西岡玲菜(Fragrant Drive)の今こそ聴きたい!「やさしさで溢れるように/JUJU」/コロナに負けない!「心が健康になる」エールソング特集

2020年05月04日 | ミュージック
長澤智典
Loadingいいね

「心が健康になる」エールソング特集

誰もが不要不急以外の外出を控え、この状況への不安やストレスから「コロナ疲れ」という言葉も飛び交うようになってきた昨今。
音楽界隈においても、ライブやイベントの中止、リリースの延期など、悲しいお知らせが続いてしまっている。
だがその一方で、この大変な時期こそ音楽の力で乗り越えようとする発信の数々が、社会現象と言えるほどに大きな話題を呼んでいる。
世代やジャンルを超えて繋がっていく音楽バトン企画「#うたつなぎ」、星野源が始めたリレーセッション企画「うちで踊ろう」など、音楽が持つ繋がりや力の大きさを実感させられるばかりだ。

今だからこそ、音楽が力になることを信じて、原宿POPでも「コロナに負けない」”心が健康になるエールソング特集”をお届けしようと思う。
この企画に賛同する数々のアーティストから、応援メッセージと共に、イチオシのエールソングを挙げていただいた。
明日への活力となる歌を未来へ繋いで、このコロナ禍をみんなで乗り切っていきたい。
そしてこの企画が、あなたの”新たな音楽に出会うきっかけ”の一つとなれば幸いである。

西岡玲菜(Fragrant Drive)さんが参加!


日本コロムビア内のアイドル専門レーベル「Label The Garden」に所属し活動をしていたClef LeafとseeDreamのメンバーが結合し誕生したのが、Fragrant Drive。胸を踊らすキャッチーでロックなサウンド、心をキュッと疼かせるメロディや歌詞を魅力に活動。女の子の純粋で真っ直ぐな想いを投影した曲を魅力に、触れた人たちの心を捉えてゆくFragrant Drive。メンバーの中から、西岡玲菜さんがイチオシの曲を教えてくれました。

今こそ聴きたい!西岡玲菜(Fragrant Drive)さんイチオシ曲


「やさしさで溢れるように/JUJU」

JUJUの魅力を余すところなく発揮したスケールあふれるラブバラード。自分が輝くことで、愛しい人の人生も輝かせていける。互いに強い心の絆で結ばれていれば、どんな環境や状況下におかれようと、その想いは揺らぐことはない。心の底から信頼し愛した人への一途な想いをJUJUが込み上げる想いのままに熱唱していく。

西岡玲菜(Fragrant Drive)さんからメッセージ!


Q.今こそ聴いて欲しいイチオシの楽曲!オススメポイントを教えてください。
A.春にぴったりな曲だなと思います。今こんな世の中なのでなかなか大切な人に会えなかったりする方も多いと思うんです。でもこの曲を聴くと1人じゃない、そう思える気がするのでオススメです。

Q.このご時世、どのように日々を過ごされていますか? 読者に向けての応援メッセージなどもいただけたら嬉しいです。
A.ギターで弾き語りを練習したり、久々に読書してみたり、おうちでできる趣味をひたすら探したりしています!
 この事態は一人ひとりの意識しだいで少なからず変わっていくと思います。今は外出を我慢して、おうち時間を自分の形で過ごしましょう!そして元気な姿でまたお会いしましょう♪

インフォメーション

最新曲「ガルスピ ~Smells Like Girl Spirit~」MV

Fragrant Drive Web
https://columbia.jp/fragrantdrive/
Fragrant Drive twitter
https://twitter.com/FD_LTG
Fragrant Drive BLOG
https://lineblog.me/label_the_garden/
Fragrant Drive 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/LabelTheGarden
Fragrant Drive 公式LINE
https://line.me/R/ti/p/@labelthegarden

西岡玲菜(Fragrant Drive) twitter                             
https://twitter.com/rena_LTG

他にもたくさんのアーティストが参加中!


▶︎コロナに負けない!「心が健康になる」エールソング特集 #今こそ聴きたい!

毎日2名ずつ公開中!
是非この機会に様々な音楽に触れてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

長澤智典
音楽を中心に執筆中のライター。「あなたのため」に頑張ります。 twitter @nagasawatomonor Web http://vues.jp/

新着記事