コンカフェとメイドカフェは現在もはや別物?その違いを解説!&原宿コンカフェでファッションスナップ割り引き開始!

2022年07月30日 | カルチャー


こんにちは、原宿系イラストレーターの江崎びす子です!

みなさんは、コンカフェに行ったことはありますか?

と、聞かれて有名老舗メイドカフェの名前をあげようとしたそこのアナタ!

“メイドカフェ”と”コンカフェ”は
今の時代、もはや別物なんですよ!

もともとはメイドカフェもコンカフェであったが今は…

そう、そもそもはメイドカフェも含めて
様々なコンセプトを掲げているカフェを”コンセプトカフェ”略してコンカフェと呼んでいたのですが

実はメイドカフェと、その他のコンカフェでは
見た目は一緒に見えてシステムもお給料事情も全然違うんです!

なので一緒にしてしまうと話が噛み合わなかったり、お店に行ったときギャップに戸惑うかも?

という事で、今回は
このコンカフェ戦国時代の今

メイドカフェとコンカフェがどういった理由で分断されているかを解説します!

メイドカフェはあくまで飲食店であり、メイドさんはメイド服を着たウェイトレスさん


まず、メイドカフェは基本的に
一般的な飲食店にかなり近いポジションのお店です!

そしてメイドカフェなので当然従業員は「メイド」の衣装を着ており、お客様は「ご主人様」と呼びます。

一般的な飲食店に「歌のパフォーマンス」「美味しくなるおまじない」「メイドさんとのチェキ撮影」などが加わったものがメイドカフェであり
あくまで飲食重視の気軽に立ち寄る事ができるお店です。

なので、メイドさんと長時間おしゃべりをしたり
メイドさんとドリンクを乾杯したりはしません。

また、働いているメイドさんとチェキを撮る事はできますが
メイドさんにはチェキバック(チェキ枚数に応じた単価報酬)はありません。業務内容にそもそも組み込まれているのです。

また、メイドカフェはわりと頭髪の規定が厳しく
メイドさんは黒髪か茶髪が基本となっております。

また、メイドさんの接客スタイルもかなり指導が厳しく行われており
メイドカフェ業界には世界観を崩さないための様々なマニュアルや専門用語があります。

・メイドの年齢は全員永遠の17歳
・お店のことは「お屋敷」と言う
・女性のお客様は「お嬢様」と呼ぶ
・お客様の来店を「ご帰宅」と言う
・お手洗いは「秘密の花園」と言う
・運営の人間を「妖精さん」と呼ぶ
などなど…

今、巷で言われている「コンカフェ」は…?


では、現在”コンカフェ”と呼ばれるものの多くはどのようなものかと言うと

「コンセプトカフェ&バー」がほとんど

つまり、お酒の提供があります。

さらにメイドカフェと違うのは

“飲食重視ではなく、キャストさんとのコミュニケーションが重視”である事です

コンカフェではメイドカフェと違い”キャスドリ”があり、キャストの子にもジュースやお酒をご馳走してあげて一緒に乾杯します
(乾杯しないと長時間のお話はできません)

また、コンカフェはメイドに限らず
ナースや悪魔など様々なコンセプトのお店があり
お店によって設定やテーマが全く異なります

そして、メイドカフェほど厳しい設定の縛りは無いため(永遠の17歳設定など)
キャストの女の子はわりと普段と差がない(演技が入っていない)ナチュラルな接客スタイルが多いです。

頭髪規定もメイドカフェよりゆるく、派手な髪色の子が多く働いています。

また、キャストの子はキャスドリやシャンパンなど、お客様が自分に入れてくれたドリンクの数だけバックも入るため
人気のキャストほどたくさんお給料を稼ぐ事ができます。

つまるところ、メイドカフェは飲食店寄り、コンカフェはバー寄り

コンカフェの中にも、お酒の提供より萌え要素重視!なメイドカフェ寄りなお店など

実際はかなり細かく分かれているのですが

ざっくりとグラデーションで表すと図のように

メイドカフェは飲食店寄り
最近流行りのコンカフェは
メイドカフェとガールズバーの間に位置するような感じのお店になっています。

おわかりいただけたでしょうか?

「カワイイメイドさんを眺めながらゆっくりご飯が食べたい!」という人にはメイドカフェがオススメ

「お目当てのキャストの子と乾杯しておしゃべりしたい!」という人はコンカフェがオススメ

という訳ですね♪

原宿にもある!唯一のコンカフCandye♡Syrupで新しい動きが!?


ちなみに!原宿に唯一存在しているジェンダーレスコンカフェ

Candye♡Syrupにて、毎週日曜日びす子たんもコンカフェ嬢として勤務しているわけですが

より原宿系ファッション文化を盛り上げる為に新たな動きが始まりました!

▼Candye♡Syrupの紹介記事はコチラ!
原宿初のジェンダーレスコンカフェCandye♡Syrupがついに開店!

デコラ会×Candye♡Syrup 定期コラボ(6月から)


デコラインフルエンサーの”にこちちゃん”が主催する「NEOデコラ会」とCandye♡Syrupが

毎月1回コラボイベントを実施!

原宿のデコラちゃんがCandye♡Syrupに一堂に集まるBIGイベントが今年の6月からスタート。

さらに、主催のにこちちゃんも
毎週日曜日の勤務スタッフとしてCandye♡Syrupに加入する事になりました

これからはCandye♡Syrupがデコラちゃん達の溜まり場になる事間違いなし!

日曜日限定!原宿系ファッションの子はチャージ500円!(8月から)


Candye♡Syrupは1時間ごとにチャージ料金が発生し、男性は900円、女性は700円かかるところ

なんと8月からは日曜日限定で
原宿系ファッションのお客様はチャージ500円!

これは、原宿系ファッションで来店するしかないッ!

【対象原宿系ファッション】
・ロリータ、ゴスロリ
・ゴス、パンク
・デコラ、派手仔
・サイバー、スチームパンク
・ゆめかわ、病みかわ、フェアリー
・女児服
・森ガール
・サブカル系
etc

基本KERAやzipper系の青文字系

ピープスはギリOK
※量産と地雷は割引対象外です

インスタフォローとスナップ撮影でさらにお値引き!(7月から)

①きゃんしろのインスタをフォロー
②ガッツリ原宿系ファッションでご来店
③スナップを撮らせていただく

上記全てクリアされた方は
なんとさらにお会計から¥300引き!

原宿といったら、やっぱりファッションスナップ文化でしょ!という事で
Candye♡Syrupのインスタグラムでは
今後、原宿系ファッションをさらに盛り上げるべく
原宿系ファッションでご来店されたお客様に限りスナップ撮影のご協力を呼びかけて参ります!

▼原宿きゃんしろInstagram
@cafecandyesyrup

この記事を書いた人

イラストレーター、漫画家、モデル 代表作「メンヘラチャン」 "病みかわいい"カルチャーを国内外問わず発信し続けるクリエイター Twitter:@Bisuko_Ezaki @BisukoEzaki / Instagram:@bisukoezaki

新着記事