V系バンドthe Raid.が渋谷に「肉バル&スイーツ CAFE de RAID.」をOPEN!/「ミュージシャンが本気で行っている、もう一つの本職シリーズ」 ~Vol.1〜

2020年06月18日 | カルチャー
長澤智典
Loadingいいね

本職はミュージシャン。でも、想いが強すぎるあまり、音楽の創作やライブ活動と並行し、本気で始めてしまったもう一つの本職を持つ人たちがいる。
いわゆる片手間ではない。音楽だけで食べていけないから、生活のためにと始めたわけでもない。ミュージシャン/バンドとしてしっかり生活の糧を得ながら。そのうえで、想いが強すぎるあまり、その職業にも本気で打ち込んでしまった。そんな人たちをここでは紹介したい。

記念すべき第一回目は、6月より、渋谷にカフェ「CAFE de RAID.」をオープン。メンバー自身がホールスタッフとしてお客さんたちを接客しながら、お店の運営も始めたヴィジュアル系バンドthe Raid.を取り上げたい。
取材に足を運んだときは、メンバー5人中、星七(Vo)・由羽(G)・テンシ(B)・一陽(Dr)の4人が出勤。お店の成り立ちや経営スタイルなどを星七さんに伺いました。

場所は、渋谷警察署の対面。渋谷ストリームビルの数件先という超駅近好立地!!

the Raid.が、6月より渋谷にカフェをオープン。その名も「肉バル&スイーツCAFE de RAID.」。元々あった店舗の夕方から夜帯を時間借り。お昼過ぎまでは他のお店が営業しているが、「肉バル&スイーツ CAFE de RAID.」(以下、「CAFÉ de RAID.」)の看板が外に出る17時より、そのお店はthe Raid.が経営する、お洒落で、美味しい料理と、メンバーらの優しい微笑みを提供するカフェになる。

場所は、渋谷警察署の対面側であり、渋谷ストリームという大きな複合施設ビルから歩いて数件先という好立地条件。
17時のオープンに合わせ、ビルの前にはメンバーのイラストをトレードマークに描いた看板が登場。外観だけを見ると、まるで可愛い”執事カフェ”のよう。
訪れたthe Raid.ファンたちは、その看板の前で記念撮影も。もちろん、ファン以外の人たちも、目を引く可愛いイラストに興味の視線を這わせつつ、後ろ髪を引かれるように??その場を通りすぎていく。

先に伝えておくと、東京都の条令もあり、今は営業時間も22時まで。テーブル席も、一定の距離を置いたソーシャルディスタンスな姿勢もあり、現在は、極力予約してくれた人たちを優先しているが、この日の取材中も、予約無しで入ってくる人たちもお店の混み具合を見計らい受け入れていたように、問題なく入れます。もちろん、規制が緩和されれば、誰もが気軽に入れる状態になるように、「予約をしてないと入れない」ことはないので、そこはご心配なく。

2階までの階段を上がると、「CAFE de RAID.」シャツ姿のメンバーたちがお出迎え。何時もはステージで輝く姿を見せる人たちが、隣の家のお兄ちゃん的な感覚で気軽に出迎えてくれる。
あとは、案内されるがままテーブルやカウンター席まで足を運び、メニューをご覧になって、好きな料理やドリンクをご注文ください。

「CAFE de RAID.」は、みんなとのコミュニケーション・スペース!!

the Raid.がなぜ「CAFE de RAID.」をオープンさせたのか。その理由を、星七さんが以下のように答えてくれました。

「昨年までのthe Raid.は、年間120本以上のライブ公演を、毎年「47都道府県」すべての地域に住む人たちに目の前で届け続けてきました。
今年も、その予定でツアーを組んでいましたが、みなさんもご存じのようにコロナの影響から各地へ足を運ぶどころか、ライブ自体が出来ない環境に陥りましたし、その環境は(6月頭時点で)今も続いています。

その対策として、the Raid.は毎週定期的に無観客による配信ライブを行っています。だけど、配信ライブでは、the Raid.のことを求めてくれる人たちと直接触れ合うことは出来ません。

僕らは何時だって、ファンたちを目の前にしたコミュニケーションを大切にしてきました。「だったら、そういう場を作ってしまおう」「ライブで触れ合うことが今は難しいのなら、お店という場を通してファンたちと交流を深めたい」想いから、今回の「バンドでカフェを営業しよう」と思い立ち、それで実践したわけなんです。

もちろん、僕らとファンたちの交流だけではなく、「このお店が、ライブ会場で出会うファンたちどうしの交流の場にもなるように」という想いもありましたし、実際、そうやって「CAFE de RAID.」を使ってくださっている人たちもいます」(星七)

ファンを何よりも大切にしているthe Raid.らしく、ファンたちとの触れあいを強く求めた一つの形として、彼らはカフェを運営する形を選んだわけだ。でも、メンバーみなさん、飲食店の経験は??

「僕はホストクラブを経営していた経験はありますけど、メンバー全員”飲食店”での仕事は初めてになります。もちろん料理は、プロの方にお願いをしています。僕らメンバーは、ホールスタッフとしてお客さんたちのお世話をしていますが、そこは経験を重ねながら、僕ら自身も日々勉強している最中です」(星七)

「CAFE de RAID.」も本気で打ち込んでいるから、ずっと続けます!!

「CAFE de RAID.」は日曜日を定休日に、月曜~土曜の17時より(現在は)22時まで(都の条令が伸びれば合わせて変更)営業中。ホールスタッフとしてお店に立つメンバーも、テンシ(B)と一陽(Dr)をレギュラーメンバーに、星七(Vo)・bo_ya(G)・由羽(G)の3人は、それぞれ日替わり交代で出勤。週末などの混んでいる日は4人になることもあるが、基本はメンバー中3人がお店に立つ形で運営している。



じつはthe Raid.、先にも触れたようにお客さんを入れた形でライブを行えないことから、ライブを求めている人たちのためにと、毎週定期的に有料で無観客ライブ配信を行っている。
現状はライブ活動が難しいために、メンバーたちも時間がある限りは「CAFE de RAID.」に出勤しているが、収録などを含めたライブ活動や、お店の営業時間帯に重なる仕事があるときは、本業であるthe Raid.としての音楽活動を優先。そのときは、臨時でお店を休みにすることもある。

そこで気になるのが、ライブ活動が当たり前に出来るようになったとき、お店はどうするのか…ということ。。。
 星七さんは、こんな風に説明をしてくれた。

「今はライブ活動が出来ないことから「CAFE de RAID.」でバンドを存続させているのではなく、僕ら、カフェを始めた以上は、音楽活動と同じようにカフェも本気でやっています。

ふたたび以前と同じ環境に戻れたときにどうするのか…というのは、自分たちでもまだ判断を下していませんが、けっして期間限定ではなく、このまま長くカフェとしても運営していくつもりです。今はファンの方々が積極的に足を運んでくださっていますが、これからは、the Raid.のことを知らないお客さんたちにも積極的に足を運んでいただけるようにし、「ここの料理、美味しいからまた来た」というように常連さんを増やしていきたいなと思っています。

店内ではthe Raid.の映像も流しているように、普通に食事や会話を楽しんでいただく中、そのうえで「ここはthe Raid.というバンドの人たちがやっているお店なんだ」「映像から流れてくる音楽が格好いいね」となり、それでthe Raid.のファンになってくれたら、そんな嬉しいことはないですから」(星七)

ローストビーフ丼の火山と、フレンチトーストの湾岸を、胃袋の中に制覇せよ!!

お店に足を運ぶうえで一番の喜びが、どんな美味しい料理を味わえるか。星七さんは、「今後メニューは増やします」という話をしたうえで、「まずは、自信を持って勧められる2つの食事メニューからスタートしました」と語ってくれた。(現在、4品のメニューを用意しています)


まず、一つ目が、このお店一番の推しメニューであり、来店した人のほとんどが注文する「ローストビーフ丼SET」。
「ローストビーフ丼SET」(サラダ、ドリンク付/税込2,000円)

ローストビーフの上に乗っかった卵をスプーンやフォークでプチッとつぶしたとたん、火山から吹き出したマクマのように卵の黄身がドロッとローフトビーフの岩肌へ流れだす。
その岩肌を砕くように、ローストビーフの味も染み込んだご飯と一緒に肉の塊を口の中へ頬張ると、舌中に上品かつ甘美な味が広がりだす。
女性には程良い量?とはいえ、その喜びを噛みしめていると、あっと言う間に小さな火山が、あなたの胃袋の中へと吸い込まれてしまうだろう。


もう一つの料理が、「フレンチトーストSET」。
「フレンチトーストSET」(アイスクリーム/ドリンク付/税込1,800円)

しっとりとした肌触りを持ったフレンチトーストを、あえて少し溶けたアイスクリームに付けて食べると、しつこくない甘さが口の中いっぱいに広がりだす。アイスクリームの海へ、ナイフで取り取ったフレンチトーストを付けながら、白いバニラの海を胃袋の中へ収める気持ちで食べ始めると、こちらもあっと言う間に、小さな湾岸を制覇してしまうはずだ。

これから、さらにメニューが増えるように、ちょっと楽しみが増えた気分だ。
(以下のメニューが増えました)

・オムライスSET ¥2,300-
(サラダ+ドリンク付)メンバーのお絵描き有

・サンドイッチSET ¥1,800-
(サラダ+ドリンク付)ノベルティ有

 店内は、お洒落で落ち着いた雰囲気。ファンにとって嬉しいのが、希望をすれば、メンバーと一緒にチェキ撮影も出来ること。メンバーとの気さくな会話はもちろん、ちょっと濃密にチェキ撮影もしながら、素敵なひとときを過ごしてください。

the Raid.、8月25日にTVタイアップのついた2枚のシングル盤を同時発売!!

最後に、the Raid.としての近況もお伝えしよう。8月25日に、the Raid.は最新シングル「キミプリ」と「神様もう少しだけ」を同時発売する。「キミプリ」は、6月より日本テレビ系『バズリズム』(日本テレビ系)のエンディングテーマとして放送中。「神様もう少しだけ」は、7月より「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)のテエンディングテーマとして放送になる。ファンにとって、とても嬉しいニュースなのは間違いない。

他にも、the Raid.の活動9周年を祝い、結成日である7月23日に大阪なんばHatchで行う「9周年記念公演」も、現在、お客さんを入れて行う形で進めているように、こちらも楽しみにしていて欲しい。

音楽に人生を注ぎ込むのと同じように、「CAFE de RAID.」にも全身全霊を打ち込んで経営しているthe Raid.のメンバーたち。その本気度を確かめに…というよりは、メンバーらの笑顔と美味しい食事を味わいに、ぜひお店にも足を運んでいただきたい。「一見さん大歓迎!!」だそうですから。

TEXT:長澤智典

インフォメーション

リリースするシングルは全てオリコンインディーズチャートで1位を獲得。どこの事務所にも属さない無所属バンドでセルフプロデュースでの活動ながら若手ヴィジュアル系シーンで最高のセールスを誇り他の追従を許さない輝かしい功績を残しているthe Raid.。

the Raid. Web
https://the-raid.net
the Raid. twitter
https://twitter.com/theraid_staff

肉バル&スイーツ「CAFE de RAID.」

店名:肉バル&スイーツ「CAFE de RAID.」
場所:「Bitter Valley Grill」(ビターバレーグリル/東京都渋谷区渋谷3-18-5 和田ビル2F)
営業時間:17:00~22:00(21:30ラストオーダー)
定休日:日曜日

[メニュー]
・「オムライスSET」(サラダ+ドリンク付)メンバーのお絵描き有/2300円)
・「ローストビーフ丼SET」(サラダ、ドリンク付/税込2,000円)
・「フレンチトーストSET」(アイスクリーム/ドリンク付/税込1,800円)
・「サンドイッチSET」 (サラダ+ドリンク付)ノベルティ有/税込1,800円)
・その他、フード・ドリンクなど

[ご注意]
・ご入店時には手指アルコール消毒のご協力をお願いしております。
・ご来場の際はマスクの着用をお願い致します。マスクのないお客様へは入店前にマスクをお渡しさせていただきます。
・メンバー、店舗スタッフはマスク着用のもと接客させていただくことを、あらかじめご了承ください。
・お客様同士の距離を確保するため、カウンター席は離席にて、ボックス席は定員の半分までのご案内とさせていただきます。

以上、ウイルス感染防止対策を徹底して行ったうえでの営業となりますため、お客様へはご面倒をお掛けいたしますが、何卒ご了解くださいませ。
                        

リリース情報


『キミプリ』
日本テレビ系「バズリズム」EDテーマ
■A-type
[CD]キミプリ+カップリングA [DVD]MV&MAKING
RAID-3101 ¥1800+税

■B-type
[CD]キミプリ+カップリングA+カップリングB
RAID-3102 ¥1500+税

■C-type
[CD]キミプリ+キミプリ(Instrumental)+Mカード(LIVE映像)
RAID-3103 ¥500+税
※C-typeのみ返品不可
※収録内容は変更になる可能性がございます


『神様もう少しだけ』
日本テレビ系「ウチのガヤがすみません!」EDテーマ

■A-type
神様もう少しだけ+カップリングA+MV&MAKING
RAID-3201 ¥1800+税

■B-type
神様もう少しだけ+カップリングA+カップリングB
RAID-3202 ¥1500+税

■C-type
神様もう少しだけ+神様もう少しだけ(Instrumental)+Mカード(LIVE映像)
RAID-3203 ¥500+税
※C-typeのみ返品不可
※収録内容は変更になる可能性がございます

読者プレゼント♡


「CAFE de RAID.」で撮りおろしのサイン入りチェキをプレゼント♪
フォロー&RTで4名様にプレゼントします♡

①原宿POPのアカウントをフォローしてね!
「原宿POP」のアカウント

②こちらのつぶやきをRTしてね!

期限:6月23日(火)23:59

この記事を書いた人

長澤智典
音楽を中心に執筆中のライター。「あなたのため」に頑張ります。 twitter @nagasawatomonor Web http://vues.jp/

新着記事