ドルチェ&ガッバーナがデジタルショー形式にて、2021-22 秋冬 ウィメンズコレクションを発表。ユニークなロボットも登場!

2021年03月03日 | アパレル
原宿POP編集部
Loadingいいね

2021年3月1日(月)、ドルチェ&ガッバーナは2021-22 秋冬 ウィメンズコレクションをデジタルショー形式にて発表した。


(C)DOLCE&GABBANA

(C)DOLCE&GABBANA

今季のテーマは「NEXT CHAPTER」 – ブランドのDNAと現代のロボット技術の世界を繋ぐ物語 – 。
現代的かつ革新的な言語でブランドのDNAを表現した。


(C)DOLCE&GABBANA

コレクション全体を通じて、メタリックやガラスのような光沢の新素材が採用され、ネオンカラーのレオパードプリントのルックや、90年代当時の雰囲気漂うオーバーサイズのアウターも登場。
クラシックなスタイルをコンピュータで読み直し、データ送信をしたとき、突然の不具合によって思いがけないシェイプやボリューム感、ディテールが生まれるーまさにそんなイメージのもと、洋服がデジタルからリアルへ、リアルからデジタルへと変形するさまを表現している。


(C)DOLCE&GABBANA

今回のショーは、イタリアに拠点を置く、ロボット工学、ニューロサイエンスなどの研究機関であるイタリア技術研究所(IIT)協力の元、2種のヒューマノイドロボット「iCub」と「R1」も登場した。

デザイナーの2人は現実社会で起こっていることに目を向けながら、新たな世界における新しい表現方法を生み出し、グローバルな対話に参加しているのだ。

この記事を書いた人

原宿POP編集部
新商品やフェア、アーティスト情報など原宿ならではの最新情報をお届けしています!どうぞ応援よろしくお願いします☆

新着記事