地雷系JC・JKはサブバッグで差をつけよう♡スクバともあわせやすいサブバッグまとめ

2022年11月13日 | アパレル
Loadingいいね


引用元:Instagram @noemie_official_

「手持ちのバッグだけでは荷物が入りきらない!」というJC・JKは要チェック!
サブバッグも抜かりなく地雷系要素をプラスしておしゃれにコーデしましょう。
お出かけはもちろん、スクバと一緒に持ってもよし。ぜひお気に入りを見つけてください♡

地雷系コーデにおすすめのサブバッグ♡


NOEMIE チェリーフリルトート
2,189円(税込)
ノエミーオリジナル、クラシカルなチェリーがプリントされたトートバッグ。
コーディネートに合わせるだけで華やかさをプラスできる、存在感あるアイテムです。
スマホなど小物が入るサイズの便利な内ポケット付き。
楽天市場でのご購入はこちら

NOEMIE 病みくまうさフリルトート
2,189円(税込)
ヤミクマ・ヤミウサのプリントワッペンがインパクトあるバッグ。
コーデに病み要素を取り込みたい時に大活躍すること間違いなし!
ヤミクマはスイーツをバックに、ヤミウサはクロスやベルトを身に纏っているので、コーデをお揃いにしてみるのもよさそう♡
楽天市場でのご購入はこちら

THANK YOU MART ダークガーリー フラットトート(オーガンジー)
429円(税込)
オーガンジーのフリルをあしらったフェミニンなポケットつきのサブバッグです。
可愛いデザインでありながら、500円以下のワンコインで買えるのがお財布にやさしい。
普段は折りたたんでバッグに忍ばせておくのも◎JC・JKはスクバに入れておくのもいいですね。
楽天市場でのご購入はこちら

サンリオ クロミ トートバッグ(We are クロミーズ5)
2,750円(税込)
地雷さんの強い味方、クロミちゃんのトートバッグ。
ハンドル部分にロゴが入っているところがストリート感あり。フリルやレースなど、ガーリーに仕上げたコーデの引き締めとして持つのがおすすめです。
裏地にはクロミーズ5のメンバーが総柄にプリントされているので、開ける度にテンションが上がるかも!?
楽天市場でのご購入はこちら

サンリオ クロミ トートバッグ(フレーム)
4,180円(税込)
ギンガムチェックと無地、2Wayタイプになったバッグです。
どちらの面にもゴシックなお洋服を身に纏ったクロミちゃんがさりげなくデザインされているので、どちらを見せるか選ぶのが楽しくなりそう。
ギンガムチェック側は、全身のコーデに少し柄を足したい時のお助けにも◎
楽天市場でのご購入はこちら

Maison de FLEUR ダブルリボンギャザートートバッグ(ブラック)
5,900円(税込)
左右をリボンでくしゅっと結んだバッグ。
光沢感のあるサテン地を使っているので、一緒にコーデしているバッグと素材で差をつけたい時におすすめ!
王道のブラックはもちろんワインレッドのカラー展開もあるので、赤系のコーデに挑戦してみるのもいいですね。
楽天市場でのご購入はこちら

Maison de FLEUR ダブルリボンフリルトートLバッグ(ブラック)
8,100円(税込)
今日は荷物がたくさんある!そんな時に活躍してくれる大きめバッグです。
サブバッグは大きくなるとなかなか可愛いデザインのものに出会えない…って時は、ハンドル部分にフリル、ダブルリボンづかいとこういったガーリーなバッグはいかがでしょう。
ファスナーで閉じられるので、中身が見える心配もありません。
Amazonでのご購入はこちら

Maison de FLEUR ハンドルリボントートバッグ(ブラック)
6,656円(税込)
コーデにプチガーリーな要素が足せる、小さなリボンをいくつもあしらったトート。
持ち手を合わせた時にリボンが重ならないよう配置されたこだわりのデザインに注目です。
さり気ない可愛さを求めるならこんなサブバッグがおすすめ♡
Amazonでのご購入はこちら

Maison de FLEUR チェリー刺繍ギンガムリボントートバッグ(ブラック)
5,544円(税込)
ギンガムチェックにチェリーの刺繍がポイントに入った、“可愛い”が詰め込まれたバッグ。
全身ブラックの地雷系コーデに、サブバッグでギンガムチェックを取り入れるのも新鮮。
ランチトートくらいのサイズ感なので、コーデに柄をバランスよくプラスできます。
Amazonでのご購入はこちら

サブバッグをコーデの強い味方に♡

JC・JKの地雷さんにおすすめ、サブバッグをご紹介しました。
ただ何となく持つだけ……になりがちなサブバッグにも可愛さを取り入れて、ぜひワンランク上のおしゃれに仕上げてみてください。

この記事を書いた人

引きこもりフリーライター。いつでも大体お家時間。そう言いつつ、お気に入りの服を着るとスッと出掛けられるこの現象にそろそろ名前をつけたいと思う。魔女修行の一環として植物を育てています。

新着記事