少女時代の儚さは泡沫の紙飛行機のよう・・・物語性を大事にする注目の中国ロリータ服「MCLUSTER」

2022年01月17日 | アパレル
Loadingいいね

日本発のロリータ服は中・近世ヨーロッパの貴族のお姫様スタイルに、お人形さんのような少女らしいテイストを加えたファッション。一般的には、レースやフリル、リボンがたっぷりの「かわいい」甘ロリのイメージですが、ゴスロリ、クラシカル、華ロリ、和ロリ、ミリタリー、スチームパンク…とテイストは幅広くあります。

とくにロリータ服が大流行している中国では、日本以上にブランド数が多く、自由度の高いデザインとリーズナブルな価格が人気を集めています。カジュアルなロリータ服が多く、普段から着回しやすいのも広がりを後押ししています。近年は逆輸入の形で日本に中国ロリータのセレクトショップ、ロリータさんでなくとも服を購入する人が増えました。

日本以上に自由度が高い中国ロリータだからこそ、これまでになかった魅せ方ができるはず。そこで、カンフーアーティストのイナミちゃんにしかできない中国ロリータ×カンフーアクションを定期的に撮影しています。イナミちゃんは、ロリータカリスマモデル深澤翠ちゃんのナビゲートで、「新人ロリータモデル」として誌面デビューにチャレンジできる原宿POP新企画「Kawaiiチャレンジ」二次審査通過のドリーマーでもあります。

※撮影直前まではマスクを着用し、撮影時のみマスクを外しております。

EAST MARTIAL ARTS代表のイナミちゃん

太極拳の先生としても活躍する、プロカンフーアーティストのイナミちゃん。大好きなロリータファッション×武術アクションを組み合わせた《つよかわいい》新たな世界観を作っていきます!

武術を始めたきっかけは、幼稚園児だった時に急に何を見たわけでもなく、「中国武術をやりたい」と言い出したらしい・・・。

Twitter: @inami_future
Instagram: inami_future
YouTube:イナミ先生のもふもふ太極拳

少女時代の追憶は儚く美しい!【MCLUSTER】泡沫の紙飛行機

ブランド: M55-喵星团原创设计
・ワンピース
・ボンネット
・ミニハット
・手袖
・チョーカー

こちらのお洋服は「少女時代の追憶」がテーマ。夏の日差しで氷がどんどん溶けて水泡となって昇り、その上を紙飛行機が飛んでいく、とても清涼的な美しさをイメージしています。
カラーは4色展開していますが、白系ベースの3着だけでなく、真逆の黒地ベースもあります。
生地は白系がアイランドサテン、黒系がジャカードのダークドットパターンを使い、外側にはガーゼ布を重ねています。
今回は水色×白色をチョイスしました。

フリルは少し控えめなクラシカルとスウィートの良い所どりのデザインで、どことなくノスタルジーを感じさせます。ボンネットからスカートまで大きなリボンがたくさん使われていて可愛らしくも、両肩からスカートにまでかぶさった透明のガーゼが儚さを醸し出しています。まさに少女時代を演出していますね。



物語性を大事にする中国ロリータブランド「MCLUSTER」


「MCLUSTER」は設立してからまだ3年ほどの中国ロリータ・ファッションブランド。ただし、スタッフはもう10年近くロリータ・ファッションに触れてきたそう。この間、中国でのロリータ文化の変化に接し、最初は理解する人が少なかったものの、中国内で少しずつ広がっているとのことです。お店を開いてから3年が経ち、デザイン、制作からアフターサービスまで、さまざまな問題に直面しながらも。少しずつ成長し、ブランドを発展させるための努力続けています。

デザインの設計理念は「独自のデザインと物語性があり、着た女性の美しさを向上させる」。年間で新作は3〜5着ほど発表しています。
ちなみに、これまで最も人気があった同ブランドのお洋服は「スミレ色の花手紙(中国名:薇尔的来信)」です。こちらは現在、Epeticeで、2月6日まで受注中予約できます。

※「麗Yer’s」主催の「富岡製糸場」撮影イベントに参加しました。2016年から日本各地にある通常は撮影申請が難しい貴重な場所での撮影イベントを定期開催しています。

イナミちゃん撮影:乃木章 @Osefly
衣装提供: Epetice
画像提供:MCLUSTER
麗Yer’s:公式サイト

この記事を書いた人

「原宿POP」のライター・カメラマン。中国語が得意。2019年に中国ロリータ服に出会い、その多様性と華やかさに惹かれる。市場の成長が著しい中国ロリータブランドやモデルがカンフル剤となり、日本でもロリータファンが増えればと、中国ロリータの取材に注力している。Twitter:@Osefly

新着記事