アイドルグループ「群青の世界」が放つ、限りなく透明に近い青の世界に、あなたもはまってしまえ!!!!!

2021年02月25日 | インタビュー
長澤智典
Loadingいいね


アルバム「COLOR」が高い支持を得ている群青の世界。一つ一つの楽曲に描き出された世界観に魂を奮わすドラマを感じれば、その物語や主人公の心模様を具現化してゆくメンバー5人の表現力に強く心が揺さぶられる。2月27日には、渋谷duo MUSIC EXCHANGEでのワンマン公演も控えている群青の世界。その魅力を、ここに紐解こう。

メンバーが語る「群青の世界」の魅力とは…。

──群青の世界が誕生してから2年が経ちました。それぞれ群青の世界の魅力をどんな風に捉えているのか、そこから教えてください。

横田ふみか ファンの方々から、群青の世界は「王道系」と言われることが多いんですけど。その王道系の中にも、格好いい系からスタイリッシュ系といろいろとあるように、聞いていただけたら1曲はお気に入りの楽曲が見つかると思います。メンバーの仲の良さがライブから伝わるところや、家族のようにアットホームなファンのみなさんとの空気が毎回ライブ会場に生まれているように、新しく興味を持ってくれた方が気軽に輪の中へ溶け込める環境であるところも群青の世界の魅力だとわたしは捉えています。
楽曲の面でも、スッと胸に入ってくる歌詞が多いのも特色です。ファンの方々も「自分の気持ちに重なる歌が多い」と言ってくださるのも嬉しいです。実際にわたしも、歌いながら感情移入しすぎてライブ中に泣きそうになることがけっこうあります。

工藤みか 「群青の世界は楽曲がすごくいい」とは確かによく言われます。歌詞も等身大の内容が多いから、ファンのみなさんの心にも刺されば、私たちメンバーも、それぞれの曲の世界観へのめり込んでパフォーマンスができるから、そこがライブでも評価を受けているのかなと思っています。
わたしも、ふみかと同じように歌いながら歌詞に感情移入してしまうことはよくあります。「メロドラマ」という曲の中、ふみかと2人でダンスするパートがあるんですけど。お互い歌に感情移入するあまり、2人で手を合わせる場面では、互いに涙目になって手を合わせてたこともありました。

一宮ゆい 群青の世界の場合、明るくて楽しい、いわゆるわちゃわちゃとしたアイドルたちとは間逆の世界観を持っています。そこが魅力であり、そこへ惹かれる方が多いのも特色です。メンバー自身も、普段はわちゃわちゃしてるんですけど。ステージに立つとスイッチが切り替わり、一つ一つの曲の世界観へ感情移入してゆくように、ステージと普段のギャップもメンバーの魅力になっています。

村崎ゆうな わたしと(水野)まゆが群青の世界に加入したのは、昨年のコロナ禍が起きてからなんです。だから2人とも、まだ声を出して楽しむライブの経験がないんですけど。群青の世界は、声を出せなくても世界観に浸れるグループだと感じています。そう感じるのも、しっかりとした曲の世界観を持っているからです。
ゆいも言ってたように、ステージ上のメンバーは曲の世界観に寄り添うことでクールな雰囲気も出しているから、普段もクールなメンバーたちなんだと思われることもありますけど。実際にお話をするとぜんぜん違うから、そこにも驚かれると思います。

水野まゆ わたしも、まだ声を出して楽しむライブの経験はありません。それでもライブが楽しいのは、楽曲の持つ世界観が強いことや、メンバーのパフォーマンス力や個性の違いなどがステージから見えてくるところにあるとわたしは思っています。ゆいや(ゆ)うなも言ってたように、ステージ上以外の私たちを知ることで、そのギャップを楽しんでもらいたいし、そこが魅力にもなっているなとわたしも感じています。

横田ふみか 今もまだ、ライブでは声を出せない環境ですけど。もともと群青の世界の場合、楽曲の世界観へ感情移入して楽しんでゆくところを魅力にしていたから、逆に、ファンの方々も歌やパフォーマンスへじっくり浸ってくれるぶん、群青の世界はそこを強みにも変えています。

一宮ゆい それでも、振りをしているファンの人たちの姿を見ながら、「あー、喉元まで声が出かかってるし、出したいんだろうなぁ」と感じるときもあります。

工藤みか 私たちも、いつもならメンバーコールが飛び交うところで声が聞こえてこない淋しさは感じていますけど。でも、みんなが力強く振りをしている姿を見ていると、気持ちが伝わってきて安心します。

──群青の世界は「楽曲の世界観を届ける」ことを魅力にしているから、今の環境の場合、より楽曲の持つ世界観へ浸ってもらえるように、そこを強みにもしていけてるんだね。

横田ふみか そうなっています。最近は可愛い歌も増えてきたから、ライブ中に、可愛い歌から格好いい曲へ突然切り替わるときには、自分たちでも気持ちの切り換えにあたふたしてしまうこともあるんですけど。ファンの方々は、「その姿も魅力だね」とも言ってくれています(笑)。

アルバム「COLOR」に収録曲の中で、とくにお気に入りを教えて!!!!!

──続いては、アルバム「COLOR」に収録した曲の中から、それぞれ「推し曲」を教えてください。

横田ふみか わたしは「未来シルエット Intro ver.」が気に入ってます。「未来シルエット」は配信リリースしているんですけど。ライブで「未来シルエット Intro ver.」をやると、イントロが流れた瞬間にみなさんがすごく喜んでくれるんですね。ファンの方々からも「「未来シルエット」のイントロ付きも音源化してほしい」という声をいただいてたことから、今回「COLOR」のTYPE-B盤へ「未来シルエット Intro ver.」を収録できてすごく嬉しいです。それと、「未来シルエット」のイントロの振りをわたしが担当したので、ファンのみなさんがその振りをライブ中に真似してくれてるのを見るたびに嬉しくなるように、それもあって、わたしは「未来シルエット Intro ver.」を推したいです。

──「未来シルエット」は歌詞もいいですよね。

横田ふみか ファンの方々も「歌詞がすごく染みる」と言ってくださいますし、私たちも歌いながら気持ちがスッと入っていくから、そこも好きなところです。

工藤みか わたしは、みずから作詞を担当した「COLOR」を聞いてほしいです。今の社会には、同じような人材が求められる傾向があるじゃないですか。そのために自分を押し殺し、まわりに合わせなきゃいけないみたいな風潮もありますけど。本当はそうじゃなく、自分の個性や色(COLOR)を持つことが大事。だから自分の色を見つけて歩いていこうと伝えたくて、その想いを歌詞にしました。みんなにも共感してもらえる歌詞が、この中にはきっとあると思います。

──みかさん自身、昔からそういう意識を持っていた人?

工藤みか 以前から、「まわりと一緒でなきゃ駄目」という空気に苦手意識は持っていました。本当は、それって誰もが思っていることじゃないですか。だから、何時かこの想いを歌詞にしたいなとはずっと思っていました。

──でも、思っててもなかなか行動に移せない現実もありますよね。

工藤みか 高校時代、みんなは大学進学を進路として選択していたんですけど。その頃からわたしはアイドルになりたい気持ちがありました。だけど、「卒業後の進路はアイドルを目指します」とは言えず、最初は、わたしも「大学に行きます」とまわりに合わせてたこともありました。でも、昔から「自分のやりたいことをやるほうがいい」という意識だったから、結果、今はアイドルをやっています。

──みかさんは「青い光」の作詞も担当しています。これ、野球部の選手を応援してゆく目線での歌になっていますよね。

工藤みか 昨年、甲子園での大会が中止になってしまったじゃないですか。そこから、球児を励ます歌として書きました。ちなみに、わたしはぜんぜん野球には詳しくないです(笑)。

一宮ゆい わたしも、お勧めの曲は「COLOR」になります。以前からわたしは「最終章のないストーリー」がお勧めと言ってたんですけど。「COLOR」を聞いたときにすごくグッときたというか、心に歌詞が響きました。その理由の一つに、いつもホワホワしているみかが、こんなにも胸に刺さる深い歌詞を書いたんだという理由もプラスされてるんですけど(笑)。

──普段のみかさんと、「COLOR」に記された歌詞の姿とは…。

一宮ゆい 「この人物からこの歌詞が出てくるのか」と驚くくらい、ギャップがあります(笑)。でも、共感する部分がとても多いし、ライブで歌うときもすごく感情移入してゆくように、素晴らしい曲だとわたしは思っています。

村崎ゆうな わたしも、個人的に好きなのは「COLOR」なんですけど。2人が想いを伝えているので、わたしは4人バージョンとして配信リリースしていた「アンノウンプラネット」「未来シルエット」「BLUE OVER」「青空モーメント」と、新録した今の5人バージョンとの違いを聞いてほしいし、その違いを感じてもらいたいなと思っています。
もちろん、わたしとまゆが加入前だった頃の群青の世界が作ってきた世界観も大切にしていきたいんですけど。既存の曲を今の5人で歌い直したように、5人の群青の世界としての「アンノウンプラネット」「未来シルエット」「BLUE OVER」「青空モーメント」も楽しんでもらいたいし、私たちの気持ちも歌の中から伝わればなと思っています。同じ楽曲でも、歌い手が変われば歌の表情や表現の仕方など楽曲の色も変わるように、比べられる方は、その違いも楽しんでいただけたらなと思います。

水野まゆ 確かに、歌い手が変わると表現の仕方も変われば、その曲の何処の部分を伝えたいのかも変わっていくように、そこはわたしも感じてほしいなぁと思う。じつは、わたしも「この歌詞を書いたみかちゃんは天才だなぁ」と思うくらい、お勧めしたいのが「COLOR」なんです。普通に生活をしていると、当たり前という常識に流されてしまうことってけっこうあると思うんですけど。そんなときに「COLOR」が、わたしに「本当にそれでいいの?」「やりたいことがあるんじゃないの?」と訴えかけてくれれば、ここには、悩みを抱えている心に直接語りかけてゆく歌詞がとても多く書かれています。今の自分を見つめ直せる歌詞が「COLOR」にはたくさん書かれてあるから、歌ってて勇気が出ます。とくに「探すんだ本当の「僕らの色」を」の歌詞は、歌うたびに元気が出てきます。
そしてもう1曲、「青空モーメント」が、すごく青春していて好きです。きっと、青春という時期にしか楽しめないこともあると思います。そういう時期にこそ、その思いを大切にしていこうという内容が、わたしはすごく好き。とくに落ちサビは、今しか楽しめないことを楽しむ大切さを伝えてくれるように、とくに好きなところ。歌詞にとても感情移入しやすいように、「青空モーメント」もわたしの推し曲です。

横田ふみかの魅力を分析したところ…。

──続いては、メンバー個々の魅力を教えてほしいんだ。全員でバーッとしゃべっちゃうと大変なことになりそうだから、一人に対して、誰か代表2人に語ってもらうことにしようか。まずは、横田ふみかさんの魅力からお願いします。

水野まゆ メンバーの中で一番しっかりしていると思います。MCでもメインでしゃべってくれるし、ライブの日も、朝にみんなへその日の役割を送ってくれるように、みんなのお姉ちゃんみたいな人です。ダンスもキレッキレで、笑顔も可愛いから、ライブ中にうっとりしちゃいます。じつはわたし、自分で「しっかり者」と思っていたんですけど。それ以上の方がここにはいました(笑)。

工藤みか 見た目はふわーんとしてるんですけど、すごくしっかりしているし、しゃべるとめちゃめちゃ元気なように、そこにギャップがある人です。ライブ中も、格好いいときの表情と可愛いときの表情、エモいときの表情の切り換えがすごく上手だから、側で見ながら「すごいなぁ」といつも感心しています。


横田ふみか
Twitter:@fumika_yokota
Instagram:@fumika_yokota

工藤みかの魅力を分析したところ…。

横田ふみか みかの姿をライブで初めて見た人は、歌がめちゃくちゃ上手いしダンスも完璧なように、きっと欠点の無いクールで完璧な人という印象を持つと思うんですけど。でも、特典会などで話したことのある人ならわかるように、普段は一番乙女です。だからメンバーの中、ステージ上と降りてからの姿に一番ギャップを覚える人じゃないかなと思います。
じつはわたしも、初めてみかに会ったときは近寄りがたいというか、怖い印象でした。だけど話したら、めっちゃしゃべりやすい(笑)。そのギャップを、メンバーである私たちはすごくわかっているからこそ、そのギャップ萌えなところをみんなに伝えていきたいです。

一宮ゆい ステージ上では、本人も「完璧」と思ってるからそれでいいんだけど(笑)。いや、実際に完璧なんですけど。その裏では、完璧さを求めるためにめちゃくちゃ努力をしているように人一倍の努力家です。メンバーの誰かが元気がないときも真摯に向きあってくれるように、本当にいい子で大好きです。

工藤みか その言葉聞いてたら、涙が出てきちゃった(実際に涙目になる)。


工藤みか
Twitter:@mika_kudou
Instagram:@kudou_mika

一宮ゆいの魅力を分析したところ…。

村崎ゆうな ゆいはですね、ひと言でいうならボンバーマンみたいな人。すごく爆発力のある、すごい威力の持ち主のように、相手に強烈な印象を残してくれる。そこが強みの子です。あと、本人は気付いてないんですけど、人並み外れた言動を繰り出す人で、そのタイミングも自由気まま(笑)。自分のペースを持っている子であり、だからこそ目が離せなくなる子だとわたしは感じています。

工藤みか ファンの人たちからも「ゆいちゃんの魅力に釣られた」という言葉をよく聞くように、群青の世界に触れた人の誰もが最初に目にいくのがゆいだと思います。すごく可愛いことも言うように、その発言を含め、絶対に男の人をメロメロにしちゃう能力を持っている子です。実際、ゆいのことが気になって群青の世界を好きになったら、そのままゆいの沼にはまってしまう人が多いように、とても魅力的な子。人のことをいつも真摯に受け止めてくれるし、誰かメンバーが凹んでいると、すぐに声をかけてくれます。
わたしとゆいは高校時代のクラスメイト。「わたしはアイドルになる」と最初に言い出したのがゆいなんですよ。その発言を聞いて、同じ気持ちを共有できる人がいたことで嬉しくなったの今でもを覚えてます。すごく包容力のある人だから、まずはゆいを群青の世界の沼にはまる入り口にしてください。


一宮ゆい
Twitter:@yui_ichimiya

村崎ゆうなの魅力を分析したところ…。

水野まゆ (ゆ)うなは、パッと見ほわほわしてるんですけど。じつは頭が良くて、絵を描くのが上手なように、わたしが欲しい要素を全部持っている人です。しかも、自分で自分を追い詰めちゃうくらいにすごい努力家。あと、可愛い服がすごく似合うから、いつもお人形さんのような感じで見ています。

一宮ゆい まず、顔面がめっちゃ好き。いつも「自分に自信がない」と言ってるんですけど、すごく芯の強い子で、一度決めたことは誰にも言わずに自分の中でメラメラと闘志を燃やしながらストイックに突き詰めてゆく。でも、大好きな人に対しての心の紐が緩いから、なんでも言うことを聞いてくれます(笑)。じつは、うなとも前からの知り合いなんですよ。

工藤みか うなとの付き合いは群青の世界に入ってからだったけど、前から名前だけは聞いてたからね(笑)。


村崎ゆうな
Twitter:@yuuna_murasaki

水野まゆの魅力を分析したところ…。

村崎ゆうな まゆをひと言で言うなら、スイカやメロンのように「見た目と中身が良い意味でギャップがある」人。見た目は虫も殺さないような清楚な女の子なんですけど。しゃべるとめっちゃ明るくてうるさい。でも、そこにファンの人たちも親しみを覚えれば、私たちも愛しさを感じています。メンバーの中では一番年下なんですけど、理由はそこではなく、キャラクターとしていじられやすいように、その親しみやすさが魅力だよね。何より、歌とパフォーマンスがすごく上手い。まゆも、すっごく負けず嫌いな性格だから、影ですっごく努力をしながら頑張っている子です。しかも自分で「悔しい」なると、それを克服するため一直線になれる。そういう頑張り屋さんです。

横田ふみか 確かに、虫も殺せないような子に見せて、この間、ちっちゃい虫を駆除してたけどね(笑)。そこは置いといて(笑)。わたしが苦手な分野や足りない面を、まゆは持っています。透き通るような綺麗な歌声が魅力だし、スタイルが良いから、ライブでもインパクト強く目に飛び込んでゆく子。メンバーの中では最年少にも関わらず、めっちゃしっかりしています。ただ、すごく気を使う性格。本心を表だって出さないんだけど、もっとそこを見せてくれてもいいし、そういう気持ちも共有したいなと私は思ってる。

水野まゆ その言葉、泣いちゃいます。


水野まゆ
Twitter:@mayu_mizuno_
Instagram:@mayu_mizuno_

メンバーそれぞれのファッションのこだわりは?

──メンバーそれぞれの、ファッション面でのこだわりも教えてください。

水野まゆ わたしは一つのスタイルにとらわれるのではなく、いろんなファッションに挑戦したい人です。普段から、フリフリの女の子らしい可愛い服も着れば、ストリート系の格好いい服も着るように、今は、いろんなタイプのファッションを楽しみながら、何が自分に似合うのかを探しています。ちなみに、その日に着る服は、そのときの気分に左右されます。だから、その日の気分に合わせようと、いろんなタイプの服を揃えてしまうのかも知れません。

村崎ゆうな わたしは色のある服が苦手。理由は、自分の存在を小さくしてしまうからです。だから、自分と溶け込める黒や白の服ばかりを選んじゃいます。その中でも、フリルやリボンの付いている服を好んで選べば、1枚で着やすい服も好む傾向も強いです。もともとあまり外出しない性格だったから、そんなに服は持っていなかったけど。アイドル活動を始めてからは外に出る機会が増えたように、いろいろ服も買わなきゃと買い始めたんですけど。やっぱし着てて楽で、フリルなどの付いた可愛い服を好んで選んでしまいます。

一宮ゆい わたし、起きたときに「今日は格好いい服」「今日はパーカーの気分」「今日は可愛い服を着たい」など、その日の朝の気分で服を選びます。だから、ジャンルはとくに気にはしてないです。あと、アクセサリーをつけて見栄えよくすることも心がけています。でも、たまーにバジャマみたいなダボダボの服を着てると、よくふみかに「今日はパジャマで来たの?」と突っ込まれます(笑)。

横田ふみか 気合入ってるときと入ってないときの差が、ゆいはすごいからね。

一宮ゆい あー、その差は確かにすごいかも知れない(笑)。

工藤みか わたし、アイドル活動を始める前までファッションにはぜんぜん興味がなくて、姉妹で服を共有することも多かったし、パーカーにズボンのようなラフな格好も多かったんですけど。最近はお洒落も気にするようになり、いろんな服に挑戦しています。とくに白系やパキッとした色の服が好きです。

横田ふみか アイドル活動を始める前までは量産系のレースやフリルの付いた服を着ていたんですけど。最近は淡いアイボリーやベージュ系のフェミニンな服が好きで、よく身につけています。それに合わせ、帽子やピアスなどいろんなアクセサリーも身につけています。ただ、レッスンだけの日などは、キャップにトレーナーなどラフな格好をするときもあります。

2月27日・渋谷duo MUSIC EXCHANGE公演に向けて。

──最後に、2月27日に渋谷duo MUSIC EXCHANGEで行なうワンマン公演に向けて、ひと言お願いします。

横田ふみか 12月23日に2周年ワンマン公演をやって以来の東京での単独公演になります。この日は、3年目に入った群青の世界の魅力を見てもらえる場になると思います。しかも、2月に行なった東名阪ワンマンツアーの最終日。これからも群青の世界を応援したいと思わせるライブにしていけるように頑張ります。ぜひ、観に来てください。

TEXT:長澤智典

0のポラリス〜『COLOR』リリースイベント〜

2021/02/27 東京duo MUSIC EXCHANGE
OPEN/START 12:30/13:15

東名阪ツアー『COLORS』
ツアーファイナル!
2021/02/27 東京duo MUSIC EXCHANGE
OPEN/START 16:00/16:45

チケット購入
https://eplus.jp/aoseka-color/

ミニアルバム『COLOR』


<タイプA>
価格:¥1,800

収録曲
1. COLOR
2. 青い光
3. ロールプレイ
4. アイ・ワナ・ビー Intro ver.
5. BLUE OVER
6. アンノウンプラネット


<タイプB>
価格:¥1,800
1. COLOR
2. 青い光
3. シンデレラエモーション
4. アイ・ワナ・ビー
5. 青空モーメント
6. 未来シルエット Intro ver.

群青の世界

「いつも見上げる果てしなく青い世界には、まだ足りないものがある」
洗練されたスタイリッシュなビジュアル×サウンドをテーマにした5人組アイドルグループ。

Official Site:https://gunjonosekai.com/
Twitter:@aoseka_official
YouTube:群青の世界【公式】

読者プレゼント♡


メンバー全員のサイン入りチェキをプレゼント♪
フォロー&RTで3名様にプレゼントします♡

①アカウントをフォローしてね!
「原宿POP」のアカウント

②こちらのつぶやきをRTしてね!

期限:3月2日(火)23:59

この記事を書いた人

長澤智典
音楽を中心に執筆中のライター。「あなたのため」に頑張ります。 twitter @nagasawatomonor Web http://vues.jp/

新着記事