「Stasera」アニマルメイドシリーズにウサギが登場!王道ロリータからカジュアルまで着こなし自由自在な可愛さ

2021年12月09日 | アパレル
Loadingいいね

日本から世界中に広まったロリータ・ファッションは、その国ごとでロリータカルチャーが発展しました。若い世代を中心にロリータ服が流行している中国では、カジュアルにロリータ服を楽しむ印象が強く、その着こなしや解釈の自由度の高さが魅力的です。

そんな中国ロリータで、いま熱いジャンルのひとつが「メイド×ロリータ」で、さまざまなブランドが新作を打ち出しています。とくに「Stasera」パンダメイドシリーズは人気を呼んだ1着。早くも同じアニマルをテーマに、ウサギメイドシリーズも産まれました。

今回、日本のセレクトショップEpeticeとコラボした限定カラーのサンプルを一足先に、人気コスプレイヤー・小鳥遊(たかなし)ゆあちゃんにお召し頂きました。

※撮影直前まではマスクを着用し、撮影時のみマスクを外しております。

着用ブランド「Stasera」


2020年設立。
同ブランド代表がデザインも担当。高校・大学時にデッサンのアルバイトをしており、早くから他にない個性的な洋服をデザインしたい思いから、大学卒業後に友達と一緒にブランドを立ち上げました。インターネットショップが主軸で、まだ実店舗はありませんが、複数のアパレルブランドを扱うショップなどに委託販売しています。

設計理念は、「可愛くて“漫画”に登場するような個性が強いロリータ服」。フルセットだと甘ロリ、エレガントなテイストのお洋服でも、一部のパーツを外したり、他のアイテムを組み合わせたりすることで、普段使いしやすいデザインのお洋服を作っています。

ブランド設立してから一年あまりなのので、まだまだ多くの新作予定が未発表。シーズンごとはもちろん、特別な祝祭日に合わせたお洋服も今後は出していきたいとのことです。

「デザインは個性的な可愛さを大切にしています。近年の中国ロリータ服のテイストは種類がどんどん増えています。事前にどんなお洋服をデザインすべきか入念に考慮する必要があります。しかし、大切なのはあまりに細かすぎることに拘らず、まずは自分が着た時に喜びを感じられるお洋服を心がけています」。

笑顔がチャーミングな小鳥遊(たかなし)ゆあちゃん

プロフィール

日本で活躍中の韓国コスプレイヤー/ファッションモデル。韓国を紹介したり、撮影の様子を見せたりするYouTube番組も精力的に配信中です。オリジナル衣装も制作。韓国語、日本語、英語が話せます。2020年には「Butterfly Effect」ジャンパースカートも撮影しました。笑顔がとても可愛らしいのですが、今回の撮影はスタイリッシュに決めたかったので、無表情に努めてもらいました・・・。

Twitter:@yuazzing
Instagram:yua_takanashi
Booth:yuazzing
YouTubeチャンネル: WHO YUA

王道ロリータからカジュアルな着こなしまで自由自在♪ウサギメイド


“ウサギメイド”フルセット 21,980円(税込)

ホワイト、ブラック×ピンク、Epetice × Stasera コラボレーション限定カラー(ブラック×ホワイト)の3色展開。ヘアアクセサリーはボンネット・カチューシャの2タイプが付属しています。

身体にタイト、立領(たてり)に紐ボタンといった中国チャイナドレスをベースにしながら、袖についた扇のように広がるフリルレース、エプロン、背中の腰についた大きなリボンが可愛らしい♡

袖、エプロン、背中のリボンも取り外すことで、カジュアルなチャイナドレス風ワンピースにも早変わりしちゃいます。

ウサギ耳のついたボンネット・カチューシャは、その日の気分でお好きな方を。カチューシャの耳は針金が入っているので、好きな角度におることもできます。大きな萌え袖とスカートの膨らみが王道ロリータのようで引きで見てもシルエットが可愛いんです♡

パンダメイドシリーズに新カラー&新生地登場♪

「パンダメイド」シリーズは、唐時代の長袖をモチーフに、様々な形を考えた結果、日本の漫画に登場する中華少女のイメージに固めたデザイン。生地は中国産のサテン。中国ではロリータ服の生地としてあまり使われることがないそうですが、肌触りが良いので着心地が○。同ブランドの大ヒットアイテムなのですが、今回、ブラック×レッド、ブラック×サックス、ブラック×パープルの3色が新たに追加されました。

さらに、従来の光沢感のある生地、光沢がなくハリのある生地の2種類から選ぶことができます。日本のセレクトショップ「Epetice」で12月13日まで予約受注しているのでお見逃しなく♪

パンダメイド エプロン付きワンピース 13,980円(税込)

撮影:乃木章 @Osefly
衣装提供: Epetice

この記事を書いた人

「原宿POP」のライター・カメラマン。中国語が得意。2019年に中国ロリータ服に出会い、その多様性と華やかさに惹かれる。市場の成長が著しい中国ロリータブランドやモデルがカンフル剤となり、日本でもロリータファンが増えればと、中国ロリータの取材に注力している。Twitter:@Osefly

新着記事