この街の子 #5「原宿の街の子」

2017年10月17日 | コラム連載
原宿POP編集部
Loadingいいね

 
こんにちは、街子です。

 

 

最近はMACのアンティークベルベットという暗い赤色の口紅を使っています。
難易度の高い色だけど、名前の通り雰囲気の出る色。

 

原宿を舞台にした「URAHARA」というアニメが公開される事に因んで今回のテーマは裏原。
実際裏原へ行って撮影したいと思っていたのですが、今週は時間の都合で止む無く断念‥別の回で原宿について書きますね。
今回は残念ですが自宅で裏原について考えてみます‥

 

そもそも裏原宿とは原宿ラフォーレ原宿の向かい側のキャットストリート周辺の事です。
若者向けショップの進出が遅く、発展が後になった事から裏原宿と呼ばれているそう。
裏原宿と呼ばれるエリアは静かで竹下通りとは違った雰囲気があります。

私が原宿に憧れたきっかけは学生時代に嶽本野ばらさんの著書を読んだ事です。
「エミリー」や「乙女のトリビア」等には原宿についての記述があった筈‥

作中にはYohji YamamotoやCOMME des GARÇONS、vivienne westwood、MILK、Jane Marple、ケイタ マルヤマ、BABY THE STARS SHINE BRIGHT、EmilyTemple cute‥等が登場し、初めて知ったファッションや言葉で描かれる原宿に刺激を受けた。

 

満を持して行った原宿には想像していたような奇抜なファッションの人はいなくて少し残念だった‥けどその後暫くして「KERA!」や「ゴスロリバイブル」等ファッション雑誌で読者モデルを数年間担当する事になった。
撮影で原宿系ファッションを着る事が出来て当時はとても楽しかったなぁ。

 

最近原宿へ行く機会が多いのですがやっぱり懐かしくて思い入れのある場所です。

夢のある服には、稀に妖精が住み着いている事があると思う。それに巡り会えたら少し素敵な自分になれるのです。
街や服の隙間に隠れた魔法を探しに出掛けて欲しい。

 

Profile
街子(まちこ)
モデル、女優。原宿系ファッション誌での読者モデル活動を経てモデルや舞台等幅広く活動中。
映画観賞とOLYMPUS PEN E-PL8での写真撮影を行なっている。
【Official Blog】https://ameblo.jp/machik0-komachi

この記事を書いた人

原宿POP編集部
新商品やフェア、アーティスト情報など原宿ならではの最新情報をお届けしています!どうぞ応援よろしくお願いします☆

新着記事