デビューシングルは「ザ・可愛い」という作品であり、聞いてて気分がすごくアガっていくので、ぜひ女の子の持つ可愛らしさを感じてください。

2021年11月19日 | インタビュー
長澤智典
Loadingいいね


その名前に相応しい、キラメキを放つ7人の魅力的な女性たちが集まったグループがシンデレラ宣言!。11月17日にポニーキャニオンよりトリプルA面シングル「シンデレラ宣言!/朝顔シャングリラ/はにかみサンセット」を発売し、メジャーデビューしました。今回はメンバーたちに、デビューシングルとグループの魅力を伺いました。

シンデレラ宣言!の活動を通して得た手応えや思い。

──シンデレラ宣言!として活動を始めてから、11ヶ月経ちました。まずは、ここまでの日々を振り返っての思いから聞かせてください。

YUME


YUME わたしは途中からメンバーとして加わったから、活動自体は実質半年くらいになります。もともと北海道でアイドル活動をしていたけど、東京で活動を始めることに正直不安もありました。実際に上京した頃も、人の多さや時代の流れの速さに驚くことが多かったです。でも、メンバーはみんな優しいし、面白い方々ばかり。今や家族のように多くの時間を過ごし、お仕事も楽しくしています。個人的には、北海道で活動している頃には少なかった大きなアイドルイベントへの出演をいろいろ経験できていることも嬉しいです。

■YUME(木村夢叶)
Twitter:@yumekacyan
Instagram:@yuyuyucyan__
TikTok:@nyanyannn__

NUU


NUU わたしも途中からメンバーに入った一人で、活動から半年ほどの日々を過ごしました。わたしは中学生の頃からずっとアイドルに憧れていて、SNSを通した活動も積極的にやってきました。ただ、山梨県出身なんですけど、SNSに自分の顔を出して投稿をしていると田舎あるあるでけっこういじられるんですね。それによってつらい経験もいろいろして、アイドルになる夢をあきらめそうになったこともあったんですけど。こうやってアイドル活動をしている今、あきらめずにいて良かったなと思っていますし、あの頃悩んでいたのも小さいことだったなと受け止められるようになりました。
今でも人前でお話をするのに苦手意識はありますけど、成長を感じているからこそ、このまま自分を伸ばし続けていきたいなと思っています。

■NUU(ぬう)
Twitter:@nuu_00000
Instagram:@nuu.00000/
TikTok:@nuu.00000

CHINA


CHINA 最初、シンデレラ宣言!はYUNA・SUZU・RICO・HARUとわたしの5人で活動を始めました。この中でアイドル経験があったのがYUNAだけで、わたしも他の子たちもアイドル活動は初めて。知識も何もないところから始めたので、不安がいっぱいでした。それに、表から見えない部分にもたくさん大変なことがあるんだというのは、アイドル活動をやり始めてわかったことです。
間もなく活動を始めてから1年経とうとしていますけど、まだまだ成長過程の状態です。もちろん、活動を始めた頃に比べたら立ち振る舞いもつかんできましたし、楽しくライブ活動もできるように成長してきました。つらい経験もたくさんありましたけど、それ以上に楽しいと思えることが多いからここにいますし、今じゃ自分の見せ方にもしっかり意識を向けられるようになりました。

■CHINA(ちなぴぴ)
Twitter:@dream__0717
Instagram:@dream___0717/
TikTok:@dream____0717

RICO


RICO わたしは中学受験で地元名古屋の私立学校へ入学して以降、ずっと決められた道を進み、名古屋の実家から一度も外へ飛びだしたことがありませんでした。このままOLとして代わり映えのない人生を送って、とくに冒険するようなこともないと思っていました。
だけど今回、シンデレラ宣言!へ参加するチャンスをつかんだとき、気持ちが大きく動きました。芸能活動って将来の保証もなければ、不安定な面もあるじゃないですか。だから興味はあったけど、その一歩を踏みだすかはすごく悩みました。でも、参加したことで、普通に過ごす人生じゃ経験できないことも多く積み重ねてきましたし、このお仕事の道へ踏みだして良かったなと思っています。
わたし、シンデレラ宣言!のメンバーとして活動するために、今までの人生を捨てる覚悟で上京したんですね。これまでの人生の中でも一番大きい、とても勇気のいる決断でしたけど、その選択は間違いじゃなかったなと感じています。

■RICO(りこたにえん)
Twitter:@ricotanien
Instagram:@ricotanien
TikTok:@ricotanien
 

HARU


HARU 未経験の中でアイドル活動を始めて、ダンスもまったくやったことがなかったから、覚えるのにすごく苦労した思い出があります。メンバーの中でも振りの覚えが遅かったから、ライブデビューへ向け短期間で7曲を覚えなきゃいけない状況へ陥ったときは、他のメンバーに本当に助けられました。とくに、当時唯一のアイドル経験者だったYUNAは本当に頼りにしていました。
アイドル活動自体以前からここへ至るまで、いっぱいつらく、大変な経験を重ねてきました。みんなで一丸となり乗り越え続けてきた結果、メジャーデビューというところまで辿り着けて、本当に良かったなと思っています。
今でも人前に立つと緊張しますけど。たくさんの揺れるペンライトの光や、みんなが応援してくれる姿を見続けてきたことで、今はライブ自体をすごく楽しめる自分になれています。

■HARU(茄子はる)
Twitter:@Nasu__haru
Instagram:@nasu_haru_412
TikTok:@nasu_haru_0412

SUZU


SUZU わたしはそれまでアイドル活動をやる意識がまったくなかったから、このチャンスを得たときにすっごい悩みました。わたしは関西出身で、大阪が大好きだから、ここから離れる気持ちがまったくなかったのも理由の一つにありますけど。ただ、インフルエンサーとして活動をしていたこともあって、芸能活動には興味を持っていました。だからこそ、今回のお話をいただいたときに、芸能のお仕事での可能性を広げてゆく一つのチャンス、経験として踏みだそうと決めました。
わたしはダンスも未経験だし運動も苦手だったから、実際に活動をしてみたら大変なことも正直多かったし、何度も辞めたいと思いました。今でも、人前に出るのに苦手意識を覚えることもあります。だけどアイドル活動を始めたことはわたしの心を大きく成長させてくれました。それに、つらいよりも、楽しい気持ちがぜんぜん勝っているからこそ、たまに家でつらくて泣いちゃうことがあっても(笑)、続けているんだと思います。何より芸能のお仕事へ足を踏みだしたことで、さらに自分を表現できる可能性が広がったから、今はもっともっといろんなお仕事に挑戦したい気持ちが強くなっています。

■SUZU(凸守スズ)
Twitter:@Dekomorio0
Instagram:@dekomorio0
TikTok:@ dekomorio0

YUNA


YUNA シンデレラ宣言!の活動が始まった頃は、まさにコロナ禍の真っ只中。最初は、声を出せない環境の中でのライブに戸惑いを覚えていました。でも、一生懸命クラップをしてくれるなど、コロナ禍の制限された環境の中でもメンバーを盛り上げてくださるファンの方々の姿を見て励まされました。そういう環境でライブ活動を続けてゆく中、私たちもどう順応していけば良いのかがわかってきたように、今はコロナ禍以降のライブ活動の中でも楽しさを見いだしながらやれています。
わたしは以前にもアイドル経験をしてきたからこそ、結成から約1年間でメジャーデビューできる恵まれた環境に、本当にありがたさを覚えています。もちろん、楽しいことの裏には、今もいっぱいつらく大変な経験もあります。でも、みんなでそれを乗り越えてきたからこそ、自分たちで見ても11ヶ月でだいぶ変わったなと感じることが出来ています。先へ向かっていくうえでの不安もありますけど、その不安も背負ったうえでの活動だともわたしは受け止めています。

■YUNA(山本優菜)
Twitter:@yamamoto_yuna
Instagram:@yamamoto__yuna
TikTok:@yuna__1021

メンバーの想像するシンデレラとは…。

──みなさん、シンデレラという言葉からどんなイメージを受けたのか教えてください。加えて、活動初期から歌い続けてきたメジャーデビュー曲の一つ「シンデレラ宣言!」という楽曲の魅力についても語っていただけますか?

YUME シンデレラという言葉を聞いて最初に思い浮かべたのが、”ガラスの靴”でした。わたし、「シンデレラ宣言!」はTik Tokで流行っていたことから、最初はTik Tokを通して「女の子女の子している可愛い歌だなぁ」と思って聞いていたんですけど。「まさか、わたしがそのメンバーになって歌うことになるなんて」と、嬉しい驚きも正直ありました。
わたし、RICOちゃんが歌っている「君の思う”可愛い”にちゃんとなれてるのかな」の歌詞がすごく好きです。「シンデレラ宣言!」の歌詞は、全部が可愛いという印象です。振りの面でも最後のほうでYUNAちゃんを真ん中にメンバーみんなでギュッと抱きつく場面があるんですけど、そのときのメンバーの姿がめっちゃ可愛く見えて大好きです。

CHINA シンデレラという言葉からわたしが想像するのは、女の子ならみんな憧れる”お姫様”、”プリンセス”というイメージです。私から見たら、シンデレラ宣言!のメンバー全員がシンデレラ。普段からみんなめちゃくちゃ可愛いんですけど、魔法の解けたオフになるとガラッと変わります(笑)。オンとオフの差が激しい面も、日常と舞踏会のときの姿とすごくギャップのあるシンデレラと同じところ。アイドル活動をしているときは、みんなメチャクチャ輝いているお姫様なのに、家に帰ってメイクを落としオフモードになったとたん、「えっ、本当にあなたはアイドル?」と疑うくらいの姿を見せてくように、わたしはそこにもこのメンバーのシンデレラらしさを覚えています。
「シンデレラ宣言!」は、とにかく可愛い曲。サビ歌がすごく頭に残るし印象深いから、一度聞いたらすぐに覚えてもらえると思っています。

RICO シンデレラの物語って、普段はいじめられてる汚れた格好をした女の子が、可愛いプリンセスになるお話じゃないですか。「シンデレラ宣言!」の歌詞の中に「”可愛い”は才能なんかじゃないんだから 努力で手に入れてみせる」という一節があるんですけど。自分が努力し、頑張り続けてゆくからこそ、その美しさって手にできるものだし、自分が望んでいたものだって手にできるわけじゃないですか。わたし自身も努力を積み重ねながら今があれば、その努力によって輝けているからこそ、この歌詞にすごく共感を覚えています。
メンバーみんなも、そう。それぞれに努力しながら可愛らしさに磨きをかける努力を重ねているからこそ、こうやって輝けています。だから「シンデレラ宣言!」の歌詞はわたしにも、メンバーにも本当に結びつく内容だと受け止めています。

HARU わたしも、シンデレラのようなプリンセスには小さい頃から憧れを覚えていました。RICOちゃんも言ってたけど、自分を磨いてこそ輝く存在になっていけるのはわたしも実感していますし、わたしも「”可愛い”は才能なんかじゃないんだから 努力で手に入れてみせる」の歌詞が大好きです。それと、女性ならみんなわかってくれると思いますけど、メイクをすると魔法がかかったようになれるところも女性の特権ですよね。
ファンの方々の「シンデレラ宣言!」を聞いて多かった感想が、「朝、この歌を聞くとモチベーションが上がって、1日頑張ろうとなれる」という声。ぜひ「シンデレラ宣言!」を聞いてテンションを上げてもらえたら嬉しいです。

YUNA わたし、以前から可愛い系の楽曲を歌いたかったから「シンデレラ宣言!」を聞いたときは「めっちゃ可愛い」ってなりましたし、歌いながら「アイドルしているなぁ」と感じています。
今回のデビューシングルに収録した「シンデレラ宣言!」「朝顔シャングリラ」「はにかみサンセット」どの曲も、女の子の恋する気持ちを記した可愛らしい歌ばかり。ライブ中に歌いながら、胸がキュンとしてくることも多ければ、「可愛い!」という気持ちにも染まっていきます。何より、どの曲もライブで歌っててすごく楽しいんですね。ファンの方々も「シンデレラ宣言!にはめっちゃ可愛い曲が多いよね」と言ってくださって、それも嬉しいです。

SUZU シンデレラって、みんなにいじめられて心がボロボロに傷つくんだけど、可愛くなってお金持ちの王子様と結婚をして、最後には幸せをつかめるハッピーエンドなイメージ。その物語を、わたしは「羨ましいなぁ」と思って受け止めていました。
わたし、このメンバーの中では一番シンデレラという言葉が似合わない性格的に暗いタイプ。グループへの加入を決めたときに「ここでは王道系のアイドルを目指します。名前はシンデレラ宣言!です」と聞いたとき、「えっ、自分ここにいていいの?」と思ったくらい(笑)。そんな自分が、活動を続けていく中で、王道のアイドルという姿へ順応して、今はしっかりシンデレラ宣言!という名前を背負えるようになりました。
シンデレラ宣言!の楽曲は、どれも可愛い内容ばかり。どの歌も少女漫画のような世界であり、1曲1曲にしっかり物語があるから、キュンキュンしたり共感を覚えたり、いろんな気持ちになれるところもわたしは好きです。

NUU わたしも「シンデレラ宣言!」を初めて聞いたときから「可愛い歌だなぁ」と感じていました。歌詞に出てくる女の子の「誰よりも可愛くなってみせる」気持ちは、わたしもすごく共感するところ。自分が輝くために努力をしていれば、乙女心を歌った内容のように、歌っていると自分のモチベーションを上げてくれます。きっと女の子なら、こういう気持ちにみんな憧れるんじゃないかなとも思います。シンデレラといえば、”キラキラとした女の子”。わたしもキラキラしたいからこそ、その姿には憧れます。

シンデレラ宣言!が、わたしのここを変えてくれた。

──シンデレラ宣言!として活動を始めたことで、自分はどのように変わってきました?

YUME わたしは北海道でアイドル活動をしてきましたけど、シンデレラ宣言!として活動を始めてから、ファンの方との接し方やステージ上での自分の見せ方など、いろんな面で変わってきたなと自分でも感じています。わたしは身長がみんなよりも低いから、舞台でも小さく見えないようにパフォーマンスをしているので、その姿も見てもらえたらと思っています。それから、シンデレラ宣言!は「ザ・女の子」している曲ばかりなので、わたしもシンデレラ宣言!の中で活動しているときは女の子女の子していられるから、そこも嬉しいです。

CHINA わたし、もともとモデルとして活動をしていて、アイドル向きではまったくないキャラクターでした。だから最初の頃はアイドルらしさとは何かをつかむのに、苦労していた思い出もあります。でも、こうやって1年近く活動を続けてきたことで、少しはアイドルっぽくなれたかなと自分でも感じています。モデルとアイドルでは立ち振る舞い、見せ方の違いがあるので、今も心がけているところです。
でも、一番成長したなというのが、メンバーみんなの対応力。活動を始めた頃は、みんな自分のことで精一杯で他のメンバーのことを見ている余裕がなかったけど、今ではライブ中にトラブルが発生してもサラッと助け合いながら乗り越えられています。みんなで協力しあいながら対応できるようになった面は、とても大きな成長だとわたしは受け止めています。

RICO わたしは生き方が上手くなったと思います。このお仕事を始めてから、それまで接したことのない大人の方々とも触れ合う生活をするようになりました。この世界で生きていくうえでの立ち振る舞いや、大人の世界で生きるための術、人前に出て行うお仕事だからこそ出てくるSNSを通しての批判や、あることないこと言われる誹謗中傷など、いろんなことに対しての免疫がついたなというのは自分でも感じています。
もともとメンタルの強いほうではなかったわたしがいつの間にか打たれ強くなったのは、このお仕事を通して生きる術をつかめたことが大きいと思います。もちろん、今でも誹謗中傷がつらいことに変わりはないです。

HARU アイドルになりたくてなったにも関わらず、実際にアイドル活動を始めてみたら、思ってた以上に緊張を覚える自分を発見してしまいました。学校で委員会などもやっていたから人前で話すのは慣れていると思っていたけど、トークを仕切ると、今でも思うように言葉が出てこないことがあります。そういうときは、いつも他のメンバーに助けてもらっています。わたしはアドリブ派ではなく、いろいろ考えたうえで発言をするタイプなので、今もまだまだ勉強している状態です。確かに、活動を始めた頃と比べたら少しは成長してきましたけど、まだまだ成長過程の状態。これからもっともっと進化していきます。

YUNA 以前は、よくライブ中のMCでも泣いていたんですけど。今は本当に泣かなくなって、だいぶ泣き虫を克服しました。シンデレラ宣言!のライブ中に泣いたのは、メジャーデビューを発表したときと、生誕祭のときだけ。私生活でも泣くことが減ったように、シンデレラ宣言!の活動を通してだいぶ心が強くなったなと自分では感じています。
ただ、ときどき頑張りすぎて心がいっぱいいっぱいになり、疲れてしまうこともあります。「明日のお仕事がつらい」と思うこともあるんですけど。そういうときは我慢せず大好きなケーキを食べるなど、自分へご褒美も与えながら日々頑張っています。

SUZU わたし、シンデレラ宣言!の活動を始める前までは、インフルエンサーとしての活動やコンカフェでのお仕事など、毎日忙しく動いてました。だから、忙しい生活には慣れてるつもりだったんですけど、いざシンデレラ宣言!として活動を始めたら想像以上に忙しく、病んだことも一時期ありました。でも、上には上がたくさんいると知ってからは、変に気負うことなく、忙しい中で自分のペースをつかめるようになってきたなと思っています。

NUU わたしはいまだに初めての方とお話をするのが苦手です。それでも、以前に比べたらコミュ力もついたのか、ライブ中のMCも、特典会でのファンの方との会話も、スムーズにできるように成長しました。以前はライブも固い表情でしていましたけど、対応力がついて、今は笑顔でできるようになりました。そこは、メジャーでの活動を通してもっともっと磨いていきたいなと思っています。

「可愛らしい女の子の気持ち」を歌っているのが、「シンデレラ宣言!」「朝顔シャングリラ」「はにかみサンセット」です。

──最後に、トリプルA面シングルについてひと言お願いします。

YUNA シンデレラ宣言!の楽曲はどれも可愛らしい歌ばかりですけど、その中でもとくに「可愛らしい女の子の気持ち」を歌っているのが、「シンデレラ宣言!」「朝顔シャングリラ」「はにかみサンセット」なんです。今回のデビューシングルは「ザ・可愛い」という作品で、気分がすごくアガっていくから、ぜひ聞いて女の子の持つ可愛らしさを感じてください。

TEXT:長澤智典

メジャーデビューSingle「シンデレラ宣言!/朝顔シャングリラ/はにかみサンセット」

New Single「シンデレラ宣言!/朝顔シャングリラ/はにかみサンセット」
2021年11月17日(水)発売
全4形態(CD ONLY) ※収録曲共通 
各1,200円(税込) 

[収録楽曲]
M1. シンデレラ宣言!
M2. 朝顔シャングリラ
M3. はにかみサンセット
M4. シンデレラ宣言!(Instrumental)
M5. 朝顔シャングリラ(Instrumental)
M6. はにかみサンセット(Instrumental)


タイトル:シンデレラ宣言!/朝顔シャングリラ/はにかみサンセット【Type-A】
定価:1,200円(税込)
発売日:2021年11月17日(水)
発売元:ポニーキャニオン
品番:品番:PCCA-06079


タイトル:シンデレラ宣言!/朝顔シャングリラ/はにかみサンセット【Type-B】
定価:1,200円(税込)
発売日:2021年11月17日(水)
発売元:ポニーキャニオン
品番:品番:PCCA-06080


タイトル:シンデレラ宣言!/朝顔シャングリラ/はにかみサンセット【Type-C】
定価:1,200円(税込)
発売日:2021年11月17日(水)
発売元:ポニーキャニオン
品番:品番:PCCA-06081


タイトル:シンデレラ宣言!/朝顔シャングリラ/はにかみサンセット【Type-D】
定価:1,200円(税込)
発売日:2021年11月17日(水)
発売元:ポニーキャニオン
品番:品番:PCCA-06082

シンデレラ宣言!

TikTok やInstagram で若者を中心に人気のYUNA をはじめとして、コスプレイヤーとして人気を博しTwitter のフォロワー5万人以上を抱えるSUZU、名古屋の有名コンセプトカフェキャストとしてInstagram では約4.8万人のファンを抱えるRICO、モデルをはじめとしてYouTube ドラマなどにも出演し、TikTokでは16 万人以上のフォロワーを抱えるCHINAに加え、謎の一般人枠としてナスが大好物であるということ以外全てが謎に包まれているHARU、「シンデレラ宣言!」の活動のため地元北海道より上京した現役高校生メンバーのYUME、ミステリアスな雰囲気にお人形さんみたいなベビーフェイスNUUの7人組。 「アイドルの教科書に載っているようなアイドル」を目指し、Twitter・Instagram・Tik TokなどのSNS界隈で今、もっとも話題のメンバーが集結した“超王道路線!“な7人組グループ。

Official Site:https://cindog-pro.com/
YouTube:シンデレラの犬Project
Twitter:@cinsen_official
Instagram:@official_cindog/

この記事を書いた人

長澤智典
音楽を中心に執筆中のライター。「あなたのため」に頑張ります。 twitter @nagasawatomonor Web http://vues.jp/

新着記事