YURAサマが自慢したい、美味しい料理を味わえる隠れ家カフェ「Three Point Cafe -Roppongi-」とは…。/「ミュージシャンが本気で行っている、もう一つの本職シリーズ~Vol.4(後編)~」

2020年07月10日 | ライフスタイル
長澤智典
Loadingいいね

本職はミュージシャン。でも、想いが強すぎるあまり、音楽の創作やライブ活動と並行し、本気で始めてしまったもう一つの本職を持つ人たちがいる。
いわゆる片手間ではない。音楽だけで食べていけないから、生活のためにと始めたわけでもない。ミュージシャン/バンドとしてしっかり生活の糧を得ながら。そのうえで、想いが強すぎるあまり、その職業にも本気で打ち込んでしまった。そんな人たちをここでは紹介したい。

YURAサマが立ち上げた、楽しい妄想を具現化した2つの世界。それが多目的スペース「Nakano Space Q」と隠れ家カフェ「Three Point Cafe -Roppongi-」


Psycho le CémuとTHE BEETHOVEN、Brotherではドラマーとして。Daccoではシンガー&ダンサーとして。/YURAサマ(ソロ)としてはマルチパフォーマーとして活動。いくつもの表現スタイルを用いながら活動を続けているYURAサマ。脳内へ次々と沸き上がる構想を具現化してゆくうえで一つの器では足りないことから、彼は、いくつもの表現の形態を用いながら音楽活動を続けている。
 だが、YURAサマの構想は音楽表現だけに止まらず、「音楽を楽しむ」うえでまつわる事柄にも広がりだした。その想いを具現化させたのが、中野にある多目的スペースの「Nakano Space Q」であり、六本木(六本木ヒルズ近く)に作ったブルックリンスタイルの隠れ家カフェ「Three Point Cafe -Roppongi-」になる。



ここでは、みんなの心と胃袋を幸せにするお洒落な隠れ家カフェ「Three Point Cafe -Roppongi-」の魅力について紹介しよう。
 まずは、「前編」の記事から読んでいただくことをお勧めしたい。そのうえで読み進めていただくと、より楽しめるはずだ。

六本木に発見した気になる物件が、お洒落なブルックリンスタイルのカフェに大変貌!!

隠れ家カフェ「Three Point Cafe -Roppongi-」を始めるにあたり、YURAサマはこんな言葉を寄せてくれた。

 「3年前に中野に設立した多目的スペースの「Nakano Space Q」がさまざまな表現者の方々に使っていただけるようになり、同地で行われるイベントのため、いろんな地域から足を運んでくださるお客さまたちも増えました。イベントによっては、1日2回や3回行うこともあります。また、お客さまどうしでも、どこかで待ち合わせをしたうえで「Nakano Space Q」に来てくださる方々も多いです。
「だったら、「Nakano Space Q」を利用してくださる人たちが待ち合わせ出来るカフェが会場の近くにあったら、みんなも便利なのにな」とも思うようになりました。その話をスタッフのたちとしてゆく中、たまたま六本木に、安価な今の物件が見つかりました。
 僕は、その機会を一つのチャンスとして捉え、仲間たちに「何時か「Nakano Space Q」の近くにカフェをオープンさせるためにも、まずはこの場所で飲食店のノウハウを学びながら身につけよう」「やるなら自分たちが理想とするお店にするため、自分たちで作り上げよう」と提案。僕が以前に解体業などのアルバイト経験があったことから、解体から改築までできるだけ自分たちで手がけ、今のブルックリン・スタイル (内装にレンガやタイル、コンクリート、無垢の古材など、ビンテージ感の高い素材を用いた)のお店として作りあげました。まさか、まだアルバイトで経験していた解体業が、今になって役立つとは自分でも驚きでした。その模様は、YouTube上にもアップしています」

なぜブルックリンスタイルのカフェにしたのかについて、YURAサマと一緒に合同会社アットワークスプロジェクトを運営している倉田氏が、YURAサマに変わって答えてくれた。

「それまで塞がっていた天井を取り払ったところ、コンクリートが剥き出しになったとても開放的な空間が生まれました。そこから、コンクリート打ちっぱなしの良さを活かそうということから、ブルックリンスタイルの物件にすることを決め、レンガや古材を張り付け、今の「素材を最良に活かしたお洒落なお店」に仕上げました」

ランチタイムが11時から17時までだから、夕方まで美味しいランチを味わえる!!

YURAサマも、「中に入った人がお洒落と感じるのはもちろん、ちょっと自慢したくなる隠れ家的なカフェにもしたいなと思って」と語るように、「Three Point Cafe -Roppongi-」は、「料理が美味しいし、内装もお洒落だし、場所も意外なところにあってさ」と恋人や仲間に自慢したくなるのはもちろん。商談を兼ねた飲食会でも、ゆったり心地好く会話を交わせる場として、とても重宝されている。
場所柄、メインとなる通りから少し離れており、まわりに他に飲食店も無いことから、「Three Point Cafe -Roppongi-」は流行に目ざとい人たちから「隠れ家として自慢したいお店」として注目を集めている。もちろん、流行っている理由はそれだけではない。
「Three Point Cafe -Roppongi-」は、千代田線乃木坂駅から六本木ヒルズへ向かう道の途中にある。その利便性もあり、六本木にある会社へ通勤に使う人たちがブレックファーストやランチを味わう場所として利用すれば、会社帰りの飲食スペースとしても多くのサラリーマンやOLたちの憩いの場にもなっている。加えて、地元に住む人たちの集う「ご近所カフェ」として、「Three Point Cafe -Roppongi-」でランチを食べながらおしゃべりに乗じている人たちも数多い。嬉しいのが、「ランチタイム」が長いことだ。

お店の営業時間は9時から22時まで。朝9時からオープンしているのは、場所柄ちょっと遅めの出勤時間の会社員が多いことから、出勤前のモーニングコーヒーやブレックファーストを楽しんでいただくため。
ランチ時間は11時から17時まで。こちらも、場所柄ランチを取る時間が決まってない人たちが多いようで、よく14時や15時、ときには16時頃にようやくお昼を食べにお店に来る人たちも相応にいることから、お昼を食べる時間の遅い人たちもランチを楽しめるようにと時間を17時まで設定している。
17時以降は、そのまま閉店までディナータイムにシフト。その時間帯からは、仕事を終えた人たちが、軽くお酒を吞みながら、美味しいお摘みを片手に1日の疲れを癒す時間や、美味しい晩御飯をこの場所で味わってから帰る人たちが中心になる。

気になるランチやディナーだが、今は、以下のメニューを用意している。

【定番のランチ3】
和風ガパオライス ¥900
牛スジカレー ¥900
生姜焼きプレート ¥900

【スピードメニュー】
タコライス ¥700
サーモンアボカド丼 ¥700
冷やし坦々うどん ¥800
※季節に合わせた期間限定フードやドリンクも用意しております。

【ドリンク】
コーヒー ¥350〜
アルコール ¥500〜
※アルコールにぴったりなおつまみも¥500〜

中でもお勧めが、「和風ガパオライス」。お店の中でも一番人気で、多くの方々が注文している。最近では、夏場が近づいたことから「タコライス」や「冷やし坦々うどん」などの夏向けメニューも用意。今はこちらも引き合いが強く、ヘルシーなのに意外に腹持ちの良い料理の数々にみなさん舌鼓を打っている。

絶品が、「和風ガパオライス」。その美味しさの秘密とは…。


「Three Point Cafe -Roppongi-」で出している食事は、どれも食材にもこだわりを持って選び、調理している。
お店一番人気の「和風ガパオライス」を例に上げるなら、ご飯は、単一農家から収穫した一等級米の「あきたこまち」を使用。挽き肉の中に混ぜた、シャキシャキの甘いタマネギは、淡路島のタマネギ農家から産地直送で取り寄せている。一つ一つ、こだわりを持った食材で作っているように、その味に惹かれて足を運ぶリピーターたちも多い。
(タマネギを刻んだだけの食材もいただいて欲しい。それに醤油を2.3滴落として食べると、素材をそのまま活かした、とても甘い味とツンとした辛味の刺激の両方を味わえます)

裏話をするなら、「あきたこまち」は米農家である倉田さんの地元親族から取り寄せていれば、タマネギは、厨房で料理を作っている元Kraのドラマー靖乃さんの実家(タマネギ農家)から取り増せている。


ディナーメニューに関しても、先の美味しい素材を活かしたうえで、厳選した料理を用意。このお店の特色が、品数を絞り、それぞれの料理の味の深みを追求していること。
店名の「Three Point Cafe -Roppongi-」も、「あえて様々な品々を3点のみに絞り、厳選した美味しさを味わって欲しい」想いをコンセプトにしていたことから生まれた名前。現在はメニューも増えているが、品数を増やすのではなく「厳選した絶品」を届ける姿勢は、今も変わっていない。

アルコールに関しては、ワインのメニューは充実させている。特徴的なのが、ビールを冷蔵庫に入れており、お客さんが呑みたいビールを冷蔵庫から出して味わう形を取っていること。そこも、ブルックリンスタイルのバーの特色を活かしたスタイル。そういうところにも、さりげなくお洒落なセンスを忍ばせているところが、通の嗜好もくすぐる要因になっている。

スタッフが、あなたのために料理を振舞います!!!


また「Three Point Cafe -Roppongi-」ではミュージシャンが会える時間帯もある。その人の音楽活動時以外という条件はあるが、開店以来、元宇宙戦隊NOIZのドラマーS@TT-ONが厨房で料理の腕を奮えば、最近では、元Kraのドラマー靖乃が、同じく厨房で料理やお酒を提供している事もある。ちなみにYURAサマは「僕、料理は一切出来ないので笑」と、お店の作業自体には直接関わっていないこともお伝えしておこう。

お客さんたちには音楽好きな人たちも多く、手料理を味わいながらランチやディナーを楽しんでいる姿も見かける。
音楽ファンという視点で捉えるなら、「Three Point Cafe -Roppongi-」は近くにあるライブホールEX THEATER ROPPONGIと提携もしており、ライブの半券を持ってお店に来た人たちは特別なサービスも受けられることから、EX THEATER ROPPONGIへ足を運ぶ人たちもよく利用している。

また、最低8人からお店を貸し切り営業できることから、結婚式や誕生会のパーティ会場として貸し切る人たちはもちろん。アーティストがファンクラブイベントとして貸し切り、みずから厨房で作った自慢の料理をファンたちに振舞うイベントを開催したり、と秘密のイベントパーティの会場としてお店を利用する人たちも多い。
お店としては、「ロリータ系の方々のお茶会の場としても、ぜひご使用ください。壁をバックにした撮影も可能ですから」と推薦していたこともお伝えしておこう。

お洒落度が高い割に価格がリーブナズルで庶民的なところも「Three Point Cafe -Roppongi-」の特徴!!!


「音楽活動はもちろんですが、いろいろな形でいろんな情報を発信しています。『人生にタノシーを一つでも増やそう』と一緒にアイデアを話しあっては活動し続けているオンラインサロンも月額500円から入会できます。「Three Point Cafe -Roppongi-」には、僕のオンラインサロンのメンバーでないと頼めない裏メニューも用意するプランもあるように、僕の今後の動きを追いかけてもらううえでも、こちらも楽しんでください」

TEXT:長澤智典

Three Point Cafe -Roppongi-


Three Point Cafe -Roppongi- twitter
https://twitter.com/CafeRoppongi

インフォメーション

Nakano Space Q Web
http://nakano-spaceq.com/
Nakano Space Q twitter
https://twitter.com/q_nakano

YURAサマ twitter
https://twitter.com/YURAsamaTakeshi
オンラインサロン「カラフルライフ」
https://community.camp-fire.jp/projects/184643/preview?token=1bjxgu7b
月額¥500~/携帯決済サービス対応/
公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40ptq8310g
YURAサマCH/
https://www.youtube.com/channel/UCOlsqfDAD8kUTqV2s5e0v5Q

読者プレゼント♡


「Three Point Cafe -Roppongi-」で撮りおろしのYURAサマチェキをプレゼント♪
フォロー&RTで3名様にプレゼントします♡

①アカウントをフォローしてね!
「原宿POP」のアカウント

②こちらのつぶやきをRTしてね!

期限:7月13日(月)23:59

この記事を書いた人

長澤智典
音楽を中心に執筆中のライター。「あなたのため」に頑張ります。 twitter @nagasawatomonor Web http://vues.jp/

新着記事