。

坂井仁香 同じような楽曲が一つもないし、今回6形態発売するんですけど。中にライブ映像を収録した盤があれば、ライブ音源を収録した盤もあるように、自分の好きな盤を選んでゲット出来るのも嬉しいなと思います。

菅田愛貴 ジャケットの6パターンの写真も、どれも自分たちのお気に入りです。わたしがとくに好きなのは、「たまありみるみる盤」のみんなでお花を持って寝っ転がっている写真。「ときめき盤」ではクールな感じだし、「はねだみるみる盤」はパラレルワールドのような不思議の国にいるみたいな感じなど、どのジャケットも世界観が違えば、そこもこだわりを持って作ったように注目してください。ジャケットにもいろんなときめきを詰め込んだように、そこからも「ときめき」を感じてください。

──ホント、いろんな気持ちにしてくれる作品集ですからね。

辻野かなみ 「トゥモロー最強説!!」とか1日の終わりに聞くと、その日に悔しいことや落ち込んだことがあっても「明日も頑張るぞー!!」とさせてくれますし、「心ときめく人が出来た!!」「でも、ダイエットしなきゃ!!」となったときには「恋のシェイプアップ♡~超ver~」を聞きながらシェイプアップを頑張れます。アルバムは冬に発売しますけど、中には、春や夏などいろんな季節の曲が入っているから、一年中楽しんでいただけるように、そのときの自分の感情に合わせて聞けるアルバムが「ときめきがすべて」なんです。

「恋のシェイプアップ♡」をいただいたとき、スタッフさんに「痩せろ!!」と言われてるんだとわたしは思いました。

──みなさんには、シェイプアップは必要ないですよね。

坂井仁香 いやいやいやいや、「恋のシェイプアップ♡~超ver~」をいただいたとき、スタッフさんに「痩せろ!!」と言われてるんだとわたしは思いました。

辻野かなみ そう、この曲を通してね。

吉川ひより スタッフさんたちは、私たちにそう言いたかったんだろうなって。

辻野かなみ 「恋のシェイプアップ♡~超ver~」のダンスは、本当にシェイプアップ出来るくらいに激しいからね。

坂井仁香 一回踊るだけで汗だくになるくらい。

吉川ひより 初めて振り入れをした翌日は、筋肉痛になってました(笑)。

──この曲をライブで歌うのは、かなりハードル高くないですか?

小泉遥香 ようやく身体が慣れてきました。最近はもう平気ですけど、ライブで歌いだして間もない頃は、とてもきつかったです。

坂井仁香 超ときめき♡宣伝部の曲って激しい振りが多いから、一回のライブをやるだけで身体がシェイプアップされます。12月26日に中野サンプラザで行なうライブでは新曲初披露が多いから、アルバムの曲を聞いたみんなをがっかりさせるのではなく「すげぇー!!」と言わせられるまでパフォーマンスのレベルを上げてかなきゃいけないから、今、レッスンを頑張っているところです。

小泉遥香 これまでは、新曲披露といっても1曲や2曲だったんですけど、今回、新曲をたくさん披露する予定なので、ライブ中も、今までに味わったことのない緊張感に襲われそう…。

吉川ひより でも、新曲を披露するとき、いつも宣伝部員さんたちがうきうき楽しそうな表情で観てくれるのを感じてきたから、今回も、みんなどんな表情で楽しんでくれるのかがとても楽しみです。

小泉遥香 みんなの表情やリアクションを通して、ようやく曲たちも完成するからこそね。

メンバーそれぞれお気に入りのファッションスタイルは…。

──最後に、各自のファッションへのこだわりも聴かせてください。


辻野かなみ 以前まではバルーン袖やフレアーの袖、フリフリが付いてる服など、可愛い系の洋服が好きだったんですけど。年齢を少しずつ重ねるにつれて、あまりミニスカートは穿かなくなり、ロングスカートやスキニーなどのパンツ姿、ワンピースもロング丈など、大人っぽい服を好むようになりました。それは色に関してもで、以前のようにピンクなど派手な色の服ではなく、白や黒などちょっと落ち着いた色の服を着ることが最近は増えています。とくに今は、大人っぽさの中へ可愛らしさの入っている服が好きです。あと、パーカーなどストリート系のファッションも好んで着ています。
 アイドル活動をしているときは可愛い服を着たいなと思うんですけど。プライベートではだんだん落ち着いた格好が好みになってきました。


 

杏ジュリア わたし、超ときめき♡宣伝部に入る前までは何本も持っているジーンズとTシャツ、その上にパーカーを着てと、その着回しの中でいろんな組み合わせを楽しむことが多かったんですけど。アイドル活動を始めてからは、それ以外の格好もするようになりました。ただ、ミニスカートは持ってるけど穿かないです。とくに冬場は寒いじゃないですか。電車に乗っていても、短いとちょっとやだなぁと思ってしまうから、いつもパンツ姿かロングスカートにしています。
うちは、お母さんがわたしの服をコーディネイトするのが大好きで、「ジュリアのために新しい服を買ってきたよー」と、よく用意してくれます。わたし自身も「こういう系統が好き!!」というこだわりがあるわけではないから、お母さんの選んだ服を着ることが多いですね。ただ、フリフリよりは、ちょっと大人っぽい落ち着いた服のほうがいいなという気持ちはあります。


 

坂井仁香 わたしは、その時期によって服の好みもいろいろ変わります。最近は、背中が大きく開いてるニットとか、ミニスカートにニーハイとロングブーツを組み合わせながら、ちょっと大人の色気を出してみたり。でも、大人すぎても嫌なので頭にカチューシャを付けたりなど、大人っぽくなりすぎず、でも可愛くもなりすぎない、その絶妙なバランスのところでファッションを楽しんでいます。それこそ白いレースのスカートを穿いたら、上は落ち着いた服にしてバランスを取るなど、組み合わせはいろいろ考えています。

坂井仁香 服の好みは、かなみんと似てるよね。

辻野かなみ 普段着ている服の系統が、お互い似てるんです。

坂井仁香 だから、一緒に買い物にも行けば、同じ服を買ったりもしちゃうからね。

小泉遥香 一度、同じ服装でお仕事現場に来たこともあったよね。あのときはペアルックになってたの覚えてる。

辻野かなみ 前日に「同じ服を着よう」と言ったわけではなく、本当に偶然だったんですけど。でも、なんか嬉しくなるよね。

坂井仁香 「やったぁ、気が合う、いえーっ!!」ってなる(笑)。
 

小泉遥香 わたしはファッションセンスがなくて、今もまだまだセンスを磨いてる最中ですけど、過去の姿を振り返ると、上から下まで柄柄柄など、もう黒歴史のような格好をしていました(笑)。以前はロングスカートが大好きでしたけど、今はショート丈のワンピースやスカート、黒のスキニーパンツなどを穿くことが多くなりました。最近「痩せたね」と言われることが増えたのもあって、ちょっと長めのブーツを履きながら、あえて足を見せるファッションをする機会も出てきました。1日中レッスンしかない日は、上下スウェットというラフな格好や、めっちゃ寒い日はお洒落とか気にせず、肌を一切露出することのない防寒な格好で出かけることもありますけど。基本的には「甘辛系」の格好が好みです。

坂井仁香 大人ガーリーだよね。

小泉遥香 そう。女の子らしいワンピースにレザーのジャケットを合わせるなどの格好が、この時期は好きです。
 

菅田愛貴 わたしは、こういうスタイルを…というよりも、感覚的に「可愛い」「好き」と感じたものを着てゆくタイプです。色味的に黒や白が好みで、白のふわふわのアウターとかあったかくて好きなんですけど。でも、具体的に「こういうのが好きです」というのはないといいますか…。あっ、レースのシャツにミニスカートなど、ガーリーなお人形さんみたいな格好は好きかも知れない。わたしに関しては、「好き」「可愛い」と思った服を直感で選んで着ています。


 

吉川ひより わたし、リボンやフリルのついたブラウスなど、とても女の子らしいけどカジュアルな「カジュアルガーリー」系が好きです。最近は、個性的なデザインの服にも踏み込み始めていて、この間も袖におっきなハート柄がついたトレーナーを買えば、古着屋さんで派手な赤チェック柄のスカートを購入しました。わたし、双子のインスタグラマーmimmamちゃんのmimちゃんのファッションがすごく好きなんです。彼女の、ちょっと個性的な、今の年代だからこそ出来るファッションを参考にしています。最近、たまに「攻めすぎかな?」と思う服を購入することもありますけど、でも「着たいと思った服を着よう」という気持ちで、今はファッションも楽しんでいます。

PHOTO:大西基
TEXT:長澤智典

avex 1st Album「ときめきがすべて」

超ときめき♡宣伝部
avex 1st Album「ときめきがすべて」
2020.12.23 Release
#超とき宣デビューアルバム


◎超ときめきすぺしゃる盤 (mu mo受注生産限定)
¥18,000+税
CD+Blu-ray+PHOTOBOOK
AVC1-96618/B~C
【Disc1 CD】全12曲
【Disc2 BD】
「超ときめき♡宣伝部の未来へつながる超ときめき♡コースター」(2020/7/18 Zepp Haneda(TOKYO))
【Disc3 BD】
・「よ~し、それなら!さいたまスーパーアリーナのセンターから、私たち超ときめき♡宣伝部です!」(2020/8/23 さいたまスーパーアリーナ)
・「エンドレス」 Music Video
・「エンドレス」 Making Movie
【超すぺしゃるフォトブック】メンバー1人からの直筆サイン入り
【豪華ボックス仕様】


◎はねだみるみる盤
¥8,000+税
CD+Blu-ray
AVCD-96611/B
【Disc1 CD】全12曲
【Disc2 BD】
「超ときめき♡宣伝部の未来へつながる超ときめき♡コースター」(2020/7/18Zepp Haneda(TOKYO))
※初回封入特典:トレカ7種のうちランダム1種


◎たまありみるみる盤
¥8,000+税
CD+Blu-ray
AVCD-96612/B
【Disc1 CD】全12曲
【Disc2 BD】
・「よ~し、それなら!さいたまスーパーアリーナのセンターから、私たち超ときめき♡宣伝部です!」(2020/8/23 さいたまスーパーアリーナ)
※初回封入特典:トレカ7種のうちランダム1種


◎はねだきくきく盤
¥4,500+税
2CD
AVCD-96613~4
【Disc1 CD】全12曲
【Disc2 CD】
「超ときめき♡宣伝部の未来へつながる超ときめき♡コースター」(2020/7/18Zepp Haneda(TOKYO))ライブ音源


◎たまありきくきく盤
¥4,500+税
2CD
AVCD-96615~6
【Disc1 CD】全12曲
【Disc2 CD】
・「よ~し、それなら!さいたまスーパーアリーナのセンターから、私たち超ときめき♡宣伝部です!」(2020/8/23 さいたまスーパーアリーナ)ライブ音源


◎ときめき盤
¥3,000+税
2CD
AVCD-96617
【Disc1 CD】全12曲

1.トゥモロー最強説!!
作詞・作曲・編曲:MUTEKI DEAD SNAKE
※2020/8/26(水) 発売シングル曲
2. SHIBUYA TSUTAYA前で待ち合わせね!
作詞・作曲:ヨシダタクミ(saji)
編曲:中島生也 monoralism
※初収録
3.エンドレス
作詞・作曲:谷口鮪(KANA BOON)
編曲:野村陽一郎
※初収録
4.恋のシェイプアップ♡~超 ver~
作詞・作曲・編曲:MUTEKI DEAD SNAKE
※現メンバーver初収録
5.ライオンガール
作詞:栗原暁(Jazzin’park)
作曲:久保田真悟(Jazzin’park)、栗原 暁(Jazzin’park)
編曲:久保田真悟(Jazzin’park)
※初収録
6.7月のサイダー
作詞・作曲:サクノオクレゲ
編曲:すりぃ
※初収録、音楽ナタリー×超ときめき♡宣伝部一般公募企画曲
7.さくら燦々
作詞・作曲:山崎あおい
編曲:鶴崎輝一
※初収録
8.超ときめき♡宣伝部のVICTORY STORY
作詞:allforone/ARAKI
作曲:松隈ケンタ
編曲:SCRAMBLES
※現メンバーver初収録
9.お届け!デリバリースター
作詞:赤飯・ぽにきんぐだむ
作曲:324・赤飯
編曲:オメでたい頭でなにより
※初収録
10.GAMUSHARA~超ver~
作詞・作曲・編曲:宮崎誠
※現メンバーver
11.雨上がり
作詞・作曲・編曲:知(サイダーガール)
※初収録
12.青春ハートシェイカー~超ver~
作詞・作曲・編曲:ジンツチハシ
※現メンバーver初収録

アルバム特設サイト:https://avex.jp/tokisen/
配信リンク:https://avex.lnk.to/tokimekigasubete

Live Information

12月26日(土)中野サンプラザホールにて有観客ワンマンライブ
「超ときめき♡宣伝部のどきどき♡クリスマスパーティー 2020~ときめきからの”正体”状~」

[配信チケット] 3,500円(税込)
チケット販売中!▶︎チケットぴあ

超ときめき♡宣伝部


スターダストプロモーション制作3部に所属、
きみのハートにロックオンっ!「超ときめき♡宣伝部」
野を超え、山を越え、ときめく何かを宣伝するために彼女たちは今日も歌う・・・

Official Site:https://toki-sen.com
Twitter:@sendenbu_staff
YouTube:とき宣ロックオンちゃんねる

読者プレゼント♡


超ときめき♡宣伝部メンバーのサイン入りチェキをプレゼント♪
フォロー&RTで6名様にプレゼントします♡

①アカウントをフォローしてね!
「原宿POP」のアカウント

②こちらのつぶやきをRTしてね!


期限:12月30日(水)23:59

この記事を書いた人

長澤智典
音楽を中心に執筆中のライター。「あなたのため」に頑張ります。 twitter @nagasawatomonor Web http://vues.jp/

新着記事