ロック系男装ユニット・ael-アエル- 新体制となり初のシングル「舞幻」リリース!

2021年04月06日 | インタビュー
原千夏
Loadingいいね

4月7日に待望の4th Single「舞幻(むげん)」をリリースするロック系男装ユニット・ael-アエル-。この時代だからこそ“会える”ことの尊さを綴った新曲についてインタビュー。さらに、個性豊かな3人のグループ内での関係性や、お互いの歌声の魅力などについて聞きました!

新曲「舞幻」に込めた想い。会えない期間もパフォーマンスや歌を届けたいという気持ちは揺るがなかった

──初登場ということでグループ紹介からお願いします!

有光陽稀(ありつみ はるき) ロック系男装ユニットとして、ロックを基調とした歌を多く歌っています。俺は楽曲の歌割を担当したり、雫月Leeがダンスの振り付け、綾目夏向はWEBラジオの編集をするなど、スタッフさんの力も借りつつ、自分たちでも方向性を話し合いセルフプロデュースもしながら活動をしています。これから、ael-アエル-らしさや、俺たちならではの強みを、もっともっと押し出していければと思っています。

──新体制では初の音源となる4th Single「舞幻」ですが、楽曲を受け取った時の印象や、歌詞の好きなフレーズを教えてください。

雫月Lee(しずき りー) 最初に聴いた印象は、明るくて春らしい曲だと思いました。昨年からコロナ禍にあって、応援してくださる方たちと会えない状況が続いているなかで、俺たちにとっても大きな願い“いつか再会できる”という想いが溢れた曲になっています。俺は、特に《道の先は君だけ》というサビの真っ直ぐな表現が好きで、ファンの方たちに対する想いという意味でもすごく共感できました。

有光陽稀 昨年まではファンの方たちと会えない時が来るなんて思ってもみなかったので最初は戸惑いがありましたが、どんな状況でも“パフォーマンスや歌を届けたい”という想いは途切れませんでした。その気持ちが、歌詞の《何があっても僕はその花に 惹かれるのだろう〜》という部分に重なりました。

綾目夏向(あやめ かなた) “幻”がタイトルに入った曲としては3作目になりますが、これまでの切ない世界感とは全く印象の違う前向きな曲になっています。ael-アエル-は海外から応援してくださる方も多いので、僕は歌詞を英訳して発信するようにしているんですけど「舞幻」は直訳が出来ない表現が多くて苦戦しています(笑)。だけど、《花吹雪》《はらはら散りゆく》といった日本独自の表現が魅力的で、情景や彩りを感じてもらえる楽曲になっていると思います。

光と闇 Music Videoでは“笑顔”初解禁。ダンスシーンとのギャップに注目

──MVも楽曲の世界観を鮮やかに表現していますね。

有光陽稀 ありがとうございます。ただ、MVの冒頭は、暗い中で踊るシーンから始まるんです。最初は俺自身も疑問に感じたのですが、MVが公開された時に、ファンの方たちに「辛い蕾の時期を乗り越えて、未来が明るく咲き誇っていくように感じました」という感想をもらって、すごくしっくりきました。MVを撮っている時は世界観に入り込んでいたので、仕上がったMVを見て“俺ってこんな表情をしていたんだ”と気づく事も多かったです。

雫月Lee 表情という意味では、今までael-アエル-はシャープなカッコよさを追求していたので、MVで柔らかい表情をしたり、笑顔を収録したのは初めてです。俺自身は普段は笑っていることが多いのですが、今まで頑張って封印していたので自然体でいられました(笑)。3人体制になって初めての作品で、新しいael-アエル-をお見せ出来た事はすごく嬉しいです。

綾目夏向 歌っているリップシーンは柔らかな表情、ダンスシーンはクールなイメージとギャップがあると思うのですが、メイキング映像では普段の“ゆるゆる”な俺たちが見られます(笑)。特に派手なハプニングや事件が起こっているわけではないのにクスッと笑えてしまうような、ステージとは違った一面を感じていただけると思います。

 

ael-アエル-の真髄、バンドサウンドが弾ける「Hope」は最高の押し曲です!

──そして、c/wの「Hope」は、まさにael-アエル-を象徴するロックテイストの楽曲になっていますね。

綾目夏向 楽曲の方向性としてはael-アエル-のど真ん中の曲です! 俺は歌詞を読むのが好きなので、今回も自分なりに色々な解釈をしてみました。今までの俺たちの曲は、“僕と君”という構図のものが多かったんですけど、今回は“僕たちとみんな”で、夢や目標に向かうという捉え方も出来る曲になっています。

有光陽稀 個人的には最高の押し曲です! バンドサウンドで、冒頭のベース音からめちゃくちゃカッコよくて聴いて数分で耳が惚れました(笑)。ガツンと心を揺さぶるようなサウンドに、ael-アエル-が今までやってきたロックテイストの歌を融合させられたので本当に大好きな曲です。歌詞も切羽詰まった状況でも諦めないといった強い気持ちが描かれています!

雫月Lee 配信ライヴでも披露しましたが、ファンの方たちから「カッコイイ」というコメントをもらいました。初披露だったにも関わらず曲の途中から、コメント欄で「オイオイ」という合いの手を入れてくれて、みんなの順応性の速さに驚きました。これからのライヴでは、さらに盛り上がっていく曲になると感じています。

ファンの方たちが感想を届けてくれる『#今日もael』には、いつも色々なことを気づかせてもらっています

──「赤は愛より出でて愛より赤し」は、歌割が細かくて、コーラスにも厚みを感じました。

有光陽稀 キーが高くて大変だったのと、歌に表情が出やすいぶん難しくてレコーディングは手こずりました(苦笑)。この曲はRhythmic Toy Worldさんに楽曲提供をしていただいたのですが、歌詞がすごくストレートに表現されているので、等身大の自分で歌うことが出来ました。歌い込むほど、感情が表現しやすくなっているので、まだまだ成長していく曲だと感じています。

綾目夏向 不思議なタイトルなので色んな考察が出来るなと思いました。Twitterに『#今日もael』というタグがあって、ファンの方たちが俺たちの活動に関する感想などを書いてくれるんです。そこでも色々な解釈があって、俺たち自身が教えられる事も多いし面白かったですね。俺の個人的な解釈としては、この曲は“1人の人間の心の変化”を描いたすごく身近な物語だと感じました。

雫月Lee 振り付けは俺が担当しました。歌を引き立たせるパフォーマンスにしたかったので、あえてフォーメーションや大きな振りは入れずに、ステップに重点を置いて作りました。それと、歌詞の《正しさを欲しがった》という部分が、すごく自分と重なってドキッとしました。俺自身が“こうあるべきだ”とか、“本当はこうしたいのに、こっちが正しいのかな?”と正解を求めがちなところがあって。でも歌詞を読んで“そもそも正しさってなんだ?”と(笑)。自分で自分を縛らず、もっと自由でいたいと気づかせてくれた1曲です。

──全体を通してどんな作品になったと感じていますか?

綾目夏向 新しい見せ方、新しい表現、そして未来に向けて強く進もうとする気持ちなど、3曲を通してael-アエル-の変化を色濃く感じてもらえる1枚に仕上がりました!

ael-アエル-は個人主義だった!? 2回で自然消滅したライヴ前の円陣は信頼の証です(笑)

──では、ここからは3人のキャラクターにも迫りたいのですが、「舞幻」の歌詞に《合図》というワードが出てきますが、3人で決めている合図はありますか?

綾目夏向 なにかあったかな?

有光陽稀 無いかもしれないですね。実は俺たちはライヴ前の円陣すらしていないので(笑)。

雫月Lee でも、この前やったよ!

綾目夏向 鏡越しで円陣もどきみたいなのはやりましたね。でも、2回くらいで終わってしまいましたけど(笑)。

──あえての、こだわりがあるんでしょうか?

有光陽稀 やらないと決めているわけではないんですけど、わざわざしなくていいかなと思っていて(笑)。

綾目夏向 確かに俺たちにはグループの決めポーズもないので、なんとなく個人主義なのがael-アエル-の魅力かなと勝手に思っていました。

雫月Lee でも俺はやってみたくて、今話に出た鏡越しの円陣も、俺が「しよう」と声をかけたんです。でも、いつの間にか自然消滅しました。

有光陽稀 個性が豊かなだけで、決してが仲が悪いわけではないんですよ(笑)。ライヴ前に「お互いに頑張ろうね」と声は掛け合っているし、全員が「良いライヴにしよう」と思っているのは感じているので、信頼していれば円陣はしなくていいのかなと(笑)。

──信頼の証だと!

有光陽稀 はい! それと個人的な話をすると、ライヴでは俺が一番の“不安材料”なんです。

──不安材料ですか?

有光陽稀 俺からすると、2人に対してはライヴでも100%大丈夫という安心感があります。だからこそ、俺はこの2人に置いて行かれないように必死に……というか、今気がついたんですけど、自分自身がいっぱいいっぱいになって円陣にまで気がまわらないだけかもしれないです(笑)。SEが流れると“始まるヤバいヤバい”みたいな感じなので。

雫月Lee 俺たちからすると、全然不安材料ではないですけどね(笑)。

綾目夏向 円陣に関しては俺はどっちでもいいです。円陣をしなくても、お互いに自分のポジションに責任を持って頑張る。そのうえで、グループとしての一体感を作っていけたらいいなと思っているので。でも、Leeさんが悲しそうだから、円陣の掛け声とか、グループの決めポーズを作ります?

雫月Lee 優しい。俺は円陣とか決めポーズは共有したい派です!

有光陽稀 Leeさんの希望があるので、いつかまた円陣もトライしてみたいと思います(笑)。

ファッションのこだわりを聞かせて!

──この感じは随分先になりそうですね(笑)。みなさんの個性が見えてきたところで、ファッションのこだわりについても教えてください。

有光陽稀 俺は動きやすい服装が好きです。ジーンズは生地が固いから苦手なんです(笑)。以前は、革ジャンとかスタッズといったパンクロックテイストのものを好んでいた時期もあったんですけど、反動なのか一周回って今は大きめのパーカーとか、ゆるっとしたものが好きになりました。またブームは変わるかもしれませんが、今は楽でかわいいものがお気に入りです。

綾目夏向雫月Lee (お互いに譲り合って)どっちが先にいく?

有光陽稀 2人は譲り合い精神が強いんです。

雫月Lee 部屋に入る時も“先にどうぞどうぞ”ってお互いに譲り合ってしまうという。

有光陽稀 それで2人とも全然入らないから“どうしたんだろう?”って、後ろから俺が先に入っちゃうパターンです(笑)。

──あははは、最高ですね! この場合は指名したほういいですか?

雫月Lee 大丈夫です、俺がいきます! あまりファッションには詳しくないのですが、パーカーとかコーデュロイパンツが好きでシルエットがダボっとした感じのものをよく着ています。色使いは派手目で、たくさんの色を使っているけど、トータルで見たら完成されているというスタイルが気に入っています。小物も好きなんですけど、最近はカバンとかも黒より色付きの物を使うようになりました。

有光陽稀 Leeさんは、ブラウンとかベージュの服を着ているイメージがある。

綾目夏向 ありますねぇ。

雫月Lee 確かに。茶色と緑の“抹茶チョコ”みたいな組み合わせは好きかもしれないです(笑)。

綾目夏向 俺もあまりファッションに興味がなくて、性格的に効率主義なところがあるので、洋服を整理した時にかなり捨てました。今は同じ形の色違いとか、代えの効く黒が多くなりました。センスがあれば洋服を選ぶのも楽しいと思うんですけど、俺の判断ポイントは気温だけになっているかもしれない(笑)。でも、長年使うコートなどは、良いものを選んで着るようにしています。

《声量・音域・表現力》メンバー同士がお互いの“歌声”について魅力を解説!

──ここからは、みなさんの音楽面について、もう少し深堀りしていこうと思います。今回のシングルでは、3人の歌声の違いが印象的だったので、お互いの声質などを紹介してもらえますか?

有光陽稀 じゃあ右隣の人について話します?

雫月Lee 私はありみっちゃんですよね。彼の声は……(沈黙)。

有光陽稀 えっ、俺の声忘れちゃった!? 一緒にライヴやってるのに(笑)。

一同 あはははは

雫月Lee ごめん、ちょっと緊張しちゃって(笑)。ありみっちゃんの歌声は特に低音が魅力で、すごく低いキーまで出ます。ハスキーとか太いとはまた違って、歌声に深みがあるんです。それと声量があるので、ライヴで後ろから歌声が聴こえてくる時は、背中をブワーっと押されるような厚みや迫力を感じます。

有光陽稀 綾目は音域が広いので、俺とLeeさんが苦戦したパートも、綾目にお願いするとポンっと歌えてしまうくらい安定しているので頼りになります。それと普段からハキハキとした話し方をしていますが、歌声も凛としていて言葉を届けるのが上手なので、すごく聴きやすいですね。

綾目夏向 Leeさんの歌声は、ダンスにも通じるものがあって表現力があります。僕は、あまり歌声にニュアンスを乗せるのが得意ではないので、余計に魅力に感じるんだと思います。顔や動きの表情と同じくらい歌声にも変化があるし、言葉では伝えづらいのですが歌声がオシャレなんです(笑)。

ライヴでのダンスパフォーマンスは、その時限りのものだから出来るだけ見逃さないで欲しい!

──では最後に、ael-アエル-のもう1つの魅力であるダンスについて。普段から心がけていることはありますか?

綾目夏向 俺は体力と筋力があまりないので、練習でもすぐに疲れてしまいます。でも“ここで手を抜くと本番はもっとつらいぞ”と言い聞かせて、ヘトヘトの状態からが勝負だと思って頑張っています(笑)。それと、パフォーマンスを大きく見せたいと考えているので、練習の時からなるべく振りが小さくならないように心がけています。

有光陽稀 俺は、良くも悪くもその時の感情がパフォーマンスに出てしまうタイプなんです。だから気持ちがのらない時は、上手に踊れた時の喜びや、ライヴでみんなと共有した“楽しい”という気持ちを思い出すようにしています。特にライヴは、時間を共有してくれるファンの方たちの空気感を感じて、その時にしか出来ないパフォーマンスになっていると思うので、出来れば1回1回を見逃さないでほしいです!

雫月Lee ダンスをする上で楽しむことと、音を体で表現することを大事にしています。それと、特に振り付けを考える時に大事にしているのは、音楽が流れている間はダンスを止めないこと。動きを止めると、表現としての時間やリズムが途切れてしまう。だから曲が流れている間は、指先の小さな動き1つでもアクションを続けることで一貫した世界を見せられるように意識しています。

──雫月さんの振り付け指導は厳しいのでしょうか?

有光陽稀 教え方も上手いし、すごく優しいですよ。

綾目夏向 ダンスも臨機応変にアレンジしてくれるので助かっています。

雫月Lee 良かったです! 俺はダンスは楽しいものだと思っているので、無理強いをしてメンバーがダンスを嫌いになってしまうことが一番怖いんです。これからも楽しみながら一緒に進化していけたらと思っています。

Text:原 千夏

information

2021年4月7日リリース!4thシングル「舞幻」

初回限定版 タイプA


シングルCD+DVD
TECI-761
¥1,580(税抜価格 ¥1,436)
CD 収録内容
1.舞幻
2.Hope
DVD 収録内容
・舞幻-Music Video-

初回限定版 タイプB


シングルCD+DVD
TECI-762
¥1,580(税抜価格 ¥1,436)
CD 収録内容
1.舞幻
2.Hope
DVD 収録内容
・舞幻-メイキング映像-

通常盤


シングルCD
TECI-763
¥1,100(税抜価格 ¥1,000)
CD 収録内容
1.舞幻
2.Hope
3.赤は愛より出でて愛より赤し
4.舞幻 -instrumental-
5.Hope -instrumental-
6.赤は愛より出でて愛より赤し -instrumental-

発売記念 イベントサーキット ミニライブ&特典会~またキミニアエル~

4/6 19:00~ タワーレコード渋谷店 9F
4/7 配信ライブ & WEB特典会~WEBでもキミにアエル~
4/8 19:00~ HMV&BOOKS SHIBUYA
4/9 配信ライブ & WEB撮影会~WEBでもキミにアエル~
4/10 13:00~ タワーレコード渋谷店 B1
4/10 プレミアムLINEビデオ通話会~ LINEでもキミにアエル~
4/11 タワーレコード渋谷店 9F
オフィシャルサイトのスケジュールも併せてご確認ください。

ael-アエル-


< ael-アエル- とは >
空、天、空気。
a…all e…eternal l…love
all eternal love ~すべての永遠の愛~も込めて。
そして、また君に『会える…』

2019年7月24日に総合男装エンタメプロジェクト「dreamBoat」第二弾アーティストとしてシングル「終わりなきラプソディ」でメジャーデビュー。
2020年2月5日発売のセカンド・シングル「白幻」ではオリコン・デイリーチャート1位を獲得!
精度の高いダンス・パフォーマンスと魂揺さぶる歌声で、多くのファンを魅了する3人組男装エンターテインメントユニット。TOKYO IDOL FESTIVAL、@JAM EXPOなどフェス・イベントにも多数出演し、CIVALIZE・KINGLYMASKなどウェアブランドとの魅力的なマッチングもこなす。アイドルとしてはもちろん、自在でハイレベルなライヴステージにも高い評価を受ける実力派。

Official Site:https://www.ael-official.site/
Twitter:@ael_official_
Instagram:@ael_official_jp
TikTok:@ael_official_jp
Youtube:ael-アエル-公式チャンネル

読者プレゼント!


メンバーのサイン入りチェキをプレゼント♪
フォロー&RTで1名様にプレゼントします♡

①アカウントをフォローしてね!
「原宿POP」のアカウント

②こちらのつぶやきをRTしてね!

期限:4月13日(火)23:59

この記事を書いた人

原千夏
音楽雑誌の編集。会報制作。WEBインタビューを中心に執筆中。犬が好き。Twitter:@sauzamei

新着記事