「衝動的S/K/S/D」は、でんぱ組.inc史上、最もパンキッシュで電撃的な楽曲!チャペの泉 from でんぱ組.inc (藤咲彩音・愛川こずえ・小鳩りあ)にインタビュー!

2021年09月30日 | インタビュー
長澤智典
Loadingいいね


 でんぱ組.incが最新シングル「衝動的S/K/S/D」を発売した。でんぱ組.inc史上、最もパンキッシュで電撃的な楽曲だ!!この作品には、でんぱ組.incのスピンオフユニットのねもぺろ from でんぱ組.incと、チャペの泉 from でんぱ組.incの楽曲も収録。
今回、HARAJUKU POP WEBの取材にチャペの泉の3人(藤咲彩音・愛川こずえ・小鳩りあ)が登場してくれました。彼女たちを通し、最新シングル「衝動的S/K/S/D」の魅力を紐解きます。

電波ソングと呼ばれたでんぱ組.incの昔の楽曲を掘り起こし、その良さを伝えてゆくのがチャペの泉。


──今回、チャペの泉のメンバーたちが集まってくれました。せっかくの機会なので、まずはチャペの泉の魅力から聞かせてください。りあさん、チャペの泉を始めたことで、気持ちにどんな変化が生まれてきましたか?

小鳩りあ もともとでんぱ組.incが大好きでアルバムまでしっかり聴いていたから、チャペの泉を通して昔のでんぱ組.incの曲たちをカバーさせてもらっていることが、すごく嬉しいというか、ありがたいなという気持ちです。

──チャペの泉というスピンオフユニットを始めことは、嬉しい刺激になっています?

小鳩りあ でんぱ組.incのメンバーには他のユニットやグループと兼任した活動をしているメンバーたちも多く、わたしもでんぱ組.incとは別に、何かユニット活動が出来たらな…と思っていたから、チャペの泉の活動は嬉しいです。

愛川こずえ そこは、わたしも一緒。ですが、始める前はうまく兼任をこなせるのか、自分では図りかねる部分が正直ありました。チャペの泉は「でんぱ組.incの良さを伝える」ことがコンセプトなので、わたしはそこに嬉しさを覚えながら活動をしています。

──実際にチャペの泉としてもライブ活動を行なっていますけど。ファンのみなさんの反応は、どうですか?

愛川こずえ チャペの泉は、電波ソングと呼ばれていた頃のでんぱ組.incの楽曲をカバーさせていただいていることもあって、ファンの方々には喜んでもらっています。結成を発表し、ライブで楽曲を初披露したときも、「あの曲を歌ってくれるんだ、嬉しい!!」という声も多くいただきました。何より、ファンのみなさんが明るい気持ちで応援してくださる気持ちが伝わってくるから、ライブをやるたびに嬉しさを覚えます。

──ピンキーさんの、チャペの泉への想いも聞かせてください。

藤咲彩音 もともとユニットをやっていた経験はありましたが、でんぱ組.incの楽曲をカバーするスピンオフユニットは初めて。最初は割と責任が重い印象もありました。でも、活動をしていく中で、電波ソングと呼ばれた昔の楽曲を掘り起こし、その良さを伝えてゆくというのは素晴らしい企画だなぁと感じるようになりました。それこそ、わたしがでんぱ組.incへ加入して間もない頃の曲もあれば、加入前の5人メンバーだった頃の楽曲も掘り起こすこともあり、活動していて純粋に嬉しいし、楽しんでいます。

──過去の楽曲を掘り起こしたことで、改めて過去曲の魅力も再発見してゆく企画にもなっているようですね。

藤咲彩音 そうなんです。わたしがでんぱ組.incへ加入して今年で10年経ちます。その10年の中でさえ、時代や活動の流れに合わせ曲の雰囲気や感触も変わってきたなと改めて実感しましたね。わたしが加入した当時と今の楽曲を聞き比べると、けっこう違いますからね。

──確かに、そうですよね。

藤咲彩音 以前のでんぱ組.incの楽曲と比べて今は、電波ソングの裾野がどんどん広がっていて、色々な音楽ジャンルの楽曲を歌うようになって。わたし自身改めて「あっ、こんなに素敵な萌えソングがでんぱ組.incにはいっぱいあったんだ」とちょっと懐かしくも感じています。チャペの泉の活動は、やっていて本当に楽しいです。

──りあさんも、昔の曲を歌うのは新鮮ですか?

小鳩りあ 新鮮というか、もともとすごく好きで聴いていて、勝手に歌っていたくらいで…今はでんぱ組.incのメンバーですが、スピンオフユニットのチャペの泉を通してでんぱ組.incの電波ソングを歌えるのって、嬉しいのと同時に、なんか不思議な感覚です(笑)。

──でんぱ組.incの曲を3人で再現となると、ちょっとした変化も生まれるんじゃないですか?

小鳩りあ 当時の振り付けも残しながら、チャペの泉用にと、新たに振りを付けている面もあります。そこで上手く、チャペの泉らしさを出せたらいいなと思っています。

──りあさんが感じている、チャペの泉の良さって何ですか?

小鳩りあ チャペの泉はメンバーが3人と比較的少人数ユニットなので、仲が深まるのが早かったから、そこがいいなぁと思っています。ユニットを組んでからよくお話しするようになったし。

藤咲彩音 大人数のでんぱ組.incと、3人というチャペの泉では、一緒にいるときの雰囲気が異なるのも当然だと思っています。この2人とはともに過ごす時間も多いから、自然と話す内容も濃密になっていきますし、とても仲良くなりましたね。

愛川こずえ チャペの泉として活動を始めたのが5月からなので、実際にはまだ4ヶ月しか経ってないんですが。もう3年ともに活動しているくらいの安心感や安定感があるから、一緒にいて心強いです。
わたしは、チャペの泉の活動は、とにかく新鮮で楽しい気持ちでいっぱいです。それこそピンキーちゃんがでんぱ組.incへ入る前の楽曲にまで遡ると、正直知らない歌もいろいろありましたが、それを歌えていることが嬉しいんですよね。振り一つとっても、昔の振りへ今の感覚を組み込んでいたり、平成と令和を融合しているような感覚があって、そこもチャペの泉らしさだなと感じています。

「愛♡舞☆ミライ!」は、「王子様に幸せにしてほしい、キュルルンッ♡」みたいな感じの内容。

──チャペの泉は、シングル「衝動的S/K/S/D」の中へ、「愛♡舞☆ミライ!」というチャペの泉として初のオリジナル曲を収録しました。この曲についての印象も聞かせてください。

愛川こずえ 楽曲自体はけっこう賑やかというか、わちゃわちゃ楽しい曲調だから、歌いながらわくわくしますね。歌詞は昔の電波ソングらしさが詰まった「恋する女の子の可愛らしい歌」です。

──「愛♡舞☆ミライ!」の歌詞には、共感を覚えていました?

愛川こずえ 正直、あまり身近ではないですけど(笑)。前シングル「プリンセスでんぱパワー!シャインオン!」の中には、「王子様が迎えに来るなんて幻想。自分の幸せは自分でつかみ取れ」という表現がありました。「愛♡舞☆ミライ!」は、その歌詞とはまったく逆で、「王子様に幸せにしてほしい、キュルルンッ♡」みたいな感じの内容なんです。自分はそういう風に思ったりはしないからこそ、そう思って生きていくのも、なんか夢があって素敵だなと受け止めています。

──りあさんの「愛♡舞☆ミライ!」の印象も聞かせてください。

小鳩りあ わたしの電波ソング全般に対する印象なんですが、1回聞いただけじゃ意味をつかみきれない奥深さが歌詞にあるなと。その歌詞を、「これは、こういう状況かな?」と読み解くところにも楽しみ方があると思うんですね。「愛♡舞☆ミライ!」もまさに、そういう謎の深い歌詞だなと思いました。

藤咲彩音 確かに「愛♡舞☆ミライ!」の歌詞って、「プリンセスでんぱパワー!シャインオン!」とは間逆の世界観。以前のわたしは、曲をいただくたびに「どれだけ自分のボイスをキャラクターへ寄せられるか」を考えて歌っていたんです。でんぱ組.incの曲を歌うときは、いつも曲に登場する子に合わせ声の年齢を変えていました。だけど、最近のでんぱ組.incの歌では、年齢を意識することよりも、歌詞に寄り添いながらいかに自分らしさを出していくかを意識してレコーディングをしています。今回の「愛♡舞☆ミライ!」に登場する女の子はすごく可愛い乙女心を持っているので、この曲の中でのわたしは年齢15歳くらいの可愛らしい声を意識しています。

──歌詞に「ぬくもりの温度って40℃くらい?」という歌詞が出てきます。みなさんの心の温もりは何十度くらいですか?

藤咲彩音 えーっ、ちょっと自分の温もりの温度はわかんないかも…。2人の温もりの温度をいうなら、平熱くらいだと思います。でも、2人ともヲタクだから、好きなことに対してはガンッと熱が上がり38度くらいになる印象です。

──お2人も、同じ質問になりますが…。

愛川こずえ 2人とも、温もりの温度は38℃よりも高い気がする。りあちゃんは、ちょうど38℃くらいのじんわり温かい温もりかなぁ。ピンキーちゃんは、割と高そうで40℃くらいな気がする(笑)。でも、40℃って、お風呂のお湯として考えたらちょうどいい温もり加減かなとも思う。

小鳩りあ こずこずの平熱は36.5℃くらいで、ピンキーさんの平熱は35℃台。でも、2人とも温もりを持った心の温度となると38℃くらい。わたし、ちょっと温めのお風呂が好きだから、そう思うのかも知れない(笑)。

「衝動的S/K/S/D」をライブでやっているときは、とにかく全力疾走だからね。

──ここからは、表題曲の話に移りたいなと思います。「衝動的S/K/S/D」、かなりぶっ飛んだ楽曲になりましたね。

愛川こずえ もうぶっ飛び過ぎてて、「愛♡舞☆ミライ!」との温度差がすごいです(笑)。

──みなさん、「衝動的S/K/S/D」を聞いたときの印象を聞かせてください。

藤咲彩音 「衝動的S/K/S/D」は、でんぱ組の曲をたくさん手がけてくださっている玉屋2060%(Wienners)さんに作っていただきました。最初に聞いたとき、「あっ、こういうテイストで来たか」と。がっつりのロックナンバーで、玉屋さん節もめっちゃ入っていますよね。わたし、玉屋さんのやっているバンドWiennersの楽曲も好きで、個人的にライブを観に行ったりもしているので「あっ、Wiennersに近い感じの曲が来たんだぁ」と嬉しくなりました。この曲、歌う側も全力疾走していくから、かなりライブの体力消耗度が高いんです。ライブを観てくださる方々も、この曲はめっちゃ熱くなれるし、めっちゃ体力を使う楽曲にもなっていると思います。

愛川こずえ もともとバンドサウンドが好きなのもあって、わたしも楽曲をいただいたときから「すごく好き」という印象でした。実際に、聞いていてどんどんテンションが上がっていく曲ですからね。ライブでも本当にいい汗搔ける楽曲だと思います。この曲、最初から全力で走り続けるんですけど、最後に「回れ回れくるくる回れ」と、「プレシャスサマー!」を彷彿とさせる、とてもでんぱ組.incらしい終わり方をしていきます。これまでのでんぱ組.incにはなかったような激しいロックサウンドで来たかと思ったら、最後にしっかりでんぱ組.incらしい形で終わらせていくところが素敵だなとわたしは思いました。

小鳩りあ わたしも最初聞いたときは、「すごくロックしていて格好いい」と思いました。だからこそ、それに負けないように格好よく歌わないといけないなと思いました。わたしは、強く歌うのは得意ではないほうだから、そこはレコーディングでも頑張りました。

──この曲、すでにライブでも披露しているんですよね。かなり体力の消耗度も…。

小鳩りあ この曲をライブでやると、気力も体力も全部持っていかれます。それくらいエネルギーを使い切って表現しているからこそ、その気合いぶりを観てほしいし、お客さんも同じように気力と体力を使い切る気持ちで楽しんでほしいなと思います。

愛川こずえ 「衝動的S/K/S/D」をライブでやっているときは、とにかく全力疾走だからね。

小鳩りあ そう。息継ぎせずにプールで50mを全力で泳いだくらいの力が必要です。今は、ライブでも最後に披露しているんですが、この曲を歌うための体力を温存しながら、最後にこの曲へすべての体力をぶつけています。

愛川こずえ 「衝動的S/K/S/D」は気力も体力も全部出し切る勢いでやらないと、この曲のパワーに負けちゃうんですよ。もしこの曲を1曲目に歌ったら、その後の曲たちがどうなっちゃうのか、今はまだ想像がつかないです。

──こずえさん、「衝動的S/K/S/D」の歌詞をどんな風に捉えています?

愛川こずえ 最近のでんぱ組.incにはいろんな変化が多かったから、ファンの方々がその変化についていけるのかなと心配に思うこともありました。「衝動的S/K/S/D」の歌詞で「そんじゃお先!勝手にenjoy」とあるんですが、「こっちはお先に進んでenjoyしてるから、みんなもついてこいよ」と攻めの姿勢ながらも熱く呼びかけるような感じなのかなと。そこは今のでんぱ組.incの姿勢に合っているのかなと思うし、今の私たちが歌うからこそ意味のある曲だとも思っています。

──ピンキーさんも、「衝動的S/K/S/D」の印象を聞かせてください。

藤咲彩音 ライブで歌うときは、とにかく気合が入ります。今はまだ上手く体力の分散方法がつかめずに、本当にずーっと全力で歌っておどっての状態でいます。そのときはズーッと無我夢中なんですけど。いつもマラソンでいう32km地点くらいで、ふっと一瞬我に返るんですね。そこで「あっ、まだまだだ」とちょっと絶望しながら(笑)、必死に体力の限界へ挑む気持ちで走り続けてるから、歌い終わると本当に体力がなくなっちゃってます。今はまだ慣れてないという理由もあるかも知れませんが、それでも「衝動的S/K/S/D」をライブで100%の力で歌い躍っても「ぜんぜん大丈夫」となれたら、そのときは自分が超人になれたんだという証になるのかも知れません(笑)。

「玉虫色ホモサピエンス」は、最初からヒャダインさんがその子に合わせて歌詞を書いて、その子に当てはまるパートを歌割りしています。

──2曲目には、前山田健一さんの手による「玉虫色ホモサピエンス」を収録。歌詞に書いてある女の子の心の本音のような言葉は、3人も「わかる!!」という印象ですか?

藤咲彩音 「わかる」というか、わたしたちのことを書いてくださっている曲なんだろうなって思います。わたしで言うと、走るのが好きなので「とりあえず 走ってたいんだわ 光る汗! 筋肉喜んでるよ!」はまさに自分のことだなと思います。あと「ボンキュッボンだけじゃないの これもセクシー」も…わたしは身体が細いから露出担当には向かないんですけど(笑)、それでも「これもセクシーさの一つなんだよ」とあちこちで言っていたから、それが反映されたのかなと思いました。

──「玉虫色ホモサピエンス」では、表立って口には出せないようなことを、かなりズケズケと言ってる内容が多くないですか?

藤咲彩音 本当に、口に出して言えないようなことを言ってますからね。こずえちゃんの歌ってるところも、そのまんま気持ちが出てるよね。

愛川こずえ 「今日の共演者〇〇さんだってー よっしゃ この業界入って良かったー」と歌ってます(笑)。わたし、Hello! Projectさんに憧れてアイドルになったから、TIFや@JAMなど大きなイベントで憧れのグループさんと共演できると天国にいるみたいに気持ちになれるんです。感情移入して歌ってますね。
個人的に、「そうだな」と思えるのが、梨紗さんの歌っている「裏表あることが「汚れている」だなんて ずいぶん無菌状態でお育ちになられたのね」の部分。それってアイドルに限らず、人間誰しも裏と表の顔を持ってるというか、みんなに見せてる顔と心の中で考えてることって違うじゃないですか。そういう人としての本心を梨紗さんが綺麗な歌声で歌ってゆくところが、すごく好きです。

小鳩りあ 「玉虫色ホモサピエンス」は、最初からヒャダインさんがその子に合わせて歌詞を書いて、その子に当てはまるパートを歌割りしているんですね。わたしは、「あざといとか言われても ねえ そりゃそうでしょ まあ狙ってるわけだしー」と歌っています。それまでのわたしは、まわりからどう見られてるのかわからなくて、それで一時期悩んだこともあったんです。改めて歌詞を通してヒャダインさんにそう書いていただけたことで、「あっ、わたしってこんな風に見えてるんだ」「わたしはこういうキャラで見られてるから、こういう風に振る舞っていいんだ」と、むしろ気持ちがスッキリしました。

清竜人さんがファーストキッスの相手に…という世界観など、その衝撃度はねもぺろにしか表現できない歌だと思っています。

──シングルには、ねもぺろ from でんぱ組.incによる「ファーストキッスは竜人くん♡ feat. 清 竜人」も収録しています。

藤咲彩音 この曲を初めて聞いたときに「ワォ!!」という言葉が出てきたくらい、すごかったです。これまでも、ねもぺろは、でんぱ組.incでは表現してこなかった面を歌ってきています。今回も、ねもぺろらしさを持ちながらも、また今までとは違った路線を持ってきたから、良い意味ですごくショッキングな映像を見たようにビックリしました。わたし、この曲を電車の中で初めて聞いたんですけど、衝撃的すぎて思わず声が漏れちゃったくらい(笑)。ねもぺろが清竜人さんに憧れて…という世界観など、その衝撃度はねもぺろにしか表現できない歌だと思っています。

──もし、この曲をチャペの泉で歌ったら…。

藤咲彩音 絶対に困惑してたと思う(笑)。同じグループなのに、メンバーの組み合わせによって、こんなにも色が違うのも不思議だし、そこがでんぱ組.incの面白さだと感じています。

秋冬に向けてのファッションは…。

──最後にひとつ、ファッションメディアらしい質問を。秋冬に向けけて、どんなファッションをしたいかを教えてください。

藤咲彩音 自分のファッションスタイルがあんまり確立していないというか、あまりジャンル分けしていないんです。それこそ、メンズ服から可愛い系の服まで、いろんな服を着るのが好きで、秋冬は、いろんなニットベストをゲットしたいなと思ってます。それをタートルネックやTシャツに合わせたり。この秋冬は、何か足したときに面白くなるアイテムに挑戦してみたいです。

小鳩りあ ふわふわしているニットとか好きなので、秋冬は本当に好きな服がいっぱい着れて嬉しいなって思うんですけど。最近、MIKIO SAKABEさんとでんぱ組.incのコラボシューズが出たんですよ。だからそのシューズを履けるような、ちょっとボーイッシュな恰好もしてみたいなと思っています。

愛川こずえ もともと私は、綺麗めのお姉さんみたいな服が好きなんですけど。ちょうど去年の今くらいの時期から、TシャツかロンT、パーカーなどカジュアルなお洋服に興味が出てくるようになって買い始めています。でも、まだそんなにカジュアルなお洋服を持っていないし、まだまだ着こなせていないなと思うところがあるので、秋冬に向けパーカーや羽織りとか、カジュアルな方面もいろいろ研究してゲットしたいなと思っています。

TEXT:長澤智典

「衝動的S/K/S/D」


2021年9月22日(水)発売
でんぱ組.inc New Single「衝動的S/K/S/D」
TFCC-89712 ¥2,200円(税込)

<収録曲>
01.衝動的S/K/S/D
02.玉虫色ホモサピエンス
03.ファーストキッスは竜人くん♡ feat. 清 竜人 / ねもぺろ from でんぱ組.inc
04.愛♡舞☆ミライ! / チャペの泉 from でんぱ組.inc
05.衝動的S/K/S/D (Instrumental)
06.玉虫色ホモサピエンス(Instrumental)
07.ファーストキッスは竜人くん♡ feat. 清 竜人 (Instrumental) / ねもぺろ from でんぱ組.inc
08.愛♡舞☆ミライ! (Instrumental)

でんぱ組.inc


2007年にオープンしたライブ&バー「秋葉原ディアステージ」で働く、アニメ・漫画・ゲームなど、自分の趣味に特化したコアなオタクのメンバーを中心に結成。「萌えキュンソングを世界にお届け」のキャッチフレーズで、秋葉原を中心に2010年頃より活動を本格始動。数々のメンバーチェンジを経て現在は古川未鈴、相沢梨紗、藤咲彩音、鹿目凛、根本凪、愛川こずえ、天沢璃人、小鳩りあ、空野青空、高咲陽菜の10人組ユニット。

アイドルとしては異例の東京コレクションでMIKIOSAKABEとのコラボレーション・ライブ出演や、ロシアでの村上隆個展でのオープニングアクト、蜷川美花作品へのモデル出演をはじめとして、様々なクリエイターとのコラボレーションを活発に展開し、国内のみならず海外からも注目を集め、台北やジャカルタでのファッションイベントにも参加。2013年にはJAPAN EXPOに日本代表として出演。2014年度は東アジア文化都市2014横浜親善大使を務めた。2015年はワールドツアーも敢行。MTV「ワールド・ワイド・アクト賞」の日本部門「ベスト・ジャパン・アクト」のウィナーに。今までに日本武道館や代々木第一体育館、幕張メッセなどアリーナクラスのライブも長年に渡って行なってきた。
2020年にはコロナ禍の中、SNS上での呼びかけに応じたクリエイターがたった8日間で作詞・作曲・編曲・演奏・MV制作までを行った「なんと!世界公認 引きこもり」を発表し、前向きなメッセージをファンに届けた。2021年11月16日には、でんぱ組.incの代表曲「Future Diver」リリース10周年をむかえる。

Official Site:https://dempagumi.tokyo/
Twitter:@dempagumi
Facebook:でんぱ組.inc/Dempagumi.inc
YouTube:でんぱ組.inc

この記事を書いた人

長澤智典
音楽を中心に執筆中のライター。「あなたのため」に頑張ります。 twitter @nagasawatomonor Web http://vues.jp/

新着記事