1着でお嬢様からメイドまで早変わり!日常使いできる中国ロリータ服「Nana Riot」の魅力をお届け

2022年01月30日 | アパレル
Loadingいいね

日本発のロリータ服は中・近世ヨーロッパの貴族のお姫様スタイルに、お人形さんのような少女らしいテイストを加えたファッション。一般的には、レースやフリル、リボンがたっぷりの「かわいい」甘ロリのイメージですが、ゴスロリ、クラシカル、華ロリ、和ロリ、ミリタリー、スチームパンク…とテイストは幅広くあります。

とくにロリータ服が大流行している中国では、日本以上にブランド数が多く、自由度の高いデザインとリーズナブルな価格が人気を集めています。カジュアルなロリータ服が多く、普段から着回しやすいのも広がりを後押ししています。近年は逆輸入の形で日本に中国ロリータのセレクトショップ、ロリータさんでなくとも服を購入する人が増えました。

日本以上に自由度が高い中国ロリータだからこそ、これまでになかった魅せ方ができるはず。そこで、カンフーアーティストのイナミちゃんと、中国ロリータ×カンフーアクションを定期的に撮影して来ました。イナミちゃんは、ロリータカリスマモデル深澤翠ちゃんのナビゲートで、「新人ロリータモデル」として誌面デビューにチャレンジできる原宿POP新企画「Kawaiiチャレンジ」二次審査通過のドリーマーでもあります。

※撮影直前まではマスクを着用し、撮影時のみマスクを外しております。

EAST MARTIAL ARTS代表のイナミちゃん

太極拳の先生としても活躍する、プロカンフーアーティストのイナミちゃん。大好きなロリータファッション×武術アクションを組み合わせた《つよかわいい》新たな世界観を作っていきます!

武術を始めたきっかけは、幼稚園児だった時に急に何を見たわけでもなく、「中国武術をやりたい」と言い出したらしい・・・。

今回は、日本の特撮モノの聖地の1つである石切山脈で撮影。様々なアクション風ポーズに挑戦しました。

Twitter: @inami_future
Instagram: inami_future
YouTube:イナミ先生のもふもふ太極拳

Edwardメイド ワンピースセット・ショート丈(刺繍あり)【Nana Riot】

ブランド: NanaRiot

衣装提供: Edwardメイド ワンピースセット・ショート丈(刺繍あり) ブラック

「Nana Riot」は新興ブランドで、「Edwardメイド ワンピース」は2021年5月にWeibo公式アカウントで発表されました。Weiboの記録を見る限り、同ブランドの第1作目のようですね。
同アイテムからも同じ特徴が垣間見えるのですが、2作目のお洋服が完全にゴシックテイストなので、ゴシック系が得意なデザイナーなのでしょう。

中国では日本よりもカジュアルにロリータ服を楽しむ文化が広がっているのもあり、自由な解釈に留まらず、ロリータ服の要素を取り入れたコンセプト衣装を作るブランドも増えています。

同ブランドはロリータ服の要素を取り入れてはいますが、もっと大きな括りで、原宿のKAWAIIファッション文化を感じさせます。
さて、ブランドカラーがこれからどのように形成されていくのでしょうか。

「Edwardメイド ワンピース」はクラシカルテイストで、ロング丈とショート丈、ブラックとブルーグレーの2色展開。Edwardという名前からは、ファッション・スタイルでロンドン社交界をリードした英国王エドワード7世(在位期間1901~1910年代)の流行したロマンチックなスタイルが連想できます。

ワンピースには、取り外し自由なエプロン・胸リボン2種類がセット。そのままなら貴族のお嬢様のような装いですが、エプロンをつければメイド風に早変わり。ブルーグレーの色味は、中国ブランドの中でも珍しいのですが、爽やかで上品な色合いに綺麗に纏まっています。



一方で、ブラックはデザインに変化はないはずが、上品でありながらもゴシックテイストを感じさせます。
最近の中国ロリータ服は、1着で多様な着こなしができるデザインが流行っていますが、こちらのお洋服は可愛くも、カッコよくも、日常使いしやすいのでおすすめです。

※「麗Yer’s」主催の「石切山脈」撮影イベントに参加しました。2016年から日本各地にある通常は撮影申請が難しい貴重な場所での撮影イベントを定期開催しています。

撮影:乃木章 @Osefly
衣装提供: Epetice
麗Yer’s:公式サイト

この記事を書いた人

「原宿POP」のライター・カメラマン。中国語が得意。2019年に中国ロリータ服に出会い、その多様性と華やかさに惹かれる。市場の成長が著しい中国ロリータブランドやモデルがカンフル剤となり、日本でもロリータファンが増えればと、中国ロリータの取材に注力している。Twitter:@Osefly

新着記事