【インタビュー】煌めき☆アンフォレント、メジャーデビュー!宇宙に羽ばたく7人組アイドルが届ける「煌めく想い」とは

2020年04月02日 | インタビュー
叶岡 怜
Loadingいいね


2020年2月26日に、日本コロムビアから1st E.P.「新宇宙±ワープドライブ」をリリースしたアイドルグループ「煌めき☆アンフォレント」。
二條満月、茉井良菜、双葉凛乃、谷麻由里、高橋みお、日南遥、藤宮もなの7人組アイドルグループです。
「宇宙」と「煌めき」をコンセプトに、三重県を盛り上げるご当地アイドルとして2015年10月に結成され、今回念願のメジャーデビューを果たしました!

リリース前日の2月25日にはワンマンライブを開催し、新曲も初お披露目。
そして、4月からはミニアルバムを引っさげた2ndアジアツアー2020『新宇宙±ワープドライブ』の開催も決定!
今や海外にも、そして宇宙へと羽ばたいていく「煌めき☆アンフォレント」に、メジャーデビュー後の心境や、今後の展望についてお話を聞いてきました!

▲ 1st E.P.「新宇宙±ワープドライブ」のリード曲、「太陽系◉ワンダーラスト」のMV。
ベジータに扮したR藤本が出演していることでも話題に!

──メジャーデビューおめでとうございます!
ワンマンライブで楽曲のお披露目もされたとのことで、まずはライブの感想からお聞かせください!

双葉凛乃 実は私、ライブの前日に事故にあってしまいまして。怪我自体は大きなものではなかったんですが、元からライブ前は緊張してしまうタイプということもあって、いつも以上に不安な気持ちが大きいライブ前夜になってしまったんです。なんですが、いざ当日ステージに立ってみたら、ファンの方の熱量がすごくて、アドレナリンが出すぎちゃって(笑)怪我のこととか忘れて楽しんでしまうくらいの熱いライブになりました!
加入したばかりのころはまだまだファンの人が少なかったんですが、今回本当にたくさんの方に来ていただけて…感慨深い気持ちとともに、このいい波に乗っていきたい!と強く思いました。

谷麻由里 私もどちらかというと緊張してしまうタイプなんですけど、多くのファンの方のおかげで、とても楽しいライブになりました! 新曲のお披露目はもちろんのこと、最近やっていなかった既存曲をこのメンバーで改めて披露するという特別感もありましたね。普段は明るい色の衣装が多いんですが、今回お披露目する新衣装は、初めての黒系の衣装だったり。新要素も多く、素敵な思い出に残るライブになりました。

日南遥 麻由里さんも言うように、普段のライブだと多くても6曲くらいまでしか披露できないんですが、キラフォレにはそれでは収まらないなくらいに、素敵な曲がとても多いので…!
ワンマンという形でたくさんの方に集まってもらって、多くの楽曲を聞いていただける機会が嬉しかったです。最近来てくださる方は、「この曲初めて聞いた!」と言ってくださったり、いつも来ていただいている方も「久々に聞いたけどやっぱりこの曲いいな!」と、キラフォレの楽曲の良さ、ライブの良さを改めて感じてもらえたかなと思っています。特典会の会話もかなり盛り上がって、楽曲の感想を言い合えるのが楽しかったです!

──とても熱量の高い、メジャーデビューにふさわしいライブだったんですね!
ライブを経て、改めて今回リリースしたミニアルバムへの思い入れや、お気に入りの楽曲などありましたら教えてください。

日南遥 今回のEPには新曲が3つ入っているんですが、そのうちの1曲「地球(BLUE SHINE EDEN)♁SHOOTING STAR」がめちゃくちゃお気に入りです。
元々、キラフォレの既存曲で「太陽(ラブ)INVADER」、「運命(ジャスティス)√ビッグバン」という曲があり、その2曲が大好きで。
今回の曲は、この2曲を作ってくれた製作陣の方が、新しくキラフォレのために書いてくれた曲なんです。
メッセージ性も強く、まさに「宇宙」と「煌めき」をそのまま詰め込んだような、キラフォレらしさ全開の曲!
キラフォレが好きと言ってくれる方には絶対に刺さる、キャッチーな仕上がりになっています!

高橋みお 私は新曲の「未完成≠My Soul」という曲がすごい大好きです。
キラフォレは「キラキラでかっこいい」イメージがあると思うんですが、この曲は新たな一面が出ている曲だと思います。普段私はプライベートではバラードばっかり聞いているんですが、「未完成≠My Soul」はちょっと大人なバラード寄りのテイストなんです。疾走感はあるんですが、今までの明るく突き進む感じとはまた違っていて、ちょっぴりセクシーなところも見せられたかなって。
ミニアルバムだからこそ出せた曲で、アルバムの流れの中でもいいアクセントになっているんじゃないかなと思います。

二條満月 「Starlight☆Starter」という曲があるんですが、こちらは楽曲というかSEなんですが、一番お気に入りです。いつもワンマンのときの一番最初に流れる曲で、とても思い入れがあるんです。これからライブが始まる…という、感動や興奮がよみがえってきて。ライブに来てくれているファンの方も、聞いたら絶対テンションが上がると思います!
この曲からアルバムが始まるという流れがとても好きで、是非このミニアルバムを、ライブみたいな感覚で、通して聴いていただけたらと思います。

茉井良菜 今までのインタビューや、アルバムが出来上がった時点では他の曲が好きだったんですが、「地球(BLUE SHINE EDEN)♁SHOOTING STAR」が、自分の中でキテます。
ライブで披露してみて、ファンの方からの声をもらったことで思いが高まって、どんどん愛情が湧いてきてるんです。
曲の入りや世界観も素敵で、踊っていても楽しくて、レコーディングの時点より何倍も好きになりました。
ライブでファンの方と気持ちをやりとりしながら、曲も成長していくようなところもあるので、たくさんの反応をいただけたことも素直に嬉しいです。
新しいキラフォレの表題曲になっていったらいいなと思います!

谷麻由里 ライブを通して成長していくという話、すっごくわかります!
私も初めは新曲が好きだったんですが、ワンマンライブを終えたあとは「雪のカケラ*」が好きになっています。
既存曲なんですが、何回聴いても飽きない、いい曲だなって、改めてワンマンライブでたくさんの曲をやってみた中で思ったんですよね。ライブごとに、楽曲の新しい魅力を自分たちでも発見したりしています。今回のミニアルバムの曲も、何度もライブを重ねて、ファンの方と作り上げていく中で、どんどん感じ方が変わっていくんだろうな。それが今からとても楽しみです!

双葉凛乃 私は、好きすぎる推し曲「儚恋‖セパレート」をずっと推し続けます(笑)
ファンの方からの投票で決まる、楽曲大賞で一位になってCDに入ったというのもとても嬉しいです!
歌詞がとても切ない、辛い恋愛のお話なんですけど、すごく私好みで…ライブ中も物語に入りこんで踊ってしまうくらいストーリー性が高いんです。
今回改めてCDに入ったことで、歌詞を見ながら曲を聴くことができるじゃないですか。
実は曲の中では歌ってない台詞が歌詞に入っているんですが、それは歌詞カードを見ないとわからないんですね。
「まだ君が好きだなんて…」までは歌うんですが、そのあと「言えないよ」という台詞が実は入っているんです!
それを読みながらああああ…!切ない!!!って(笑)
なので、CDを手元に置いて、歌詞カードを見ながら、「儚恋‖セパレート」の世界に浸りながら聞いてほしいです!

藤宮もな 私は1曲1曲にも思い入れはあるんですが、まずアルバムに自分の声が入るのが初めてで。この7人の中では一番の新メンバーで、元々は一ファンとして好きだった曲の中に自分の声が入る、そんなアルバムができたんだ…という感慨深さが一番にあります。既存曲も新曲も、この七人のキラフォレとして世に出すのは初めてのこと。全部全部宝物で愛おしいんです。全部通して、この七人のキラフォレの世界を楽しんでもらえたら嬉しいです。

▲煌めき☆アンフォレントの地上波冠番組「三重レ☆キラフォレ」でも、1st E.P.について語っている様子が。YouTubeにもアップされています!

──一曲一曲、思い入れの深い曲ばかり詰まった素敵なミニアルバム、是非みなさんに聴いてもらいたいです。
この後はミニアルバムのタイトルを冠したアジアツアーが行われますね。日本各地の他、タイ・台湾へも赴く大型ツアー、意気込みなどをお聞かせいただけますか?

二條満月 アジアツアーの中で、日本各地のQUATTROを回るQUATTROツアーが含まれている形になるんですが、それがちょっと嬉しくて。自分の中でQUATTROツアーってなんか強そうというか、かっこいいイメージがあって…(笑)憧れの方がやっている印象だったので、キラフォレもそのステージに立てたのかなということが、嬉しかったです。

谷麻由里 海外にも何回か行っているんですが、今回また現地のファンの方達に会えるのがとても楽しみです!
現地の方、とてもオープンで熱いんですよ。コールとかも日本語でしてくれて。

日南遥 日本も海外も、みなさん同じように熱く応援してくれるんですが、海外は確かに表現方法がオープンという印象があります。あとやっぱり、日本語で話しかけてくれるとびっくりすると同時に嬉しいですよね。すごく勉強してくれているんだなって…!

高橋みお 物販もほとんど日本語で喋ってくれるんですよ。みんな日本語とても上手で、どう勉強したのか聞いたらみんな独学だって。

双葉凛乃 日本のカルチャーを好きでいてくれてるんだなって感じますね!
Twitterのリプライも日本語で送ってくれたり、暖かさを感じます。

茉井良菜 台湾は特に、行くたびに現地のファンの方が増えてて。
日本のライブに遊びに着てくれる方も多くて、台湾からいつもありがとう!って言う側だったんです。
なので今回会いに行けることがすごく嬉しいです!

──日本も、海外も、熱いライブになりそうですね…!私たちも原宿から、応援しております!
それでは最後に、原宿カルチャーが好きな「原宿POP」読者の方に向けて、メッセージをいただけますか?

茉井良菜 衣装がキラキラで本当に可愛いので、もしかしたら原宿ファッション好きな人も気になる衣装があるかも?
そんなきっかけでも、是非遊びにきて欲しいです!
曲もいい曲が多いので、生の現場を見て好きになってもらえたら嬉しいなって。

日南遥 ファンの方も優しいから安心して遊びにきてください♡女の子大歓迎!
ロリータで遊びに来てくれたりとかしたら嬉しいな…!

双葉凛乃 華やかになりそう♡

谷麻由里 最近女の子ファンも来てくれていて。ガーリーなコーデでおしゃれしてきてくれたりするのが、とっても嬉しいんですよね!

日南遥 特典会で逆に大人気になっちゃう。むしろこのアクセどこで買ったの?どうやってメイクしてるの?とか聞いちゃいそう。私たちが原宿ファッションについて教えてほしいくらい(笑)

谷麻由里 かわいいものは私たちも大好きなので♡
原宿カルチャー好きなみなさん、是非仲良くしてもらえたら嬉しいです!

EP『新宇宙±ワープドライブ』

2020年2月26日(水)リリース

【Type-A】COCP-41058

M0. Starlight☆Starter
M1. 太陽系◉ワンダーラスト
M2. 地球(BLUE SHINE EDEN)♁SHOOTING STAR
M3. 全開<アクセラレーション
M4. 唯想∽ユートピア
M5. 未完成≠My Soul
M6. 儚恋‖セパレート
M7. 幻影★ギャラクティカ (2020ver.)
M8. =虹色=サンシャイン (2020ver.)

【Type-B】 COCP-41059

M0. Starlight☆Starter
M1. 太陽系◉ワンダーラスト
M2. 地球(BLUE SHINE EDEN)♁SHOOTING STAR
M3. 全開<アクセラレーション
M4. 唯想∽ユートピア
M5. 未完成≠My Soul
M6. 儚恋‖セパレート
M7. 幻影★ギャラクティカ (2020ver.)
M8. 奇跡≒スターチューン (2020ver.)

【Type-C】 COCP-41060

M0. Starlight☆Starter
M1. 太陽系◉ワンダーラスト
M2. 地球(BLUE SHINE EDEN)♁SHOOTING STAR
M3. 全開<アクセラレーション
M4. 唯想∽ユートピア
M5. 未完成≠My Soul
M6. 儚恋‖セパレート
M7. 幻影★ギャラクティカ (2020ver.)
M8. 煌々◇ナミダ (2020ver.)

【Type-D】 COCP-41061

M0. Starlight☆Starter
M1. 太陽系◉ワンダーラスト
M2. 地球(BLUE SHINE EDEN)♁SHOOTING STAR
M3. 全開<アクセラレーション
M4. 唯想∽ユートピア
M5. 未完成≠My Soul
M6. 儚恋‖セパレート
M7. 幻影★ギャラクティカ (2020ver.)
M8. 雪のカケラ* (2020ver.)

2ndアジアツアー2020「新宇宙±ワープドライブ」

2020年4月4日(土)台湾・台北 ※芸能事務所・トイプラ台湾新ユニットお披露目予定
2020年5月3日(日)NAGOYA CLUB QUATTRO
2020年5月4日(月・祝)UMEDA CLUB QUATTRO
2020年5月8日(金)SHIBUYA CLUB QUATTRO ※高橋みお生誕イベント
2020年5月24日(日)新宿BLAZE ※藤宮もな生誕イベント
2020年6月14日(日)タイ・バンコク
2020年8月12日(水)Zepp DiverCity Tokyo(東京) ※ツアーファイナル

※コロナウイルスの影響により、日程の変更や延期の可能性がございます。
正確な情報につきましては、公式サイトをご覧いただけるよう、何卒ご了承下さいませ。

煌めきアンフォレント


2015年10月31日に三重県全域を盛り上げるためデビューした7人組アイドル。2020年2月26日より、日本コロムビアよりメジャーデビュー。
宇宙と煌めきをコンセプトに、全国を拠点に広げて精力的に活動中!
地上波冠番組「三重レ☆キラフォレ」が三重テレビにて毎週木曜日17:35〜絶賛放送中。
文化放送超A&G+「A&G ARTIST ZONE THE CATCH」水曜日レギュラー。

HP:http://kirafore.com/
https://columbia.jp/artist-info/kirafore/
Twitter:@kirafore_info

この記事を書いた人

叶岡 怜
「原宿POP」の編集ライター。 柄もの・装飾過多・民族調が好きな個性派亜種ロリータ。 乗り鉄で旅好き。ロリータを広める旅、日々奔走中! Twitter:@raypsyca

新着記事