【2022年秋】ラフォーレ原宿新店OPEN情報まとめ

2022年09月27日 | アパレル
Loadingいいね

「ファッション=時代を表現するカルチャー全般」という視点から常に発信を続けているラフォーレ原宿が、2022年秋に新店OPEN。

独自の視点で原宿スタイルを提案するラフォーレ原宿の、新しいお店をピックアップしてご紹介します!

2022年秋 NEW&RENEWAL店舗一覧

1F:WATER THE PLANT


2020年に設立されたWATER THE PLANTは、ポジティブでエネルギッシュな雰囲気から、「SELF CARE」と「SELF GROWTH」というコンセプトに焦点を当てたライフスタイルブランド。WATER THE PLANT と50周年のSMILEYのコラボレーション商品も販売されます。
日本では初出店なので、ぜひ行ってみたいですね!

3F:X-girl HARAJUKU


日本1号店としてオープンしたX-girl HARAJUKUが3F に移転オープン
1994年夏、SONIC YOUTHのキム・ゴードンが、友人でもありXLARGEのショップスタッフでもあったデイジー・ヴォン・ファースと共に立ち上げました。キムとデイジーの着たい服、つまり彼女達のリアルクローズ的なアイテムをX-girlとして打ち出すと共に、グラフィックやデザインを落とし込んだアイテムを展開し、“GIRL’S MOVEMENT”の先駆者としてファッション業界だけでなく音楽やアートも巻き込んだレディースストリートブランドとして、注目を浴びました。
今回のリニューアルでは、「X-girl × YUGO.」コラボアイテムの発売もありますよ!

4F:HYPER COUTURE


知る人ぞ知る CHRISTIAN GAIL によるオリジナルアートデザインは必見。NEW YORKでコレクションブランドの黒衣として活動していた無名アーティスト、CHRISTIAN GAILをフューチャーし、日本でスタートしたブランド。
お洒落なタレントさん達の私服は勿論、ライブ衣装としても重宝されるブランドとしても知られ、洋服、バッグ、シューズなどのファッションアイテムをキャンバスにアートした商品は、NEW YORKのストリート臭さを醸し出しながらも、何処となくエレガントさが漂う作品ばかり。NEW YORK独特のJAZZYなストリート感をぜひみてくださいね!

3F:LIBERTY TOKYO


LIBERTY TOKYOは常に自由を表現し、自由に発信することをコンセプトとしています。その時々で作りたいものを東京から世界へ。ラフォーレ原宿限定商品のほか、アパレルからアクセサリー、TOY、一点ものを制作できるカスタムセレクトショップのLIBERTY TOKYOが拡張リニューアルオープン!

5F:LIZ LISA


ブランドコンセプトは「Retro Girlish」。レトロとトレンドを融合し、「かわいい」女のコらしさが残るおしゃれを提案。
トレンドには敏感だけど、自分のおしゃれを楽しむことが出来る女のコへ。
デティールの可愛さ、ふわっとした柔らかい雰囲気をつめこんだショップです。

B1.5F:PRISILA HARAJUKU


「no wig, no life!」をスローガンに、日常のオシャレに溶け込むウィッグを提案するスタイル。
トレンドを意識した最旬のグラデーションカラーウィッグや日常使いしやすいファッションウィッグ、手軽にグレイヘアを楽しめるミセスウィッグ、手の届きやすいお値段で展開している医療用ウィッグなど、年齢や性別、ジャンルやシーンを選ばず幅広いラインナップのWIG SHOPです。

いつの時代もファッションとカルチャーの最先端を走る、ラフォーレ原宿。
新店・リニューアル店も楽しみですね。
ぜひ最先端のカルチャーを肌で感じにいってみてくださいね!

この記事を書いた人

旅行と柄シャツがだいすきなライター・編集者。原宿ではよく古着をあさっています。

新着記事