「THE FIELD CATS」古の手紙フォトレポート!レトロでロマンチックなロリータ服はお好きですか?

2022年04月10日 | アパレル
Loadingいいね

日本発のロリータ・ファッションは今では世界中に広がり、お隣の中国では大流行中。日本のブランド数が50位に対し、中国では200以上もブランドがあり、デザインの多様さとリーズナブルな価格が特徴でカジュアルに楽しむ層が多いです。近年は日本でも、逆輸入の形で中国ロリータ服を扱うセレクトショップが増えました。

カジュアルからゴシック、クラシカル、甘ロリ、ミリタリー、和ロリ、華ロリ・・・と様々なテイストがあるロリータ服の中でも、その源流でもある懐古的デザインはいつの時代も人気。派手すぎず、ポップすぎず、普段使いしやすいのも魅力的です。

今回紹介するのは、デザインの独創性と品質に定評があるコスパ良しの「两只田园猫(THE FIELD CATS)」新作“古の手紙”。「レトロでロマンチック」をテーマにデザインされたクラシカルロリータです。茉白すふれちゃん、KAPIちゃんにお召し頂きました。

茉白すふれちゃん/プロフィール

コスプレイヤー/ファッションモデルとして活躍する大学生。学業の傍でモデル活動をしている。和風人形のような清純な佇まいに、キュートな笑顔が持ち味。

Twitter:@ros_rin1017
Twitter(ポートレート): @Like_peony1017
Instagram: ros_rin1017
Booth:めれんげたいむ

KAPIちゃん/プロフィール

日本とインドネシアのハーフであるKAPIちゃんの強みは、幼い頃から学んできたインドネシア伝統演武「シラット」。 “シラットJr.世界大会”「PENCAK SILAT PAKUBUMI」演武部門において、2017年・2018年金メダリストの実力者です。舞踊と格闘技どちらの側面も持ち、流派も数百ある「シラット」で鍛えた身体能力を生かしたポージングは必見。SNSでは中国ロリータの作品写真も多く投稿しています。最近は少しずつブランドモデルのお仕事もする機会が増えました。

Twitter:@KAPI_827MP
Instagram:kapi_cos
Booth:kapi827mp

两只田园猫(THE FIELD CATS)

2020年5月設立。
代表・陈然萱氏は、かねてからロリータ服やBJD人形(球体関節人形)などの文化が大好きだったそう。北京服装学院の服装設計科の修士課程を修了し、中国服装設計師協会副主席・刘元风氏に師事し、2020年5月に夫婦でロリータ・ファッションブランド「两只田园猫(THE FIELD CATS)」を設立しました。

ブランドの名前は、二人が一緒に飼っている2匹の橘猫(中国で生まれる猫の種類の一つ)に由来しています。

「華麗なデザインで、できるだけ手ごろな価格に抑え、多くの女性に着てもらいたい」想いを大切にし、洋服のデザイン、パターン、サンプル服作成、代表一人で完成させています。時には自らレースの染色することもあるとか。他が介在しないことで、独創性のあるデザインを追求しやすくなっています。一方で人力に限りがあるため、新作は年に3〜4着ペースになっています。

2022年現在、和ロリ「落樱猫屿(桜吹雪と花見猫)」、華ロリ「九色鹿」、「月下曲(Song in the Moonlight)」、花嫁ドレス「秘境之钥(秘境の鍵)」、クラシカルロリータ「古の手紙」の5シリーズを展開。

関連記事:新進気鋭の中国ロリータ「两只田园猫」に注目!新作・秘境之钥が女の子の憧れを詰め込んだ麗しさ

関連記事:注目の中国ロリータ「THE FIELD CATS」新作ドレスが日本で発売開始!“価格破壊”な華麗さはコスパ最強!?

お店はロリータ服専門店として、インターネットショップの運営をメインとしながら、中国各地の大都市を中心に数十もの実店舗、さらに、日本の「Epetice」を始めとする海外での委託販売をしています。

美しくコスパに優れた洋服を生み出す
「THE FIELD CATS」最大の特徴は、精細なデザイン設計に裏打ちされた豪華なドレスをリーズナブルな価格で販売していることです。
長期的に安定した生産性を持つレース工場、生地工場、洋服製作工場と契約していため、品質を確保しながらも製造コストを下げることができるのです。

2022年は、レトロ、クラシカル系、エレガントな花嫁ドレスの3シリーズの新作を発売予定です。

「古の手紙」


「古の手紙」フルセット(グリーン) 23,980円(税込・送料込)
【内容】
ジャンパースカート
レース飾り
バックリボン
ベール
ヘッドドレス
首飾り


「古の手紙」フルセット(ピンク) 23,980円(税込・送料込)
【内容】
・ワンピース
・ウエストベルト
・ウエスト飾りリボン
・リボンピン
・手袖
・ミニハット
・インナースカート


春のこの時期にぴったりなクラシカルドレスは、サテン生地を使用。滑らかで、肌にやさしく、しわができにくく、光沢があります。
装飾ではドレス生地およそ3メートルにも渡って花の刺繍が散りばめられています。



重なり合ったシャーリングレースとアコーディオンプリーツがスカートの質感を豊かに。



また、手袖やウエスト飾りリボンなどには繊細な立体刺繍の花がたくさん飾られています。


前開きのワンピースはスカート部分を開けて付属のインナースカートをチラ見せさても可愛い♡


後ろ見頃部分は編み上げ+シャーリングとなっており、サイズの調節が可能です。
見た目の軽快さもそうなのですが、着心地の良さもバツグンな1着。



ミニハットはそのまま被ってもいいですが、アクセサリーや髪型を変えてアレンジすることで雰囲気がガラッと変わります。

撮影:乃木章(Twitter:Osefly
ヘアメイク(KAPIちゃん):Miyako 霊子(Twitter:@miyako_cheng
販売サイト:Epetice(Twitter:@Epetice

この記事を書いた人

「原宿POP」のライター・カメラマン。中国語が得意。2019年に中国ロリータ服に出会い、その多様性と華やかさに惹かれる。市場の成長が著しい中国ロリータブランドやモデルがカンフル剤となり、日本でもロリータファンが増えればと、中国ロリータの取材に注力している。Twitter:@Osefly

新着記事