清水翔太・加藤ミリヤ・青山テルマ・當山みれいとファミリーたちが集結。「Family Fes 2021」レポート!!

2021年09月11日 | ミュージック
長澤智典
Loadingいいね


同じプロダクションへ所属している清水翔太/加藤ミリヤ/青山テルマ/當山みれい。この4組が一堂に会し、7月1日と2日の2日間に渡り、イベント「Family Fes 2021」をパシフィコ横浜国立大ホールで行なった。 1年半ぶりの開催になったこのイベント、今年はどんな内容だったのか。ここでは、7月1日の公演の模様をお伝えしたい。

Mii

オープニングアクトとして登場したのが、Mii。彼女は気持ちを心地好くアゲるHIP HOP//SOULチューン「What You Say」にのせ、巨大な会場に熱を注ぎだした。切ない心模様を歌った楽曲とはいえビートが効いているように、曲調や歌声へ巧みに緩急した表情をつけながら、観ている人たちの視線をしっかりと引き寄せていった。
続く「I WANT IT NOW」でMiiは、身体を火照らせるレゲエ調の楽曲を歌唱。強烈なリズムと力強いラップやセクシーな歌声を魅力に、観ている人たちの身体を揺らしながら、この空間を「楽しい」という気持ちで染め上げてくれた。さぁ本番へ向け、いい感じで会場は温ったまったぞ!!

當山みれい

 「Family Fes 2021」のトップを切って登場したのが、當山みれい。美しいピアノの旋律に乗せ、彼女は胸の内から込み上げる思いを「 大嫌い」に乗せて歌いだす。その歌声は、少しずつ、少しずつ熱を上げてゆく。當山みれいの気持ちが切なさを増すごとに感情的な歌声になっていくのが、大きな会場にいてもしっかりと伝わってきた。演奏が進むにつれ熱を上げてゆく楽曲とは裏腹に、當山みれいの歌声には切なさが増してゆく。それくらい、気持ちが揺れてたということだ。
続いて披露した「願い~あの頃のキミへ~」は、當山みれい自身にとって「Answer」と同じようにターニングポイントになった楽曲。MCでは、「歌いながら自分で心が苦しくなる」と言っていたが、この日も、同じ気持ちを抱えながら歌っていたのだろうか。言葉のひと言ひと言をみずから噛みしめ、思いを強く込め歌う姿からは、確かに、この歌へ強い思い入れを持っている様が見えてきた。歌詞に込めた気持ちを心の奥底へと染み込ませるように歌う姿に、サビ歌で大きく感情を揺らしながら歌う様へ心惹かれるまま、いつのまにか當山みれいの歌世界にどっぷりと浸っていた。心の揺れに合わせ歌声も揺れ動くところも、魅力的だ。
「いろんなことを試してみたい」「今までとは違った當山みれいにチャレンジしたい」想いを胸に、最後に歌ったのが、幸せなカップルの心の変化を綴った「わけあって」。甘いメロウな歌声が、気持ちの変化に合わせ少しずつビターになってゆく様が、當山みれいの歌声から伝わってきた。温かい色がジワジワと広がりながらも、次第に色をくすませてゆく様に、彼女の卓越した表現力を覚えていた。哀しみを乗り越え、しっかり前を向こうとしてゆく心情など、1曲の中で移り変わる心模様を、當山みれいは歌声の絵筆でドラマチックに描き出していった。だから僕らは、そのライブを酔いしれながら見ていたのだろう。

青山テルマ

会場中に華やかな音楽があふれだすのに合わせ、2階ステージに、ダンサーたちを引き連れた青山テルマが姿を現した。彼女はバウンスしたHIP HOPナンバー「マダバカ」に乗せクールに、でも、挑発するようにラップをかましていく。とても攻めた姿勢だ。いつもの元気な姿とは異なり、楽曲という服を身にまとったとたん、それを戦闘服に変えてゆくところが青山テルマの真骨頂。挑戦的な姿勢がイカしてる。後半には、しっかりアゲアゲな表情に色を塗り重ねて攻めてゆくところも刺激的だ。
先のクールの姿勢から、思いきり大胆に色を塗り替えるように青山テルマが歌ったのが、おにぎりをテーマにした「ONIGIRI」だ。オリエンタルな旋律と強烈なビートが折り重なった楽曲の上で、青山テルマはクールにラップするのだが、その内容がオニギリだけに、頬がにやけてしまう。そして、観ている人たちの身体を大きく揺らしていったところは、流石だ。
続く「何度も」で青山テルマは、「何度も何度も キミを想って」と、とても温かい歌声で会場中の人たちをしっかり包み込んでゆく。強気な女性像も青山テルマらしい姿だが、恋する乙女の受け身な心模様を歌うときの青山テルマも、愛らしくて親しみを覚える。演奏が進むほどにグルーヴも、感情もアガりだす。そして…。
胸にじんわりと想いを染み渡らせるように青山テルマが歌ったのが、「そばにいるね」。ときに、胸に手を寄り添えながら歌う彼女の姿に、心がキュッと鳴った。会場中の人たちも手にしたペンライトを左右に大きく振りながら、青山テルマの歌声を恋の語り部にしながら、「そばにいるね」に描き出された世界ヘ心地好く落ちていった。
最後に青山テルマは、トロピカルなパーティチューンの「一生仲間」を歌い、会場中の人たちと気持ちを一つに繋ぎ合わせ、ふたたび心騒ぐ宴を作り上げ、満面の笑顔で歌うことを楽しんでいった。らしいよね、その姿が。そして、歌に込めた想いがさ。

加藤ミリヤ

この日の加藤ミリヤは、この会場を心晴れ渡る人たちの集うダンスホールに染め上げようと、「HEART BEAT」を冒頭に持ってきた。ミラーボールが、会場中に眩い光の粒々を降り注ぐ。その光の源になっていたのが、加藤ミリヤなのは間違いない。少しワイルドな様も含みながら、彼女自身が光と熱を発する存在と化し、観ている人たちを、もっともっとアガっちゃいなよと楽しく挑発してきた。とても華やかなパーティだ。じっとなんかしてられない。本当は声を上げたいところだが、今は難しい環境。だからこそ、誰もが大きく身体を揺らしダンスパーティへ参加することで、「僕らの、私たちのハートビートも止まらないよ」という姿勢を示していった。
加藤ミリヤは、力強い歌声やパフォーマンスを魅力に「UNIQUE」を歌いながら、高ぶるイケイケな気持ちを胸に、観客たちをさらに挑発してゆく。躍動するビートの上で、セクシーさも忍ばせながら力強い声で攻めるように歌う姿が、とても凛々しい。途中でラガビートに変化するなど、ドラマチックな展開を描き出す楽曲の魅力はもちろん。つねにパワフルな姿勢で歌う姿を通し、観ている人たちの心にもパワーを漲らせてゆく。凛々しくて、セクシーで、パワフルでと、その存在に触れ、同じよう熱くならないわけがない。まるでエネルギーの塊のようなパフォーマンスに、気持ちが強く強く惹かれていった。
 都会で生きる女性たちの心の内を記した「新約ディアロンリーガール」を通し、加藤ミリヤは想いを投げかけるように歌いながら、観客たちの感情も変わらず上げ続けてゆく。今宵はイベントのように短い持ち時間。だからこそ、しっかりと気持ちをアゲなから、その中へドラマを作りあげていく。そして…。
 三味線の音が猛々しく流れだす。飛びだしたのが、最新シングルの「この夢が醒めるまで」だ。メロウとクール、甘さと熱情、二つの表情を変幻する楽曲に合わせ巧みに示しながら、加藤ミリヤは、観ている人たちをスケール大きく情熱的な世界へと引き込んでいった。
 最後に加藤ミリヤは、これまで会いたくても会えなかった想いをぶつけるように。みんなを前にして歌えている今の喜びを愛情に変えて伝えるよう、高らかに「I miss you」を歌い上げていった。彼女自身の気持ちが高まるのに合わせ、演奏も、伝わる熱も上がってゆく。熱した彼女の想いに抱かれながら、同じよう熱く心揺さぶられずにはいれなかった。

清水翔太

「Family Fes 2021」のトリを飾ったのが、このイベントの仕掛け人の清水翔太。もともとは清水翔太の誕生日を祝うために始めたこのフェス。それを、定期的に開催してゆく形へ繋げてくれたのが嬉しいじゃない。
ライブは、ホンキートンクなピアノの演奏と絡み合うように「Feel Good」を歌う清水翔太のセッション演奏から幕を開けた。場末の音楽バーでジャムるような演奏は、これから華やかなパーティが始まる予兆のよう。清水翔太は、力強いピアノの演奏へ心地好く身を寄せ、その歌声を目の前にいる一人一人のハートにしっかり届けだす。その姿に触れながら、ワクワクした気持ちが沸きだした。
アタックの強いビートに乗り、清水翔太が、観客たちが、一斉に大きく手を振り出した。エレクトロでソウルフルなダンスナンバー「Friday」が流れだすのに合わせ、会場中が一気に華やいだ。心地好く身体を揺らしながら歌う清水翔太。演奏が、彼の歌声が熱を増すのに合わせ、そのパーティはどんどん力強さと華やかさを増していった。その中で、ときにクールに誘いかける清水翔太の姿に痺れてしまう。
会場へ訪れた人たちみんなの心へ寄り添うように、清水翔太は温かい想いを胸に、「みんなで一つに溶け合おうよ」と誘うように優しく「My Boo」を歌いだした。甘い誘いへ心がメロメロにとろけそう。今はただ、この会場に生まれた甘い誘惑に気持ちを奪われ続けていたい。清水翔太と一緒に、甘い甘い夢に浸ってたい。

MCでは、コロナ禍によっての延期も含め、前回の開催から1年半も待たせてしまったことへの清水翔太なりの想いを、みんなへ語っていた。

 次に披露したのが、7月21日に発売する最新アルバム「HOPE」に収録した新曲の「恋唄」。この曲、清水翔太が愛しい人へ告白してゆくように歌が紡がれてゆく。アコギを軸に据えた演奏には、優しい甘さも覚える。清水翔太は、愛しき人との恋の想い出を巡るように歌いながら、温かな愛情を持って、聞いている人たちの心をギュッと抱きしめてゆく。その言葉に触れていることが、今は素直に嬉しい。
これから始まる夏に向け次に披露したのが、「ナツノオワリ」。ひと夏の想い出を振り返る歌を、あえて、間もなく訪れる夏へ向けて歌うところが小憎らしい。夏という季節は、他の季節以上に心をわくわくさせる。そんな、ひと夏の出来事を語るように、甘く、でも、少しの切なさを抱きながら歌う清水翔太の声に触れ、ノスタルジックな雰囲気も覚えながら、少しの間「ナツノオワリ」の物語に浸っていた。

清水翔太も、話題の「THE FIRST TAKE」に参加。そこで歌った楽曲がふたたび脚光を浴びたという理由から、この場で、「THE FIRST TAKE」のときの空気を再現しようと、ピアノと歌声のみで「花束のかわりにメロディーを」を歌いだした。甘い歌声の中へいつも以上に気合と気迫を覚えるのは、清水翔太自身が歌と真正面から向きあい、真剣勝負を挑んでいるから。清水翔太の歌声も、ピアノの演奏も、寄り添うようにみせながらもガチでぶつかりあう。そこで生まれるパッションが、観ている人たちの気持ちをグッと引き寄せる。なんて力強く存在感あふれる歌のセッションだ。
最後に清水翔太は「Good Life」を歌いながら、会場中の人たちを心地好い大きな演奏で包み込んでくれた。場内中に大きく揺れるペンライトの波。舞台と客席にいる人たちが互いに寄り添いながら、心温まるグルーヴを作りだしていった。その空気に包まれていれることが嬉しかった。

コラボレート


アンコールでは、「Family Fes」だからこそ楽しめるコラボレートが次々登場。冒頭、清水翔太と加藤ミリヤが「Love Forever」を歌いながら2階ステージに姿を現した瞬間から、ときめく気持ちを抑えられなかった。ときに、互いに顔を見合せ歌えば、何より、ここにいるみんなと会えた喜びを謳歌するように歌う姿に、強く愛を覚えずにいれなかった。
続いて登場したのが、加藤ミリヤと青山テルマによる、アゲアゲでダンサブルなパーティラップチューンの「poppin’」。2人はクールにラップを決めつつも、次第にワイルドさを増しながらイケイケな姿でせまってゆく。2人のラップの掛け合いは、見ていてとても刺激的だった。
次に披露したのが、青山テルマと清水翔太によるバラードの「MONEY」。2人は階段に座りながらデュエット。甘い声に見せかけ、以外と攻めの姿勢を持った歌で、2人は観客たちを大きなグルーヴで包み込んでいった。そのうねりに、何時の間にかすっかり心は酔いしれていた。
最後は、清水翔太・加藤ミリヤ・青山テルマ・當山みれいの4人で、清水翔太のデビュー曲「HOME」を温かな想いを胸に歌唱。加藤ミリヤ・當山みれい・青山テルマ・清水翔太と歌を繋ぎながら、サビでは4人で美しくも心温まるハーモニーを作りあげてゆく。女性陣の美しいハーモニーに乗せ、清水翔太がフリーフォームで言葉を響かせるなど、4人の作りあげるとてもハートウォーミングでドラマチックなセッションへ一緒に気持ちを寄り添え、甘美なこのひとときを存分に味わっていった。

次は、何時「Family Fes」を開催してくれますか?このフェス、もちろん定期的に開催してくれますよね。

清水翔太


地元大阪のスクールでゴスペルを学び、ソウルミュージックに魅せられた事をきっかけに作詞・作曲、そしてアレンジまでこなす天才肌のシンガー/ソングライター。
時に力強く、時に儚く歌い上げ、感情豊かな歌唱からラップまでこなせる日本では稀有なマルチな存在だ。
2008年の2月にシングル「HOME」で華々しくデビューし、「君が好き」「366日」「DREAM」など数多くのヒットを連発。
その後も日本の音楽シーンのトレンドセッターとしての存在感を発揮し続けている。

Official Site:https://www.shimizushota.com/
Instagram:@s.shota0227
Twitter:@sshota0227
STAFF Twitter:@SHOTA_MOBILE
TikTok:@ZSJQgS1RF
YouTube:清水翔太 OFFICIAL YouTube CHANNEL

◆清水翔太 9th Album 「HOPE」
2021.07.21 (wed) Release
・初回生産限定盤(CD+DVD)※スリーブ仕様
品番:SRCL-11848~9
価格:¥4,500(tax in)
・通常盤(CD)
品番:SRCL-11850
価格:¥3,300(tax in)
CD予約URL : https://shimizushota.lnk.to/hope

ニューアルバム「HOPE」を携えた
全国ツアー「SHOTA SHIMIZU LIVE TOUR “HOPE”」開催決定
日程:
2021年10月15日(金)東京・東京国際フォーラムホールA
OPEN17:00/START18:00
2021年10月16日(土)東京・東京国際フォーラムホールA
OPEN16:00/START17:00
2021年11月17日(水) 大阪・オリックス劇場
OPEN17:00/START18:00
2021年11月18日(木)大阪・オリックス劇場
OPEN17:00/START18:00
詳細はHPをチェック https://www.shimizushota.com

加藤ミリヤ


1988年生まれのシンガーソングライター。2004年に「Never let go / 夜空」でデビューするとリアルで等身大な歌詞とメロディセンス、生きざまが支持され瞬く間に“女子高生のカリスマ”として注目を集めた。
ファッションデザイナーとしても活躍する彼女の髪型やメイク、ファッションを真似する“ミリヤー”現象を巻き起こし、『VOGUE JAPAN WOMAN OF THE YEAR 2010』に選ばれる。現在は小説家としても才能を発揮。
デビュー10周年を経て、現在も現代女性の愛や葛藤を歌い続け、“時代の代弁者”と呼ばれている。

Official Site:https://www.miliyah.com
Twitter:@MILIYAH_MILIYAH
Instagram:@miliyahtokyo
YouTube:加藤ミリヤ Official YouTube Channel

3年ぶりの11枚目のオリジナルアルバム「WHO LOVES ME」10月13日発売決定!
様々な「愛」を表現した楽曲がここに集結!!
▼商品情報
「WHO LOVES ME」
2021年10月13日(水) Release
初回生産限定版[CD+DVD/アートブック]
DVD:MILIYAH BIRTHDAY BASH LIVE 2021 Director’s Cut
【SRCL-11903-4】6,000円(税込)
通常版[CD]
【SRCL-11905】3,300円(税込)

青山テルマ


多数アーティストの楽曲に参加を経て、2007年にシングル「ONE WAY」でメジャーデビューを果たす。
SoulJaとフィーチャリングしたシングル「そばにいるね」が大ヒットし、『第50回 日本レコード大賞』『第23回 日本ゴールドディスク大賞』など数多くの賞を受賞。
包み込むような柔らかさを漂わす声質が特徴的。キュートな容姿を備えつつ、鮮明かつパワフル、そして感情豊かな歌声を絶妙にコントロールする。実力派シンガーである。
また、ファッションや写真、アートと多趣味であり、そのセンスは同年代の女性から支持されている。

Official Site:https://thelma.jp/
Instagram:@thelmaaoyama
STAFF Twitter:@thelma_staff
TikTok:@thelma_aoyama

自身の誕生日に3年ぶりのニューアルバムをリリース!!
自身の誕生日10月27日に3年ぶりとなるニューアルバム『Scorpion Moon』をリリースすることが決定。
アルバムには、本日Zepp Tokyoで開催されているFamily Fes 2021で初披露されたクィアアーティストAisho Nakajimaを迎えた最新曲「Yours Forever feat. Aisho Nakajima」、デジタルシングル「1LDK」「生きてるだけでご褒美」、『TOKAIRADIO ONE ARTIST 2020!』として東海ラジオで1年間パワープレイされていた「daijyobu」など収録予定。
CDのみの通常盤のほか、Music Video、ライブ映像などを収録したDVDが付属した初回限定盤の2形態での発売。
是非、チェックしてください。

<リリース情報>
タイトル:Scorpion Moon
発売日:2021年10月27日
初回限定盤(CD+DVD):UPCH-7602 / 税込み¥4,730(税抜き¥4,300)
通常盤(CD): UPCH-2234 / 税込み¥3,740(税抜き¥3,400)
内容:
DVD:
Music Video、ライブ映像など
CD:
・Yours Forever feat. Aisho Nakajima
・1LDK
・生きてるだけでご褒美
・daijyobu ※東海ラジオ『TOKAIRADIO ONE ARTIST 2020!』
など全10~13曲収録予定

當山みれい


サブスク総再生回数1億回越え、Z世代の等身大を歌う、大阪出身現在22歳の女性R&Bシンガー。
2020年11月には、配信シングル「いやいいや」をリリース。
Music VideoにはABEMAの人気恋愛リアリティ番組「オオカミちゃん」シリーズ「今日好き」に出演していた、石川翔鈴・大原 梓・杉本愛里・福山綾水が出演し、楽曲と併せて大きな話題となった。ティーンからの圧倒的な支持を誇る “サブスク世代の歌姫”である。

Official Site:https://touyamamirei.com
Twitter:@teammirei
STAFF Twitter:@teammirei_staff
Instagram:@touyamamirei
TikTok:@touyamamirei
YouTube:當山みれい OFFICIAL YouTube CHANNEL

「當山みれい LIVE HOUSE TOUR 2020」愛知公演
<再振替後>
日程:2021年9月25日(土) open18:30/start19:00
会場:ell.FITS ALL
※会場が変更となっておりますのでご注意ください
前売 全自由 ¥3,800 (税込・入場時別途ドリンク代)
当日 全自由 ¥4,300 (税込・入場時別途ドリンク代)
※整理番号順入場
「當山みれい “still” Acoustic Special Live 2021」愛知公演
日程:2021年9月25日(土) open15:30/start16:00
会場:ell.FITS ALL
全席指定 ¥3,000 (税込・入場時別途ドリンク代)
チケット発売情報はオフィシャルHPをご確認ください。
<當山みれいオフィシャルHP>
https://touyamamirei.com

Mii


1996年生まれ、兵庫県出身のシンガーソングライター。
2018年7月、清水翔太楽曲提供によりシングル「What You Say」でソロデュー。国内外でのイベントにソロで多数出演している。
3歳から培った、ダンス・歌唱力を武器に、小悪魔的な美貌を兼ね備え、国内外でのイベントに出演し、注目を集めている。

Official Site:https://mii-web.com
Twitter:@mii_dd
Instagram:@helloimmii
TikTok:@miiofficial
Mii Original Brand:https://www.instagram.com/theroyal96.jp/

この記事を書いた人

長澤智典
音楽を中心に執筆中のライター。「あなたのため」に頑張ります。 twitter @nagasawatomonor Web http://vues.jp/

新着記事