ロリータさんにおすすめ♪ケーキセットにドレスレンタルまで揃ったアンティークなカフェスタジオ「ハナノスミカ」

2022年03月13日 | アパレル
Loadingいいね

ロリータ服で撮影に行きませんか?おすすめの撮影スタジオがあります。

日本発のロリータ・ファッションは今では世界中に広がり、各国それぞれの発展をしています。とくに中国ではロリータ市場が日本以上に大きく、その着こなしや解釈の自由度の高さからカジュアルに楽しむ人が多いです。近年は日本でも中国ロリータ服を扱うセレクトショップが増え、従来のロリータさんに限らず、ポートレートモデルやコスプレイヤーが着ている姿も見かけるようになりました。

しかし、中国と比べると日本のロリータさんは撮影頻度が少ない印象。中国のSNSでは素敵なロケーションで、カメラマンに撮影してもらった人の投稿写真を多く見かけますが、日本ではお茶会など交流の場での自撮り以外はあまり見かけません。


せっかくの素敵なお洋服だからこそ、日本でも作品撮りの機会が増えてほしい。今回ご紹介するのは東京都江東区にある「ハナノスミカ」。ロリータ服に限らず、創作系、コスプレイヤーにも大人気の唯一無二なカフェスタジオです。今回、同スタジオのオーナーであり、モデルとしても活動するmimosaさんに中国ロリータ服をお召し頂いて撮影してきました。

カフェスタジオ「ハナノスミカ」


同スタジオは2020年8月1日にオープン。オーナーはモデルとしても活躍するmimosaさん。コスプレや創作の写真撮影をしていた経験から、1人でも営業出来そうなカフェスタジオを始めました。

ハナノスミカTwitter:@hananosumika_
ハナノスミカ予約サイト:https://cafe.tw-rainbow.co.jp


<mimosaさん/プロフィール>
カフェスタジオ「ハナノスミカ」オーナー。これまで、作品撮りモデル、着用モデル、サロンモデル、セミナーモデルなどを務めてきた。現在はハナノスミカのイメージモデルを中心に活動中。
Twitter: @mimosa_kaikuro
Instagram: mimosa.kaikuro

スタジオの内装は、インテリアコーディネーターの資格を持つmimosaさんがデザイン。花(ドライフラワー、生花)とアンティーク家具の調和がメインテーマです。
家具などの配置変更から壁紙貼りまで作業は一人でこなし、ほぼ全てのドライフラワーを生花から作っています。現在も内装は季節ごとに1箇所は必ず変えているそうです。


また、スタジオとしては作家とのコラボも多くしており、作品を展示したり、撮影でレンタル可能にしたりしています。


また、同スタジオの名物がmimosaさんの手作りケーキとドリンクのセット。事前予約制のみですが、撮影にも使用することができます。ケーキは予約分のみを、前日、もしくは当日に作り、1番美味しい状態で提供しています。保存の為にお砂糖をたくさん入れる必要がないので、素材本来の美味しさを味わうことができます。甘いものが苦手な方でも最後まで美味しく食べられるように甘さを控えめです。


ティラミス

アールグレイティー

<スタジオ情報>
住所:〒136-0072 東京都江東区大島6-27-5
電話:080-8084-4758
営業時間:A:9:00〜13:00(4h)、B:14:00〜18:00(4h)、C:18:00〜21:00(3h)
スタジオシェアプラン:4h /平日 5,500円+税、土日祝日 6,000円+税。2名から予約。延長1h1500円×人数。
ケーキドリンクセット:スタジオシェアプランに加えて、1000円×人数。

※商用目的、ROM撮は貸切プランのみ。

スタジオのご予約はお問い合わせからできます。

mimosaさんをハナノスミカで撮影させて頂きました♪

■【Elven Rabbit】クリームシフォンシリーズ(セットアップ)

mimosaさんに最初にお召し頂いたのは、様々な組み合わせを楽しめるクリーム色のドレス。


ワンピース単体としても着られるのですが、ボンネットやカチューシャ、エプロン、長袖ブラウスなどセットアイテムが豊富なので、季節やシチュエーションに合わせて好みのコーディネートを楽しめます。

■【時之砂】Heart Beat ワンピース・帽子セット

2着目はレトロクラシカルなドレス。ホワイトオーガンジーの水玉が美しい♪帽子付きのフルセットです(※今回の撮影では、ベルトリボンだけは違うアイテムを使っています)。


上品なクラシカルではありますが、ポップなシチュエーションでも浮かない絶妙なバランス。大きな帽子とスカートがとにかく可愛らしい。

mimosaさんに訊く「ハナノスミカ」の魅力

――普段はどんなファッションがお好きですか?

mimosa :レトロなファッションが好きです。
ロリータ・ファッションは友達と合わせて出かける時や趣味撮影の時に着る事が多いです。

――今回の撮影の2着はいかがでしたか?今度はどんなロリータ服を着てみたいですか?

mimosa :1着目「【Elven Rabbit】クリームシフォンシリーズ(セットアップ)」は、上下分かれていて、エプロンや長袖、ベルトなどアレンジの幅が大きくて着ていて楽しかったです。

2着目「【時之砂】Heart Beat ワンピース・帽子セット」は、ドット柄のワンピースと大きな帽子の組み合わせがとても可愛くて、スキップしたくなる気分でした。

着物風や頭を盛り盛りにした貴族のお姫様のようなロリータも着てみたいです。

――「ハナノスミカ」の内装がとても雰囲気が良くて、ロリータ服撮影との相性が良いのを感じました。普段はどんな方がスタジオを利用しているのでしょうか?

mimosa :ロリータさんはもちろん、コスプレや創作ドレス、ブライダルフォトや七五三、着物、ポートレート、ドール撮影など、幅広いお客様にご利用頂いております。


――内装も定期的に変えているとのことですが?

mimosa :内装はイベント(ハロウィンやクリスマス)や季節(夏、冬など)でテーマに合わせて変えております。
同じテーマ(例えばクリスマス)でも、昨年とは違うテイストに仕上げるようにしています。
2021年の7〜8月、2022年の1〜2月はアクセサリー作家のmarywest⭐︎さん(Twitter:@maryandmarywest)とブースも含めてコラボしました。

――「ハナノスミカ」ならではの魅力の一つとして、コラボ作家さんのアクセサリーやドレスのレンタル、撮影にも使えるオリジナルケーキセットなどがあります。どういった経緯で実現したのでしょうか?

mimosa :作家さんとのコラボやドレスレンタル、ケーキセットなどは全て私の理想を実現したものになります。
スタジオをオープンする前から趣味でコスプレなどしていたのですが、

撮影中お腹が空くのでケーキを食べられたり暖かい飲み物飲めたりできたら良いな、、、
ドレスはスーツケースに入れるのが大変なのでレンタルできたら良いな、、、
色んな作家さんのアクセサリーを使いたいからレンタルできたら嬉しいな、、、

などの理由から、スタジオ始める前から交流のある作家さんにお声かけし、私の着たい素敵なデザインのドレスを仕入れ、毎月季節感のあるケーキを提供する様になりました。
少しずつ関わる作家さんやドレスの量も増えて現在に至ります。

――最後に、「ハナノスミカ」の今後の展開を教えてください。

mimosa :今後の予定として、半年分のブースやコラボセットなどをまとめた写真集を「ハナノスミカ」で作ることになりました。
作家さんの期間限定のアクセサリードレスセットを着用し、コラボしたブースと合わせて、半年分のテーマをまとめます。ブースの変化なども楽しんで頂ける一冊にする予定です。

そして新しく仕入れるドレスを、衣装デザイナーのアリスガワアリスさん(Twitter:@ArisugawaAlice)にオーダーしています。
今までは既製品でしたが、今後はアリスさんにオーダーしたドレスが季節ごとに追加される予定です。

また、月に1度、カメラマンさんと組んでプリンセスフォトプランも開催していきます。
いずれはヘアメイクさんとも一緒にできればと思っています。

撮影:乃木章(Twitter:Osefly
衣装提供:Epetice(Twitter:@Epetice
スタジオ:ハナノスミカ(Twitter: @hananosumika_

この記事を書いた人

「原宿POP」のライター・カメラマン。中国語が得意。2019年に中国ロリータ服に出会い、その多様性と華やかさに惹かれる。市場の成長が著しい中国ロリータブランドやモデルがカンフル剤となり、日本でもロリータファンが増えればと、中国ロリータの取材に注力している。Twitter:@Osefly

新着記事